開催中の競馬場のコース特徴:  中山競馬場  阪神競馬場  小倉競馬場

 義援金受付ページ:  ジャパンネット銀行(熊本)  ジャパンネット銀行(東北)

2006年06月21日




東京競馬場:コース特徴

  東京競馬場のコースの特徴は?
芝:1400m ◆内枠有利。
逃げはきつい。
◆切れと多少の持久力を併せ持つタイプが有利。

東京の長い直線を意識してか中盤は少し緩む。 そして4コーナーで一気に加速する。 したがって他の競馬場の1400mとは違ってかなりの切れが必要。
また加速するポイントからゴールまでが長いために、 最後の1Fはラップが落ちやすくなるので、 速いスピードを維持できる持久力を併せ持っているタイプの方が合う。
芝:1600m ◆実力通りに決まりやすい。強い馬が勝つ!
◆かなりの切れが必要。

何と言っても究極の切れ味が必要となるコース。
またレベルの高いレースとなると、前半からペースが速くなるので、 ある程度の持久力(スタミナと言ってもいい)が必要となる。
芝:1800m ◆差し、先行有利。逃げも侮れない。
外枠不利。
◆究極の切れ味が必要。

東京の中距離なだけに切れが必要なのは言うまでも無い。
このコースで1番注意したいのは、持久力に優れた先行馬が外枠に入った場合。 思うように先行できないままに、勝負所での加速で置いてきぼりを喰らう可能性がある。
芝:2000m ◆基本は差し馬有利。
◆中枠の先行馬がくる。
◆究極の切れ味が必要。

1800mとある程度傾向が近く、切れ味が必要で、外枠に入った先行馬は苦労する。
違いは2000mの方がスタートから2コーナーまでに多少のゆとりがあるために、 中枠あたりの馬まではあまり枠順による不利を受けないこと。
また先行馬に限れば被される可能性がある内枠よりも、 その心配が少ない中枠の方がむしろ有利。
芝:2300m ◆差し有利。
◆切れに加えて多少の持久力が必要。

基本的には切れが必要なのだが、 このコースはレベルの高いレースが行われないために、 ここに出走する馬には長い距離を走って、 そこから一気に加速できる程の実力がない。
その分、持久力の勝ったタイプの馬にもチャンスが訪れる。
芝:2400m ◆基本は差し有利だが、逃げ、先行にも注意が必要。
◆脚質に関わらず切れは必須。

どの脚質が有利になるかはペース次第で、 その時の出走メンバーによるところが大きい。
またこのタフなコースを速いペースで引っ張り、 持久力で粘りきれるような馬はまずいないので、 ペースや脚質に関わらずかなりの切れ味が必要となる。
芝:2500m ◆差し、追い込み有利。
◆切れ味。

基本的には2400mと傾向は似ているが、サンプル数が少ないために、 はっきりとした傾向を示すことはできない。
ただペースがそれ程速くなることはないので、 一瞬の切れ味は当然必要となってくる。
芝:3400m ◆ペース次第で先行or差しがくる。
◆切れ味必要。

3400mという距離なだけに、ペースがあまり上がることがなく、 切れ味勝負という傾向が強い。
脚質的にはペース次第だが、どんな脚質でも切れがなければ直線ではきつい。
ダ:1300m ◆先行、逃げ有利。
◆かなりの持久力が必要。

ダートの短距離らしく、ラップタイムが右肩下がりになる傾向が強く、 持久力が問われるコース。
このような流れでは後ろから行く馬も道中で脚を使ってしまうために、 前から行く馬の方が有利となる。
ダ:1400m ◆逃げ、先行有利。馬場悪化で差し、追い込みも。
◆スピードを維持できる持久力。

淀みのない流れになりやすく、持久力が問われる。
また古馬のレベルの高いレースになるにつれて、、 ラップタイムの傾向では、最後までスピードが落ちないような展開となり、 一本調子に近い逃げ、先行馬では最後まで粘り切るのは難しく、 後ろから行く馬にもチャンスが向くことになる。
しかしその場合でも、持久力があるタイプの差し馬でなければ、 道中の追走でバテてしまって、最後まで伸びきることができないだろう。
ダ:1600m ◆逃げ、先行有利。馬場悪化で差し、追い込みも。
◆かなりの切れ味が問われる。

ダートなので基本的には持久力がなければならないが、 長い直線を意識してか中盤は多少緩む場面があるので、 勝負所ではダートとしてはかなりの切れ味勝負となる。
またダート1600mとしてはタフなコースなので、 短距離馬よりもスタミナのある中距離馬の方が有利となる。
ダ:2100m ◆先行。外枠。
◆かなりの切れ味が問われる。

日本のダートコースのなかではナンバーワンと言ってもいいくらいのタフなコース。 中途半端に1700、1800mで好走できるくらいの馬では厳しい。
それでいてかなりの切れ味を問われるので、 スピードとスタミナを高いレベルで併せ持つ馬でなければならない。
JCダートがここで行われなくなったので見応えは減ったが、 このコースを勝つ馬は少なくとも日本ダート界では有力な馬だと言える。
ダ:2400m ◆差し、追い込み有利。
◆究極の切れ味が必要。

サンプル数は少ないが、2400mという距離なだけに中盤はかなり緩み、 ダートとしては究極の切れ味勝負となる。



 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ









トップページへ

posted by 山宗 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

コメントを書く
注:「必須入力」の箇所が空白だとエラーとなります

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20329577
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック