鳴尾記念展望

過去のラップタイムは以下の通り。

2012 12.7-11.3-13.0-12.8-12.5-12.5-11.9-11.2-10.6-11.6

2012年ラップvs大阪杯平均ラップ
鳴尾記念12ラップタイム


傾向
条件が変更されてからまだ1回の開催で、その昨年は超スローからの決め手勝負
…という形になった。
さすがにこれがこのレースの基本…という事にはならないだろうし、とりあえず
今回も大阪杯のラップを参考にしておきたい。

ということで昨年のような展開ではなく、全体的にもう少しフラットな展開を
まずは想定し、当然適性としては持続力重視で考えたいところ。
もちろんレース自体の格が違うため、大阪杯の水準まではいかないだろうから、
数値よりもイメージを合わせる…という雰囲気で選びたい。


好走の条件
・持続力があること


予想

◎パッションダンス
この舞台では再度山特別でかなりの持続力を発揮しているし、近走の小倉大賞典
~新潟大賞典でも一定の地力をしっかりと示している。
脚質的にも開幕馬場のここは恵まれる立場になるだろうし、とりあえず軸として
考えるならば、ある程度の信頼は出来そう。期待しておきたい。

○トランスワープ
(体重が減っていたのもあるだろうが)前走の負けを、超大型でも意外と細かい
脚の使い方をする…という点で、長い道中で少し負担が掛かった…と解釈すれば
内回り・距離短縮のここで巻き返す可能性はあっていいはず。
個人的になかなか特徴を掴み切れない馬だが、そろそろイメージが合うなら。

▲ダノンバラード
"持続力"という方向ならば、とりあえずはこの馬を考えたい。
この2戦、中山内回りには結局対応しきれない…という結果になったが、それを
度外視すれば、舞台が替わって巻き返す可能性は当然あるはず。
あとは馬場次第で、間に合うかどうか…という問題。

注スマートギア
昨年の鳴尾記念、今年の大阪杯と、上がり33秒台の展開で浮上出来ていないが、
本来は周って来るだけで自然と負荷の掛かるこの舞台には合っているタイプ。
近走は結果こそ伴っていないが、一定の上がりは常に示しているし、条件が好転
しての巻き返しがここであっても良さそう。注目したい。

△ダイワファルコン
地力はある程度高く、大物っぽいのにあと1つ大物になりきれない…というこの
馬にとっては、この舞台のスケールは少し大き過ぎるような気もする。
開幕馬場…という部分で、脚質的に恵まれる可能性もあるタイミングなので、
その点で何とか残れれば…というイメージ。

△エアソミュール
前走は直線までにかなり脚を使う格好になり、本来はとりあえず、その時の3着
からの前進に期待したい場面。
ただし金鯱賞の内容から、負荷の掛かるこの舞台では地力でどこまで…という
部分も正直ある。半信半疑で結局推せない。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック