函館2歳S回顧

レース総括
■ハイペースからの粘り勝負
■スピード&持久力が問われた


函館2歳S結果
ファインチョイス1.10.8 36.4 03-03
アイムユアーズ1.11.0 36.2 09-06
ナイスヘイロー1.11.2 36.5 06-06
コスモメガトロン1.11.3 36.8 03-03
エクスクライム1.11.4 36.7 06-06

天候:晴 芝:良
上り4F:48.2 3F:36.7
前半3F:34.1
12.0-10.6-11.5-12.2-12.1-12.4

函館2歳Sラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半速く、後半はラップ自体はある程度踏み止まる形に
なっているものの、全体としてはかなりの前傾レース。

今回の特徴はやはり前半の速さで、ラストはしっかり粘り勝負になっているため、
このレースらしくスピード&持久力が問われた印象。

この内容ならば、上位の地力はある程度信頼できるはずで、世代の中での位置
付けを考えるにはまだ早いものの、この先も当然注目はしておきたい。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ファインチョイス
ハイペースを好位からすんなり押し切った内容で、新馬戦に引き続き、十分に
地力の高さを示した形。
この馬の場合、スピード自体は示しているものの、単純なスプリンターという
雰囲気でもないので、今後は距離延長でどこまで出来るかに注目したい感覚。

アイムユアーズ
今回はこの馬自身も前半でしっかり脚を使っている内容になっていて、それでも
最後浮上できたことは収穫。素直にパフォーマンスを上げてきたと捉えたい。
タイプ的にはこの馬も、距離延長でもある程度出来そうな雰囲気なので、今後は
やはりその点に注目しておきたい。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック