七夕賞@中山競馬場展望

予想
今年は中山開催となったが、このレースらしい"持続力"を重視するイメージが
変わる訳ではない。
ただし福島ほどに道中で消耗する展開まではさすがにイメージできないので、
勝負所での切れなど、少しだけ上がりの性能という部分をプラスして考えたい
ところではある。

◎タッチミーノット
前走・新潟大賞典では結果はともかく、道中かなり追い掛ける形から最後も良く
伸びているし、大阪杯ではG1級ばかりの上位の中に唯一食い込んで、とにかく
キャプテントゥーレが作る展開を浮上した経験を持っているのは大きい。
その時と比べると斤量面でも非常に有利になっているし、仮にペースが落ち着い
ても全く問題ない馬だけに、ここはどうしても期待したくなる。

○キャプテントゥーレ
元々は溜め→切れでこそというタイプだったが、近走は鞍上も溜める気はあまり
なさそうで、締まった展開orロングスパートに持ち込んでいて、馬自身もそれに
応える形でしっかり地力を示している。
当然今回も道中~上がりの持続勝負を演出しそうで、あとはそれを追い掛けて、
最後まで伸び切れるタイプがどれだけいるか…という問題。

▲サンライズベガ
前走は枠も外目で結局中途半端な競馬に終わったイメージだったが、その前の
2走ではしっかり持続力を示しているし、内枠に入った今回はとりあえず巻き
返しに期待したくなる。
今回人気はしっかり落としたが、この条件なら好走は出来ていいはず。

注シャドウゲイト
中京記念も新潟大賞典も厳しい展開を好位から良く粘ったという形で、なかなか
濃い内容を示していて、当然ここにもつながってきそうな雰囲気。
ただし今回は同型の強力な馬がいるだけに、それを抑え込むというだけでも少し
苦労しそうではある。

△ダンツホウテイ
前走は先行馬には少し厳しい展開の中でも良く粘った内容で、ここは巻き返しに
期待したくなる場面が、タイプ的にもう少し溜め→切れを発揮できる舞台の方が
良さが出そうな印象。展開が落ち着けば。

△マッハヴェロシティ
新潟大賞典の締まった展開で好走して地力を示したが、タイプ的には小回りの
持続戦というのはイメージが少し異なる。
もう1度新潟に戻ってから期待したい感覚。

△コスモファントム
実力はもちろん認められるが、この馬は明らかに溜め→切れを発揮したいタイプ
なので、もしキャプテントゥーレが締まった展開に持ち込んだ場合、それに対応
しきれるかどうか。とりあえずここを叩いてからのイメージ。

△オペラブラーボ
元々ハイレベルな新潟大賞典で3着していたり、地力は十分示している馬だが、
その前の1番人気で迎えた中山金杯では、ロングスパート戦を結局浮上しきれ
なかったように、基本的には持続力よりも切れというタイプ。
ここは静観したい気持ちの方が強い。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック