函館スプリントS回顧

レース総括
■前半ハイペースの、完全な前傾レース
■持久力が問われた


函館スプリントS結果
カレンチャン1.08.0 34.5 05-05
テイエムオオタカ1.08.0 34.9 01-01
アンシェルブルー1.08.1 34.7 02-02
ドラゴンファング1.08.3 34.6 07-05
ベイリングボーイ1.09.0 34.9 12-12
パドトロワ1.09.0 35.6 02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.9
前半3F:33.1
11.8-10.4-10.9-11.5-11.4-12.0

函館スプリントSラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半かなり速く、勝負所では一応加速を示す展開には
なっているものの、ラストはしっかりラップの落ちる形。

過去の函館と比べると明らかな馬場の速さを感じるのだが、それを考慮しても
やはり前半は速く、勝負所での加速に関しても、ほとんどコース形状(下り坂)
による後押しの範疇で、当然ハイペースからの持久力勝負だったと考えたい。

この展開であれば、上位の地力はもちろん信頼できそうだし、場合によっては
上がりの性能などの裏付けは必要になるだろうが、この先のスプリント戦線にも
十分つながっていきそうな雰囲気。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

カレンチャン
4角で少し外を回る形にはなったが、それでも最後しっかり地力を見せつけて
キッチリ前を捕らえていて、これはもう完勝に近い内容。
元々持続力に関しては十分なものを示している馬だけに、キーンランドCでは
更なる前進が期待できそうだし、当然注目したい。

テイエムオオタカ
ハイペースで飛ばしながらも最後までしっかり粘り込んでいて、斤量面で有利な
立場だったとは言え、十分な地力を示した形。
前走も十分強い内容だったが、前半のペースが全く違うため価値としてはやはり
今回の方が高そうで、これでこの先の目処が立ったという雰囲気。
あとは持続力という部分を見極めたい感覚。

アンシェルブルー
この馬単体で見れば、厳しいペースでの追走から良く粘ったという内容だが、
ほとんど完璧なコース取りでも、結局前を交わせず、後ろにも差されたという
部分で、やはり適性的なズレが少しあったようにも感じる。
そう考えると、持ち前の持続力を活かしやすい札幌に替わっての前進というのは
可能性としては十分ありそうで、その点はしっかり注目しておきたい。

ドラゴンファング
元々地力は示している馬ではあるが、久々のレースでこけだけの内容を示せる
ようであれば、次戦以降で、より適性の合う舞台への出走ということになれば
まだまだ期待しても良さそう。注目したい。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック