ジャパンC展望

予想
メンバー的に、速くなりそうな雰囲気はとりあえずない。
となれば、ある程度好位を取れることと、しっかりとした決め手を使えることが
当然のように重要となり、自在性と切れ(&それを支える純粋な持久力)という
部分で、素直に性能の高い馬を選びたいイメージ。

◎ジェンティルドンナ
厳しい展開をかなり積極的に進めて2着した天皇賞は相当に強い内容だったし、
適性的に合っていたとは言えないこの2戦で崩れなかったことで、地力の面での
裏付けをしっかりと示した格好。
そして元々この馬は持久力&切れ…という方向のタイプなので、本来の持ち味を
活かせるここでは当然前進が見込めるはずだし、叩き2走目の上積みも合わせて
考えれば、どうやっても高い評価にはなる。期待していいはず。

○ゴールドシップ
持久力&持続力では断然上…という存在だが、ここでは当然切れの問題がある。
単純にそれを考えると適性外のようではあるのだが、共同通信杯の時のような
イメージで積極策を取れれば、持ち味が活きて、むしろ嵌る可能性も十分ある。
結局は前走、前半から押して行って失敗したことで、今回鞍上がどう乗るか?
…という点に尽きる。
京都外回りで押して、東京で下げる…という裏目にさえならなければ。

▲ルルーシュ
小回りなどで道中無駄に脚を使う形ではダメで、変な緩急のつかない広いコース
においての、純粋な持久力&(一応の)決め手勝負でこそという馬。 
前走でも、積極的に進めた馬には厳しい(自身それ程得意とは思えない)展開を
良く粘っているし、距離差以上に適性の差が表れる2500m⇔2400mではあるが、
ここでも嵌って良さそうな雰囲気。
脆さのある馬をG1で推すのは当然リスクがあるが、ここは注目してみたい。

注エイシンフラッシュ
タイプ的にこの舞台ではスローなら…という扱いで、それを考えればやはリ好走
する可能性は十分にある。
ただし昨年程度の流れでも道中脚を削られて(使い過ぎて)結果的に決め手負け
した訳なので、少なくとも勝ち切るには超スローなら…という条件がつきそう。
さすがに展開面でそこまでの想定はしづらいので、今年の薄いメンバー構成でも
結局は上位の一角というところまで。

△デニムアンドルビー
秋華賞と比べてオークスの内容は、400m長く道中を走っているにも関わらず、
ほとんど変わらないパフォーマンスを示していて、その点が純粋な持久力の面の
優秀さを証明している。
適性的にも、近2走の持続力が必要な舞台より、しっかりと切れが問われるこの
舞台の方が合うし、軽斤量を活かして浮上する可能性もなくはなさそう。
行き脚がつかない問題も、手替わりで少し違った面が見られれば。

☆ヴィルシーナ
前走は、とりあえずは切れ負けと考えていいはずだが、馬体がマイラーのように
重量感タップリに見えた…というのはあって、状態面が微妙だった雰囲気。
その点、今回はスッキリして見えるし、一応は巻き返す方向でいいのだろうが、
単純に"切れ"という部分では不安がある馬。展開的にどうなのか…。

☆アドマイヤラクティ
前走は、道中はある程度追い掛けている内容なので、持久力という点では高い
ものを示した格好だが、展開的に前半ゆったり入って、後半がジワジワ脚を使う
形になったことで、適性的に向いた部分もあるはず。
しっかり切れが必要なここでそこまで主張できるとは思えない。やや静観。

☆ヒットザターゲット
京都大賞典や目黒記念の内容を考えると、ここもある程度は浮上出来るくらいの
地力は備えているはずだが、基本的には"持続力"という方向の馬だけに、結局の
ところは、勝ち負けに近いところまで迫れるとは思えない。
そこそこの着にいる候補としては、今後のために注目はしたい。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ジャパンカップ データ消去法から残る4頭
  • Excerpt: [AD]週平均40万円を叩き出す完全無料競馬情報! [ジャパンカップデータまとめ]◎1番人気(3-3-3-1)◎単勝オッズ2.9倍以内(2-2-3-0)△10番人気以下(0-0-1-76)△単勝50..
  • Weblog: 高確!データ競馬
  • Tracked: 2013-11-23 09:56