札幌競馬場:コース特徴

  札幌競馬場のコースの特徴は?
芝:1000m ◆スピードのある先行馬に尽きる。
◆相当な持久力。

この距離なので何と言っても先行力が物を言う。 そしてラストは当然のように持久力が問われることになる。
芝:1200m ◆逃げ、先行有利。
◆持久力必要。

1000m同様に先行力があって、持久力に優れた馬でなければキツい。
ラップの統計的には道中が緩んで勝負所で切れ味が問われるようなレースも見られるが、 それは2歳新馬などのレベルが低いレースも行われているためで、 基本的にはスピードと持久力の勝負になるのは間違いない。
芝:1500m ◆逃げ、先行有利。
外枠不利。
◆脚の持続力。

スタートが東京2000mのミニチュア版(右回り)の形で、 スタートしてすぐに2コーナーを迎えるために当然外枠は不利となる。
またラップタイムの傾向としては道中もそれ程緩まず、かと言って勝負所でも ほとんど加速をしないという完全な淀みのない流れとなる。 したがってどの馬も長い間脚を持続させなければならない。
一瞬の切れ味で勝負するタイプには特に厳しいコース。
芝:1800m ◆先行有利。
◆相当な持続力が必要。

ラップの傾向としてはレース全体を通して淀みのない流れとなる。 したがって相当な持続力が問われることになる。
また1800mは前半よりも多少後半の方が速くなる傾向にあって、 上り勝負となれば当然先行馬の方が有利となる。
(注:2歳戦などでは道中が緩むことが多いので切れ味が問われることもある)
芝:2000m ◆差し有利。内枠がくる。
◆相当な持続力。

1800mと同様にレースは淀みのない流れとなり、当然持続力が問われることになる。
また前後半がイーヴンか、多少前半の方が速く流れる傾向があり、 1800mとは逆に前半に楽ができる差し馬の方に分がある。
(注:2歳戦などでは道中が緩むことが多いので切れ味が問われることもある)
芝:2600m ◆先行、差しの順。
◆持続できる末脚が必要。

この距離なので前半は流石にゆったりとした流れとなるが、 その分最後はロングスパート合戦になりやすく、 長く持続できる末脚が必要となってくる。
したがって一瞬の切れ味で勝負するようなタイプではラスト1Fが続かずに 勝ち切ることは難しくなるだろう。
ダ:1000m ◆逃げ、先行有利。
◆先行力&持久力。

この距離だけに先行できるスピードとラストを粘れる持久力がなければ話にならない。 例外はまずないと思って良い。
ダ:1700m ◆逃げ、先行有利。中~外枠がくる。
◆長く持続できる脚とラストを粘れる持久力。

ラップタイムの傾向としては道中が全く緩まず、レース全体を通して完全に淀みのない流れとなる。 そしてラストは少し時計が掛かる展開となって、そこを粘り切れる持久力が必要となってくる。
間違っても道中が緩んで勝負所では切れ味が問われる東京、阪神、京都、新潟、中京での好走を鵜呑みにしてはならない。
ダ:2400m ◆逃げ、先行が残る。
◆持続力が問われる。

この距離だけにメリハリのある流れとはならず、当然長く持続する脚が問われることになる。 距離適性とスタミナの誤魔化しは効かない。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20332044

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック