ファンタジーS回顧

レース総括
■前半速く、後半は一定に近いラップを刻む展開
■スピード持続力(&持久力)が問われた


ファンタジーS結果
アイムユアーズ1.21.3 35.0 09-10
アンチュラス1.21.5 35.4 03-03
ファインチョイス1.21.5 35.2 06-05
サヴァーレ1.21.5 35.3 06-05
ニコールバローズ1.21.6 35.2 09-08
タガノミュルザンヌ1.21.6 34.8 13-13

天候:小雨 芝:良
上り4F:47.2 3F:35.4
前半3F:34.1
12.3-10.6-11.2-11.8-11.8-11.6-12.0

ファンタジーSラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、その後は一定に近いスピードを
維持しつつ、ラストが少し落ちる形。

今回の特徴はやはり前半の速さで、完全に持久力&持続力勝負というレースに
なったが、これだけのスピードが問われたとなると、スプリンターに向いた展開
だったと言えるのかも知れない。

その意味で、前走1400mだった馬の多くがペースへの対応に苦しんだイメージは
あって、函館2歳Sの上位がそのまま好走した…というのも頷ける。

この展開なので、今回の上位陣の地力は当然信頼して良さそうだが、阪神JFに
向けては、適性的に少し偏り過ぎている印象も受けるので、しっかり切れを発揮
できるかどうかは微妙…。その点、他のレースによる裏付けは欲しいイメージ。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アイムユアーズ
レースでは終始好位集団を見るポジションから進めて、直線では最後しっかり
伸び切っての勝利。なかなかの持続力を発揮した格好。
この馬の場合、好位から進めて、スピード&粘りで押し通そうとした他の上位馬
よりもマシだが、それでも阪神マイルでしっかり溜め→切れを発揮できるか?は
現状では結局未知数…。
可能性としては十分あるが、扱いが少し難しい存在…ということにはなりそう。

アンチュラス
好位から進めて最後までしっかり粘り、なかなかの地力を示したという内容で、
前走1400m組でも、この馬はしっかりパフォーマンスを更新してきた格好。
それでもG1に向けては、溜めを効かす…という内容は現状示していないので、
本番で新たな一面を見せる…ということがどうしても必要になる。

ファインチョイス
今回はスタートで立ち遅れて、ポジションを取りに行くために脚を使っていて、
それでも最後しっかり見せ場を作っているのだから、(休み明けということを
考えれば)十分に力は示したと言えそう。
この馬の場合、走法的にも幅はありそうなので、マイルまでこなせる可能性は
あっていいはずだが、1回でも溜めを効かす内容を示していない以上、どこまで
信頼していいかは微妙…。
その意味では今回、出遅れた訳だし、控える競馬を見たかった気はする…。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 11/5日のスピード指数結果
  • Excerpt: 競馬ソフトの無料スピード指数 11月5日の成績結果ファンタジーテークス2011■京都11R◎17番ビウイッチアスは大外で壁を作れず最後は脚が上がって9着惨敗。次走以降で芝1200m ...
  • Weblog: 無料競馬予想ソフトで個人予想
  • Tracked: 2011-11-09 23:58