プロキオンS@京都競馬場展望

予想
今年は阪神→京都へ開催変更となったが、どちらのコースも前半速いペースから
スピードを持続する展開で、最後少し落ちるという基本的な構造は変わらない。
ただし阪神の方が前半が少し速く、最後が(上り坂の影響もあって)落ちやすい
イメージで、逆に京都の方は全体的にフラットな展開になりやすい。
したがって今回は例年のプロキオンSの感覚から言えば、持久力→持続力へ少し
シフトさせて考えたいところで、終いを粘れるというよりも、最後までしっかり
伸び切れるという点を重視したい。

◎ダノンカモン
持続力は十分なものを示しているし、単純に切れという点を考えても元々芝でも
かなり強い相手に対してある程度出来ていた馬だけに、京都という舞台は歓迎。
今回は単純に休み明けという点と、ケイアイガーベラが全開のパフォーマンスを
発揮できるかどうかだけ。

○ナムラタイタン
タイプ的にスピードで差すというよりも地力で浮上するという馬で、その意味で
京都に替わってどうかという気もするが、メンバー的にペースがかなり速くなり
そうなので、前が崩れるくらいなら展開的にはむしろ向く可能性もありそう。

▲ケイアイガーベラ
覚醒前に京都でも十分結果を出してはいるが、鬼のような強さを発揮し始めた
昨年のポラリスS以降、そのパフォーマンスを示しているのは阪神のみ。
阪神⇔東京ほどの違いはないにしろ、ちょっとした脚の使い所の問題で、本当に
京都でもそのレベルまで到達できるかどうか…。
調教は抜群という話だが、完璧に決まっている馬体という訳でもなく、ラスト1F
までしっかり伸び切れるか正直疑問。1倍台の人気で強くは推せない。

注ドスライス
実質時計的な部分で言えば、高瀬川Sの内容が示せれば普通に上位に扱っても
問題ないはずだが、上がりの脚というのが期待できないタイプだけに、ここの
レベルだとそれを上回ってくる馬はやはり存在しそう。
単勝約100倍は非常に魅力的で、絶対的な存在はいても絶対的な確信が持てない
状況なら狙ってもいいのかも知れないが…ここはこっそり注目したい。

△シャア
1400mでは今まで特に高いパフォーマンスを示していないが、マイルとは言え
前走の厳しい展開を好位からしっかり残った内容であれば、距離短縮のここにも
ある程度つながっていいはず。
とりあえず展開的には嵌って良いタイプに思える。

△ワールドワイド
基本的に前後半イーブンに近い形で走るのが最もパフォーマンスを上げられる
というタイプで、今回のメンバーだと引っ張られ過ぎる可能性が高い。
ただしこのタイミングでとにかく脚を溜めるタイプの鞍上に乗り替わったのは
救いかも知れない…。

△アーリーロブスト
つばさ賞のような超ハイペース戦でも結果を出しているが、基本はすばるSの
ような平均ペースからの持続という形が合っているタイプ。
そう考えると、速い馬がしっかり揃っているここでは最後少し甘くなる可能性も
やはりありそう。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 七夕賞,プロキオンSの予想、買いデータ&消しデータまとめ
  • Excerpt: [AD]完全無料で月間回収率300%!『スピード指数+α』で人気の盲点を狙う! プロキオンS,七夕賞の予想 プロキオンSデータまとめ ◎単勝1番人気 (5-4-1-0) △単勝10番人気以下 (0..
  • Weblog: 激走!データ競馬ブログ
  • Tracked: 2011-07-10 07:06