阪急杯展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.0-10.2-11.0-11.6-11.7-11.5-12.1 33.2-35.3
2010 12.3-11.2-11.5-11.2-11.3-11.5-12.4 35.0-35.2
2009 12.2-10.6-11.3-11.6-11.7-11.6-12.1 34.1-35.4
2008 12.4-11.1-11.2-11.4-11.2-11.4-12.0 34.7-34.6
2007 12.2-10.8-11.3-11.4-11.3-11.2-12.3 34.3-34.8

過去5年の平均ラップタイム
12.22-10.78-11.26-11.44-11.44-11.44-12.18
1.20.76 34.26-35.06

阪急杯平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
過去のラップタイムを見ると、前半はミドル~ハイペースの間で多少バラつきが
見られるが、道中は綺麗に11秒台が並ぶフラットな展開になり、ラスト1Fだけ
キッチリ落ちるという形。

道中淀みなく流れて、開幕週で終いまでスピードが落ちづらいことを考えたら、
やはりここでは持続力を備えていることが大前提。
それを基本として、前半のペース次第で持久力という要素をプラスするという
見方をしておきたいところ。

一方で高松宮記念へのつながりを意識すると、やはりハイペース耐性を備えて
いることを確認したい場面なので、とにかく厳しい展開になった場合には特に
注目したい…という感覚。


好走する条件
・スピード持続力(&持久力)があること


予想

◎ガルボ
昨年の阪急杯ではハイペースを好位からしっかり残る強い内容を示しているし、
阪神Cはのんびり構え過ぎて進路をなくし、直線でまともに追えなかった内容
だったので、下げる要素は全くない。
前走マイル重賞を勝ち切ってはいるが、パフォーマンスとしては1400mの方が
やはり高く感じるし、ここは素直に期待しておきたいところ。

○サンカルロ
この馬に関しても、例え大外枠だとしても、この舞台で下げる要素は全くなく、
今年は何となくメンバーも薄く感じるし、やはり確実な浮上が見込めそう。
単純に今回は相手の方に期待してみたい…というだけ。

▲スプリングサンダー
持続力はしっかり示している馬で、単純に昨年の阪神牝馬Sの内容を考えれば、
裏付けとしてはここでも普通に上位の扱いになる。
素直に浮上してくる場面を想像しておきたい。

注トウカイミステリー
昨年は超ハイペースを自身は前後半イーブンの内容で差して重賞まで制したが、
後半に偏った脚の使い方も一応出来ている馬だし、1400mでも、締まった展開で
あれば対応できても良さそう。可能性としては考慮しておきたいところ。

△オセアニアボス
一定の持続力は示していて、このメンバーの中では"格の番人"的な立場になり
そうだが、自身に関しては、勝ち負け近くにいるためにはどうしてもあと1つ
足りない印象が否めない。そこそこの着にいる…という扱い。

△マジンプロスパー
ここの水準に対する裏付けには全く乏しいのだが、マイル以外では末を鈍らせた
…ということも今のところないので、経験はないものの、対応してくる可能性は
一応あっても良さそう。
とりあえずここは、一流に対する"試金石"的な見方をしておきたい。

☆マルカフェニックス
裏付けで言えば普通に最上位争いの馬ではあるが、とりあえずは状態…の1点。
復活にはもちろん期待したいが、ここは素直に静観したい。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック