エリザベス女王杯展望

予想
スマートレイアーはもちろんだが、個人的に注目していたシャトーブランシュや
ピクシープリンセスの名前がない…というのはとても残念。
それらの馬の不在によって、予想としても特に捻りようもなくなるのだが、後は
天気が崩れそうな予報になっているので、その点がどうか…というくらい。

展開としてはエディン&セキショウが引っ張りそうだが、前者の単独マイペース
…とかにでもならない限りは、ミドルペースくらいでは流れそう。
したがって、長くてそれなりの水準の道中を進めても上がりをしっかりとまとめ
られて、尚且つ早仕掛けからでも最後まで止まらない…という持久力&持続力に
優れたタイプを素直に狙いたいイメージ。

◎メイショウマンボ
秋華賞を見ても、勝負所でしっかり加速する…というタイプではないし、持続力
(…というより惰性力)を発揮する形でこその馬で、下り坂の後押しがあるこの
舞台では、適性的にもう1つ前進する可能性があっても良さそう。
持久力に関してもオークスの内容から当然問題ないし、やはりここは普通に浮上
する方向で考えたいところ。
あとは極端なスローとか、事故的な展開にさえならなければ。

○ヴィルシーナ
昨年もここではしっかり勝ち負けを演じて、持久力に関しては当然問題ないし、
ジワジワ伸びるタイプ的にもこの舞台はやはり合っている印象。
前走に関しては、(自身はある程度我慢した訳だが)極端過ぎる早仕掛けに結局
巻き込まれた…というだけで、ほとんど度外視できる内容だったし、そこからの
上積みも今回は十分に見込めるはず。
展開的にも前2頭をじっくり…というポジションなので、競馬はしやすそう。

▲マルセリーナ
秋華賞以降はマイルまでの路線を進んだため、意外にもここは初出走となるが、
元々はしっかりと引っ張られて→持久力が問われる展開でこそ浮上する…という
タイプだったし、メイS&マーメイドSのパフォーマンスを考えると、イメージ
的には結構嵌りそうな雰囲気がある。
鞍上のデムーロJがこの秋いまだに勝ちがなく、本調子でなさそうなのは気には
なるが、勝ち切る予想でもないし、そこには目を瞑って推してみたい。

注レインボーダリア
昨年ここを勝ち切り、それ以降は全く結果が伴っていないが、スピードや切れに
寄った展開など、適性的には度外視できるような敗戦ばかり。
内容的に唯一物足りなく感じる函館記念に関しても、実質的にはトップハンデ
(トウケイヘイローとはタイ)…という扱いで、それで6着なら十分と思える。
そう考えると、今回持久力がしっかり反映される舞台に戻って、1年分まとめて
巻き返す可能性はあっていいはず。馬場悪化ならば尚更。

△オールザットジャズ
元々持久力を活かしたいタイプで、この舞台に合っている印象があり、一昨年は
極端な後方待機から浮上出来なかったが、昨年はかなり積極的な競馬から5着に
残って、強い内容を示した。
その2回のパフォーマンスを考えると、普通に中団くらいからなら…と思えるの
だが、今回のバルザローナJは、外国人Jの割りに結構控える印象があるので、
(評価は結局5番手としたが)上手く嵌って前進する可能性もありそう。

△デニムアンドルビー
フラットな展開で、レースを通してのスピード持続力が問われる秋華賞と比較
すれば、もう少し純粋な持久力が問われるこの舞台の方が合っている。
当然今回前進する可能性もある訳だが、問題はやはり後方からになった場合。
鞍上の内田Jに関しては、今年はどうしても攻め過ぎる騎乗が目立っていて、
後ろから追い上げる形になると、下り坂から全力…という内容から、最後まで
脚が続かない…という事態にもなりかねない。正直強くは推せない。

☆ハナズゴール
オールカマーでは、かなり締まった展開を追い掛けて、4角~直線半ばでは鋭い
脚を発揮、平坦なコースなら…と思わせるような内容だった。
基本的に直線でしっかり切れたいタイプではあるが、その時のパフォーマンスを
考えると、地力の面ではここの水準に対応できる可能性は十分あり、それなりの
着にいてもおかしくない…という気はする。

☆アロマティコ
佐渡Sで見せた推進力抜群の脚はもちろん魅力だが、経歴から勝ち負けしている
レースは、ミドルペースから上がりでしっかりと脚を使うような展開が多い。
逆に前半or道中の厳しい展開では、浮上してきても最後どうしてもフワッとする
(伸び切らない)印象で、それを考えるとここのイメージとは少し違うのかも。
前半しっかり受け流せば問題ないが、それだと恐らくは届かない…。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック