アルゼンチン共和国杯展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 6.8-11.2-11.0-12.1-12.3-12.3-12.9-12.6-12.1-12.1-11.5-11.2-11.8
2011 7.3-11.1-11.7-12.2-12.6-12.6-12.5-11.9-11.9-12.0-11.5-11.7-12.5
2010 7.0-11.1-10.8-12.2-12.2-12.1-12.2-12.3-12.1-12.2-11.8-11.6-12.4
2009 7.3-11.4-12.1-12.5-12.5-12.3-12.1-11.7-12.0-12.3-11.0-11.8-11.9
2008 7.3-11.3-11.4-11.9-12.2-12.0-12.1-12.3-12.2-12.0-11.6-12.3-12.2
2007 7.3-11.2-11.3-11.6-12.4-12.1-12.3-12.7-12.6-12.2-11.5-11.4-12.3
2006 7.1-10.7-10.7-12.1-12.0-12.3-12.5-12.9-12.4-12.6-11.8-11.8-12.1
2005 7.2-11.4-11.7-12.8-12.5-12.3-12.5-12.5-12.2-11.9-11.7-11.4-12.3
2004 7.7-11.5-12.0-12.3-13.4-13.2-12.8-12.6-12.0-12.0-11.3-11.3-11.7
2003 7.4-11.4-11.7-12.5-12.4-12.5-12.1-12.5-12.1-12.0-11.4-11.7-12.2

過去10年の平均ラップタイム
7.24-11.23-11.44-12.22-12.45-12.37-12.40-12.40-12.16-12.13-11.51-11.62-12.14
2.31.31

アルゼンチン共和国杯平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
過去の平均ラップタイムを見ると、スタート直後はミドルペースくらいで入り、
道中はこの距離だけに一応は落ち着くものの極端には緩まない展開で、3~4
コーナーで徐々にペースが上がりつつ、ラスト3Fで一気に加速して、直線は
右肩下がりの形になっている。

ここの特徴は、まずは道中の水準がある程度高いということで、追走で無駄な
脚を使わずにしっかりした決め手を発揮するためにも、やはり一定以上の持久力
(有酸素運動能力)がなければ好走は難しいと言えそう。

またこのコースなので、勝負所での加速について行けることももちろん重要には
なるのだが、終いの部分が少し落ちる形をしていることもあって、長い直線を
踏ん張り通す持続力(地脚の強さ)を持っていることも重要になる。

したがってこのレースでは、(ハンデ戦ではあるが)厳しい展開によって地力で
劣る馬は振るい落とされて、しっかりと実力が反映される…と考えておきたい。


好走の条件
・一定の持久力を備えていること
・勝負所での切れ&末脚の持続力が必要


予想

◎メイショウナルト
5戦連続での連対の中で様々な展開をこなして、持久力&持続力は十分に示して
きた訳だし、上がりの部分でも一応しっかりとした脚を使える馬。
展開に対する自在性もあり、それを判断できる鞍上が跨っていて、背負う斤量も
手頃だし、今回の条件での不安点は特に見当たらない。
当然人気にはなっているが、ここは素直に期待しておきたい。

○ニューダイナスティ
前走の仕掛けは、この馬の特徴を活かそうとした和田Jの好判断だったのだが、
結果的には、ゴールドシップを潰すレベルに厳しい展開を演出した格好になり、
最後失速したのは当然。負けに関しては度外視できる。
裏付け的に、烏丸Sで示した持久力を考えればここで足りてもいいと思えるし、
前走の内容を受けての蛯名Jへの乗り替わりで、多少控える選択が出来れば。

▲ムスカテール
それほど緩急のつかない一定水準の道中→直線勝負でこそ…という経歴の馬で、
とにかく真っ直ぐに力を使いさえすればしっかりと伸び切れるタイプ。
当然結果を出し続けているこの舞台では有力な存在になるし、適性が合わず浮上
しきれなかった前走からの巻き返しが期待できる場面。
普通に上位には浮上しそう。

注ルルーシュ
道中で余分な筋力を使うような舞台では全くダメで、一定の道中→決め手という
展開での、純粋な持久力と上がり性能の勝負でこそ。
この馬に関しては、正直納得できない部分もあるのだが、とにかくこの舞台では
格を上げる…というのだから無視はできないし、今回は外枠発走だった目黒記念
からパフォーマンスを上げてくる可能性もある。良くも悪くも注目はしたい。

☆コスモロビン
前走は休み明けでの特殊馬場、言うまでもなく度外視できる。
同舞台の目黒記念3着の内容は当然ここに対しての大きな裏付けになるし、1度
叩いての上積みがあれば、ここで浮上する可能性も一応あっていいはず。
忘れられたくらいの人気なら、とりあえず注目はしてみたい。

☆ホッコーブレーヴ
ある程度高い水準で道中を進めつつ、しっかりと上がりをまとめる内容も示して
いるし、ここの展開に引っ張られても浮上する可能性は十分ありそう。
ただし上位と比べると、前半~道中でのパフォーマンスがさすがに見劣るので、
結局は掲示板あたりまで…という印象。

☆エックスマーク
この舞台に対してのピッタリな裏付け…というのはないのだが、常に一定水準の
上がりを示しているし、厳しい展開でも崩れないところも見せている。
パフォーマンス更新は当然必要にはなるが、ここのスタミナ色の濃い条件で嵌る
可能性はあってよさそう。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック