オーシャンS展望

過去のラップタイムは以下の通り。

2011 12.0-10.6-11.0-11.5-11.2-11.5 33.6-34.2
2010 11.9-10.4-11.1-11.4-12.1-12.9 33.4-36.4
2009 11.8-10.6-11.0-11.4-11.7-12.7 33.4-35.8
2008 12.0-11.0-11.1-11.4-11.2-12.2 34.1-34.8
2007 11.8-10.5-11.2-11.6-11.3-11.8 33.5-34.7
2006 12.1-10.4-10.8-11.3-11.3-12.7 33.5-35.9

過去6年の平均ラップタイム
11.93-10.58-11.03-11.43-11.47-12.30
1.08.75 33.58-35.30

オーシャンS平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、2F目以降は基本的には徐々に
減速していく展開で、ラスト1Fはガタっと落ちる形になっている。

このレースの特徴は(このコースらしく)やはり前半部分の速さで、基本的には
ハイペースからの持久力勝負が想定できる。

そうなれば当然、厳しい展開を浮上した、もしくは粘り込んだ経験を持っている
タイプが中心になることは間違いなくて、例えば京都などの、ある程度上がりの
速い舞台で(のみ)実績を示しているタイプの扱いには注意したい感覚。


好走する条件
・持久力があること


予想

◎カレンチャン
とにかくキーンランドC&スプリンターズSの内容は強くて、ペース云々とかは
この馬には関係ない。
単純にここは状態だけ…という印象だが、休み明けの分を差し引いても、頭1つ
抜けているのでは。

○エーシンヴァーゴウ
前走はあまりにも負け過ぎではあるが、北九州記念&スプリンターズSの厳しい
展開でも崩れない地力は、この舞台では当然活きてくるはず。
1度叩いたことで、しっかり状態を取り戻していれば、ここで巻き返す可能性は
十分に考えられる。

▲ジョーカプチーノ
単純に過去のパフォーマンスだけ見れば、ハイペース持久力勝負でも十分出来る
裏付けはあるが、結局自分のペースで行けなければ脆くなる。
したがってここは、エーシンダックマンとのダッシュ力勝負というイメージで、
内枠を活かし、しっかりハナに立てれば普通に残る…という扱い。

注エーシンダックマン
ハイペースからの粘りというのも一応しっかり見せているが、この馬の場合は、
ある程度上がりの脚も残せるくらいのペースor舞台or条件の方が、やはり結果を
残せそうな雰囲気。
ジョーカプチーノとの兼ね合い次第ではあるが、ここでは強くは推しづらい。

△ワンカラット
厳しい展開を浮上するだけの地力はあるとは思うが、基本は持続力を活かしたい
タイプなので、ここの前半のペースだと忙し過ぎる印象ではある。
とりあえずここでは、遅れて浮上してくる…くらいの扱いをしておきたい。

△ダッシャーゴーゴー
昨年は前後半差が0.6秒しかない展開で勝ち切ったが、やはりこの馬は持続力を
活かしたいというタイプで、ここのハイペースは本質的に合わない印象。
スプリンターズSに関しても、不利はあったが、そもそも勝負所でしっかり浮上
出来ていれば、そうはならなかったはず。

△ダイワナイト
市川Sではまずまずの内容を示していて、ここの展開自体はこなせる可能性も
あると思うが、このメンバー相手には地力があと1つ足りない…という印象。
そこそこくらいの着なら。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック