函館スプリントS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 12.1-10.8-11.4-11.9-11.4-11.8 34.3-35.1
2011 11.8-10.4-10.9-11.5-11.4-12.0 33.1-34.9
2010 12.0-10.2-10.9-11.6-11.4-12.1 33.1-35.1
2009 12.1-10.5-11.2-11.5-11.4-11.8 33.8-34.7 注:札幌開催
2008 11.7-10.2-10.9-11.7-11.9-12.0 32.8-35.6
2007 12.0-10.4-11.4-11.7-11.2-12.2 33.8-35.1
2006 12.2-10.7-11.2-11.6-11.8-11.6 34.1-35.0
2005 12.2-10.4-11.0-11.5-11.6-12.3 33.6-35.4
2004 11.8-10.6-11.3-11.8-11.5-12.4 33.7-35.7
2003 11.8-10.5-11.2-11.6-11.7-12.5 33.5-35.8

過去10年の平均ラップタイム(2009年は除く)
11.96-10.47-11.13-11.66-11.54-12.10
1.08.86 33.56-35.30

函館スプリントS平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、勝負所では減速に耐える
場面はあるものの、非常に前傾度の高い展開になっている。

ここの特徴はやはり前半の速さで、コース形状的には前半が上り坂になっている
にも関わらず、直線の短さが意識されるからか、どうしてもペースが上がって、
実質的にかなり厳しい流れになっている。

この展開なので、脚質的にはまずは差し馬の浮上を考えたくなるのだが、過去の
結果を見ると、内容的に前傾のパフォーマンスで好位から押し切る形での勝利が
目立っている。

つまりここでは、ハイペースをしっかり追走できて、終いをしっかり耐え切る
というような、持久力に優れたタイプが中心になると見ておきたい。


好走する条件
・持久力があること


予想

◎テイエムオオタカ
元々この舞台で超ハイペースを粘った経験があり、地力面でも適性面でも普通に
推せる馬だし、前走などは展開的に逆境の立場ながらそれ程悪い内容でもなく、
状態面もとりあえず問題はなさそう。
相手は確かに強いが、実力的にこの斤量ほどの差はないはずだし、当然凌ぎ切る
可能性は考えてみたい。

○ドリームバレンチノ
昨年はペースの遅い展開で、持続力を発揮して勝ち切った格好だが、その後の
スプリンターズSでハイペースへの対応もしっかり示しているし、当然ここでは
地力で上…という扱いにはなる。
それでも(この馬以外の)メンバーで唯一地力で威張れるテイエムオオタカに
対して、斤量59kgというのは背負い過ぎ…感は否めない。

▲ハノハノ
前走は完全な上がり勝負で切れ負けしたが、前々走ではハイペース戦をしっかり
勝ち切っていて、内容的にも、ここに十分つながりそうなものを示している。
上の2頭に対してはさすがに格でしっかり劣るイメージだが、ある程度粘り込む
可能性はあって良さそう。注目しておきたい。

注スギノエンデバー
ここしばらくはしっかりと引っ張られる展開がなかったが、北九州記念のように
超のつくハイペースを浮上できる地力は備えているし、適性的に一応その方面の
ここでは可能性を考えてみたいところ。
勝ち切るまではともかく、上位に食い込む…くらいは普通にありそう。

△パドトロワ
元々高い地力を示していた馬だし、ここは単純に状態だけ。
そこで前走を考えると、久々の状態で、展開的にも前には厳し過ぎ…という形
だったので一応度外視可能で、今回の馬体的にも、とりあえず悪くは見えない。
叩き2走目の上積み込みで、残る可能性は考えておきたい。

△シュプリームギフト
どちらかと言えば持続力…という方向のタイプだが、札幌日刊スポーツ杯などで
ハイペース戦を粘った経験もあるし、ここでもある程度上位に残る可能性は一応
あって良さそう。注目はしておきたい。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック