2006年06月21日




函館競馬場:コース特徴

  函館競馬場のコースの特徴は?
芝:1000m ◆スピード競馬。逃げ、先行断然有利。
◆持久力が問われる。
◆先行力必須。

この距離だけに当然持久力が問われる。
コース形態から4角からの下りで、先行馬が止まらずに、 そのまま行ってしまうことがある。
直線の短さも手伝って、後ろから行く馬は厳しいだろう。
芝:1200m ◆先行、差し狙いで。
追い込み不利。
◆持久力が問われる。
◆脚を持続できるタイプなら尚良い。

当然のように持久力が必要で、楽に先行できるような馬が有利となるが、 函館の向こう正面はずっと上り坂となっており、他の競馬場の1200mと比べて スタート直後がそんなには速くならない。
したがって最後はある程度スピードを維持できることが求められる。
(優先順位はあくまで持久力の方が上位)
芝:1800m ◆差し、先行の順。
◆スピードの持続力。
切れ味自慢は危険。

レースのスタートからゴールまでほとんど速くもならず緩むこともなく、 完全に淀みのない流れとなる。
したがってスピードの持続力がもっとも重要となる。
当然切れ味勝負の馬の不発があり得るので注意。
芝:2000m 差し有利。次いで先行。
◆スピードの持続力。

1800m同様、基本的に流れは淀みのないものとなるが、 こちらはやや差し馬に分がある。
これは1F距離が長い分、道中ほんの少しだけ緩む場面があり、 勝負所で多少加速することから、切れ味を発揮した差し馬が勝ち切ることが多いため。
それでもスピードの持続力がなければ最後まで持たない。
芝:2600m ◆差しがくる。次いで先行。
◆スピードの持続力。
◆ある程度の切れ。

この距離だけに道中かなり緩むが、一気に加速するようなことがないので、 最終的には持続する脚が問われることになる。
それでも全く切れがないとなると、対応しきれない可能性もある。
ダ:1000m 逃げ、先行有利。中枠がくる。
◆ラスト1Fを粘り切れる持久力。
◆先行力必須。

短距離なので当然のように持久力が問われる。
楽に好位につけられる先行力がなければきつい。
ダ:1700m ◆先行、差しが狙い目。
◆スピードの持続力必須。
切れ味自慢は危険。

レース全体を通して完全に淀みのない流れとなる。
したがってスピードの持続力が問われることになり、
切れ味勝負するタイプの馬には厳しくなる。
ダ:2400m ◆逃げ、先行有利。
◆スタミナのある馬。
◆スピードを持続できること。

ダートの長距離だけにかなりのスタミナが必要となる。
レースの流れ自体は淀みのないものとなるので、 スピードの持続力は当然必要。
補足 函館と札幌の芝コースはは洋芝なので重い。
したがってラップの適正なども重要だが、
まずはパワーがあるかどうかを考えなければならない。
また2コーナーから4コーナーまで3.4mを上り続ける形なので、 勝負所で一気に加速することがなく、徐々にペースが上がることになる。 これが結果的に全体を通して淀みない流れを作り出している。





 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ






トップページへ

posted by 山宗 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
注:「必須入力」の箇所が空白だとエラーとなります

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20331603
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック