開催中の競馬場のコース特徴:  中山競馬場  阪神競馬場  小倉競馬場

 義援金受付ページ:  ジャパンネット銀行(熊本)  ジャパンネット銀行(東北)

2006年06月21日




阪神競馬場:コース特徴

  阪神競馬場のコースの特徴は?
芝:1200m ◆とにかくスピードがある馬。
先行有利。
◆末脚を持続する持久力が必要。

1200mという距離ではあるが、ラップ的には最後の1Fがそれ程落ちない。 したがって末脚を長く持続することができなければ、最後に交わされる可能性が高い。
同じ1200mとしては中京や新潟と傾向が似ている。
芝:1400m(内) ◆先行力必要。枠は関係ない。
◆とにかく持続力必要。

レース全体を通して淀みなく流れる傾向がある。 したがって長い脚を持続できるような馬でなければ厳しい。
特に切れるタイプの馬は末脚不発に終わる可能性があるので気をつけたい。
芝:1400m(外) ◆先行、差し。
◆最初のコーナーまでが短く、逃げ、外枠は厳しいか。
芝:1600m(外) ◆スローに流れることが多いので、先行馬に注意。
◆相当な切れ味が問われる。
◆ある程度の持続力。

長い直線を意識してか前半からゆったりとした流れになり、 究極的な切れ味勝負となる。 また最後までラップがほとんど落ちないので末脚を長く持続できることも重要となる。
基本的には上記のような流れとなるが、 最近のレースは前半から淀みなく流れることも意外と多く、 切れよりも持続力の方が必要とされるレースもしばしば見られる。 騎手がこのコースの特性を把握してきて、 傾向が少しずつ変わってきている可能性もある。
芝:1800m(外) ◆枠は関係なさそう。
◆やや差し有利。
◆究極の切れ味勝負。

同じ外回りでも1600mよりも距離が長い分、より前半を抑えた流れになりやすく、 相当な切れ味が必要となる。
京都1800mなどで好走できるような切れと持久力を持ち合せているタイプでは 切れ負けする可能性があるので注意が必要。
芝:2000m(内) 先行有利。
◆かなりの持久力が必要。
◆ある程度の切れ味。

2000mという距離でありながら道中それほど緩むことがない。 したがってどの馬も道中である程度脚を使わされることになり、 極端な切れ味を発揮できなくなる。
そうなると4角である程度前に位置していることが勝利への条件となる。 よって差し馬は3〜4コーナーにかけて押し上げる必要があり、 持久力がない馬はここで力を使ってしまい、直線まで余力を残せない。 これが先行馬の方が有利となる理由である。
また4コーナーではある程度加速するので、全く切れがない馬では厳しくなる。
芝:2200m(内) 差し、先行の順。
◆切れ味と持久力をバランス良く持っていること。
単なる切れ味自慢では厳しい。

レースは淀みなく流れる傾向にあり、勝負所ではある程度加速するものの、 かなりの持久力が問われるコース。
最後はどこまで粘れるか(自分との戦いに勝てるか)という底力が問われる タフなレースになりやすい。
それ故に一瞬の切れ味で勝負するような馬は、見せ場は作れても最後まで持たないか、 道中の追走で脚を使ってしまい不発に終わる可能性が高い。
芝:2400m(外) ◆差し馬有利。
◆かなりの切れが問われる。
◆末脚の持続力必要。

この距離で外回りなので、当然のように前半は抑えられた流れとなる。 そして勝負所では相当に加速するので、かなりの切れ味が必要となる。
また最後までラップがなかなか落ちないので、スピードを持続できるような 持久力も持ち合せていないと最後までもたなくなる。
芝:2600m(外) ◆かなりの切れ味が問われるはず。
芝:3000m(内) ◆阪神大賞典専用。
◆先行、差しの順。実力通り。
◆切れ味問われる。

阪神大賞典専用コースなので傾向という傾向をいうことはできないが、 例年勝ちタイムが遅い。これは中盤がかなり緩むためで、結果かなりの切れ味が 問われることになる。 それでも3000mという距離を走ってからなので、もともと実力がなければ 勝負所で切れ味を発揮することなどできないだろう。
芝:3200m
(外→内)
◆おそらく持久力が必要。

ラストが内回りなので3000mよりかは持久力が必要となるだろう。
ダ:1200m ◆逃げ、先行。外枠
◆持久力は当然必要。
◆スピードを持続できること。

ダートのスプリントということで持久力は当然問われる。 1つ違うのが他のダ1200m程にはラストのラップが落ちないことである。 したがって行くだけ行って粘るというよりは、最後まで ある程度スピードを維持できることが必要となる。
ダ:1400m ◆先行有利。
◆持久力があり、脚を持続できる馬。

ダート1400mらしくレースは淀みない流れとなる。 したがってスピードの持続力が問われる。 それと同時に前半がかなり速くなるので、 持久力も持ち合せていないと最後は厳しくなる。
ダ:1800m ◆先行、差しの順。
◆かなりの切れが必要。

ダートとしてはかなりの切れ味が問われる。
したがって持久力だけで粘ろうとするタイプの馬では 勝負所で置いていかれることになる。
東京、京都、新潟、中京と相性がいい。
中山や他のローカルで好走しているような馬には注意。
ダ:2000m ◆先行有利。
◆切れが必要。

基本的には1800mと傾向は似ている。
ただ距離が1F長くなっている分、後ろから行く馬が道中で脚を使ってしまい、 切れ味を発揮できなくなる可能性がある。 したがって先行馬の方がやや優勢となる。
ダ:2600m ◆スピードを維持する持久力必要。





 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ









トップページへ

posted by 山宗 at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
注:「必須入力」の箇所が空白だとエラーとなります

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26284009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック