京都金杯展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2011 12.3-11.3-11.8-12.0-11.4-11.2-11.4-12.0
2010 12.0-10.6-11.6-12.2-11.8-12.3-11.3-12.3
2009 12.6-10.7-11.2-11.8-11.6-11.9-11.4-11.7
2008 12.5-11.4-11.4-12.3-11.4-11.3-11.2-12.1
2007 12.3-11.2-11.7-12.2-11.6-11.0-11.6-12.3
2006 12.2-11.1-11.8-12.2-11.8-11.2-11.4-12.3
2005 12.7-10.8-11.5-11.7-11.7-11.6-11.8-12.2
2004 12.2-11.0-11.2-11.6-11.6-11.8-11.5-12.4
2003 12.3-10.5-11.8-12.2-12.1-11.6-11.5-11.7
2002 12.4-11.0-11.7-11.9-11.7-11.6-11.6-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.35-10.96-11.57-12.01-11.67-11.55-11.47-12.09
1.33.67

京都金杯平均ラップタイム


傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペース~やや速い流れ、道中は極端には
緩まないが一旦は息を入れられる展開で、ラスト4Fからある程度速いスピードを
維持しつつ、ラスト1Fだけ少し落ちる形。

このコースらしくスピード持続力の戦い…といったところだが、前半が極端に
速くなるということは稀で、過去の例では好位の馬がそのまま押し切る形が
比較的多くなっている。(もちろん開幕馬場というのも大きいはず)

したがってここでは基本的に持続型の先行馬を軸としつつ(中途半端に前を
追い掛けて無駄脚を使った馬が最後に止まることを想定して)そこに直線まで
溜めて周りとは一味違う決め手を発揮できるタイプが絡むというイメージ。


好走する条件
・スピード持続力があること


予想

◎マイネルラクリマ
前走は直線で進路を迷う形になって結局届かなかったが、最後までしっかり伸び
切っているし、パフォーマンス的にも、道中~上がりでなかなかの持続力を発揮
した内容になっている。
今回は内目の枠を引いたし、好位から進めれば、ここでシルポートが作る展開に
嵌る可能性は十分にありそう。

○サダムパテック
一瞬の切れはないものの、前走でもある程度締まった展開を、好位からしっかり
残っているように、持続力に関しては普通に上の存在。
良いポジションさえ確保できれば当然上位には残るはず。
(単純に今回は、斤量面などで相手の方に期待したいだけ)

▲シルポート
近走はこの馬の良さを活かしきれない内容が続いているが、パフォーマンス自体
落ちているという訳ではなく、当然この舞台では期待していいはず。
今回は(マイル水準で極端に速い訳ではないが)オースミスパークが出走して
いるので、前半競り合って脚を使わなければ…といったところ。
(先に行かして途中からハナに立つ…という形が理想的)

注ダノンシャーク
持続力&決め手をしっかり示している馬ではあるが、どうしても前半でゆったり
するので、直線に入って好位の馬との差が開き過ぎ…という場面もあり得る。
それでも突っ込んでくる可能性はあるが、信用まではしづらい印象。

△ショウリュウムーン
持続力も十分示している馬だが、タイプ的にはもう少し決め手の方に寄った方が
良さは出そうな印象。
ペースが落ち着いて極端な上がり勝負…とかなら可能性もありそうだが、今回は
好位の有力馬がそこまで消極的な競馬をするとは思えない。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック