朝日杯フューチュリティS

朝日杯フューチュリティS結果

1.ドリームジャーニー 1:34.4(上り3F:34.0)
2.ローレルゲレイロ 1:34.5(35.4)
3.オースミダイドウ 1:34.6(35.7)
4.フライングアップル 1:34.7(35.3)
5.マイネルレーニア 1:34.8(35.6)
6.マイネルシーガル 1:34.8(35.2)
7.アロマンシェス 1:35.0(34.6)

  天候:晴 芝:良
  上り4F:47.6 3F:35.5
  12.6-11.0-11.3-11.9-12.1-12.2-11.1-12.2

直線最後方からドリームジャーニーが一気に差し切って優勝。
上りタイムを見ると34秒台で走っているのは勝ち馬とアロマンシェスの2頭でいづれも道中最後方から進めた馬。 このことから他の馬は道中でかなり脚を使ってしまうような展開だったことがわかる。
しかしラップタイムを見る限り前半に速く流れる場面もあったが3~4コーナーにおいてはある程度脚を溜められたはず。 それは道中前の方に位置していた馬が善戦していることからもわかる。
にも関わらず上記2頭以外で上がりが34秒台で走った馬がいなくて直線ではどの馬も脚が止まってしまったような印象が残った。
ドリームジャーニーが416Kgで優勝したことは立派だがレース自体のレベルが低かった感じを受ける。
この中から来年クラシックで主役となる馬がいるとは思えない。

ドリームジャーニー…何と言っても416Kgで優勝は驚いた。この後は少しでも太くなるともっと強い馬になるのかも知れない。成長次第。
ローレルゲレイロ…直線に入ったところで前のオースミダイドウを交わすとそのまま2着に粘りこんだ。前走から+14Kgでほぼ成長分。この時期は本当に成長が早い。
オースミダイドウ…前半1F過ぎから先頭に立ち直線も良く粘ったが今回の走りでは突き抜けるイメージは全くなかった。過剰人気だったと思う。
マイネルレーニア…レースをもっと前で進めて欲しかった。前に行かなかったのか行けなかったのか分からないが、前から粘り込む展開にしなければこの馬に勝ち目はない。



ブログランキング.gif


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック