目黒記念展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2012 7.2-11.1-11.1-12.0-12.0-12.1-12.7-13.2-12.6-11.8-11.1-11.6-12.1
2011 7.0-10.9-11.0-12.4-12.7-12.4-12.1-12.3-12.4-12.6-11.4-12.1-13.2
2010 7.2-11.5-11.9-13.0-13.2-13.1-12.8-12.8-12.9-12.4-11.4-10.8-11.8
2009 7.2-11.5-11.2-13.0-13.1-12.8-13.3-13.5-12.5-12.5-12.6-12.5-13.3
2008 7.3-11.4-11.6-12.3-12.1-12.0-12.3-12.4-12.2-12.0-11.5-12.3-12.5
2007 6.9-11.4-11.8-13.0-13.1-12.6-11.6-12.3-11.6-11.7-11.4-11.8-12.2
2006 6.9-11.3-11.5-12.4-12.6-12.1-12.7-12.5-12.4-12.2-11.8-12.0-12.7
2005 7.1-11.3-11.2-12.3-12.6-12.1-12.4-12.3-11.6-11.4-11.4-11.6-12.5
2004 7.1-11.2-11.3-11.4-11.5-11.5-12.2-12.4-12.6-12.9-11.8-12.2-12.4
2003 7.2-10.7-11.6-12.4-12.5-12.5-12.6-13.0-12.3-11.9-11.2-11.0-12.3

過去10年の平均ラップタイム
7.11-11.23-11.42-12.42-12.54-12.32-12.47-12.67-12.31-12.14-11.56-11.79-12.50
2.32.48

目黒記念平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半はミドルペースくらいで流れ、道中は極端に緩む
場面がなく、ある程度締まった展開になり、上がりはロングスパート気味で、
加速後のラスト3Fは右肩下がりの形になっている。

ここの特徴は、とにかくこの距離としては道中の水準が高いということで、
何よりもまずは持久力が重視されて、それによって地力の低い馬が振るい
落とされ、ハンデ戦にも関わらず実績馬の好走が目立つ結果になっている。

上がりの部分に関しては、東京らしく勝負所で一気に加速するというよりも、
徐々に加速して行く形から、終いが少し掛かるような展開になるため、切れ
というよりも、末脚の持続力を持っていることの方が重要になる。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎アドマイヤラクティ
相当厳しい展開の天皇賞を多少の不利がありつつも浮上してきた…というだけで
持久力の裏付けとしては十分。
今回、斤量は当然背負う立場になるが、脚の使い方的にも問題なく、普通に勝ち
負けはしてきそう。オッズも甘過ぎに感じる。

○カフナ
前走は、前半しっかり受け流した格好だが、道中は相当高い水準で進めていて、
十分な持久力を示した内容。
タイプ的にもゆったりとした走りをする馬で、スタミナ色の濃いこの舞台には
合いそうだし、今回も普通に浮上はしてきそう。期待しておきたい。

▲クリールカイザー
前走は、高い水準で道中を進めながら、直線もしっかり浮上して、最後の部分も
伸び切って良く詰めた内容。
パフォーマンス的には、カフナとほとんど変わらないレベルを示していて、今回
斤量的に不利になる訳でもない。それを考えるとオッズ的な妙味も十分。

注コスモロビン
前走は水準自体はそこまで高くなかったが、かなり間隔が空いた状態ながら勝ち
切ったことは評価できるし、状態面の問題がないのであれば、昨年3着した時の
内容がそのまま十分な裏付けとなる。
叩き2走目の上積み込みで、ここは注目しておきたい。

△デスペラード
前走は、道中で極端に脚を使う内容で、直線までまともな脚が残らなかったが、
それでも一応最後はこの馬なりの浮上はしていて、一定の持久力は認められる。
タイプ的にも、もう少し決め手を発揮したい馬なので、東京に替わって巻き返す
可能性はあってもいい。乗り替わりで多少高めの位置取り…とかなら。

☆ルルーシュ
自身の性能を活かせる展開だったアルゼンチン共和国杯の時と比べると、ここは
もう少し持久力に寄った展開になりそう。
東京に替わっての前進があるにしろ、前走のようにアッサリと崩れるタイプを
ここで強く推す気にはならない…。静観。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック