京都競馬場:コース特徴

  京都競馬場のコースの特徴は?
芝:1200m(内) ◆スピードコース。狙い目:逃げ、先行、外枠。
◆かなりの持久力。

1200mという距離だけにラストはかなりの持久力が必要となるのは言うまでもない。 スタートから3F目がちょうど下り坂となっていてその部分のラップがあまり落ちず 前半は速くなるのだが、直線が平坦なコース故にラスト1Fが他の競馬場の1200m程 ガクっと落ちることがない。 したがってラストを粘る底力に加えて速いスピードを維持し続けられるような 持続力も同時に問われることになる。
芝:1400m(内) ◆先行、外枠有利。
◆持続力&ラストの持久力が必要。

道中で緩むこともなく、勝負所でもほとんど加速することもなくレース全体を通して 淀みなのない流れとなり、持続力が問われることになる。
また外回りの1400mと比べて2F目が速くなることと低いクラスのレースで使われるために 一本調子の流れとなりやすく、ラストが粘り勝負の形となり持久力も必要となる。
芝:1400m(外) ◆差し、外枠有利。
◆スピードの持続力が必要。

スタートからゴールまで速いスピードで淀みなく流れ、持続力が必要となる。
また内回りとは違って最後までスピードが落ちることがなく、 ラストの粘り勝負という形にはならない。 したがってラスト1Fまでしっかりと脚を持続できるような 本当の意味での持続力勝負となりやすい。
芝:1600m(内) ◆先行有利。
◆スピードの持続力。

内回りは低いクラスのレースが行われるために前半も後半も同様に速くなるということはなく、 前半が速くなれば後半の時計が掛かり、前半が遅くなれば多少の切れ味勝負という展開となる。
どちらにしても極端に緩むような展開とはならず、レース全体を通しての持続力が問われる。
芝:1600m(外) ◆差し、追い込み、外枠有利。
◆かなりの持続力が必要。

前後半がほぼイーブンという全く淀みのないレース展開となりやすく、 クラスが上がるほど後半は速いスピードを持続できる力が問われることになる。
またレベルの高いレースでは速いスピードからさらに加速するような展開も見られ、 多少の切れ味を要求される場合もある。
他にこのような締まった流れとなるコースは中山くらいで、東京や阪神の マイル戦とは別物と考えた方が良い。 (もちろんG1などではどのコースでも締まった流れとなるが…)
芝:1800m(外) ◆差しやや有利、先行も来る。
◆切れ味&末脚の持続力。

京都は基本的に持続力が問われるコースが多いのだが、その中では1番切れ味が問われるコース。 これは2コーナーの深いポケットからスタートし3コーナーまでの最初の直線が 長いというコース形態によって、前半が少しゆったりとした流れとなりやすいためである。
前半が多少緩くなる分、(特にレベルの高いレースでは)3コーナーの下り坂も手伝って ロングスパートの形になることも多く、ラストのトップスピードを持続する力が 問われることになる。
芝:2000m(内) ◆先行、内回りだが差しも来る。
◆切れよりも持続力が問われる。

2000mとしては道中がそれ程緩むことがなく、レース全体を通して淀みのない 一定のスピードで流れることが多く、その傾向はレベルの高いレースとなるほど 顕著に現れる。
そうなると道中を緩めれば切れるようなタイプの馬では追走で脚を使ってしまい、 直線不発に終わる可能性が高くなるので注意が必要。
芝:2200m(外) ◆差し、追い込み、中くらいの枠が狙い目。
◆切れ味と持続力をバランス良く持っていること。

このくらいの距離となってくると前半~道中が多少緩んで、勝負所での切れ味と 末脚の持続力の勝負となることが多い。
ただレベルの高いレースとなると道中がかなり締まって流れることも多く、 切れ味よりもむしろラストを粘れるような持久力が問われる可能性が高い。
芝:2400m(外) ◆差し、追い込み有利。
逃げは不利。
◆切れ味と持続力のバランス。

前半~道中はかなり緩んだ流れとなることが多いが、さすがに京都の外回りだけあって 一瞬の切れ味勝負ということにはならず、3コーナーの下り坂からの ロングスパート合戦という展開が多い。
したがって勝負所で置いてきぼりをくらわない程度の切れ味と、そこからゴールまで トップスピードを維持できるような持続力が問われることになる。
芝:3000m(外) ◆内枠の先行、差し有利。
極端な脚質はきつい。
◆持続力と多少の切れ味。

3歳のレース(要は菊花賞だが…)では前半は多少速めに流れて、1コーナーから 2周目の向こう正面でかなり緩み、3コーナーは少し我慢させて 坂を下ったところで一気に加速するような展開となりやすく、 多少の切れ味が必要とされる。
一方で古馬の方ではレースを通してゆったりと流れて、最後はロングスパート合戦と なりやすい。
どちらにしろ3コーナーの下り坂でのペースアップは必然的であり、さらに 仕掛けてからゴールまでが長いために末脚の持続力は当然問われることになる。
芝:3200m(外) ◆先行、差し有利。
極端な脚質は不利。
◆末脚の持続力&ラストの持久力。

まず第一にこの距離への適性がなければ話にならないのは当然。 天皇賞用のコースなので道中もこの距離を考えたらある程度締まった展開となり、 距離のごまかしは効かない。
また3コーナーの丘の頂上からの超ロングスパートとなることが多く、 そこから速いラップを3つ刻んだ後、ラスト1Fのラップがガクっと落ちる。 そうなると最後の最後までスピードを維持できるような、持続力&持久力が 相当優れた馬でなければ勝ち切ることは難しい。
ダ:1200m ◆逃げ、先行、内枠有利。
◆相当な持久力が必要。

この距離だけにラストは相当な持久力が問われることになるが、 3コーナーの下り坂も手伝って各馬が早め早めに脚を使いやすく、 他の競馬場の1200mと比べて特にラスト1Fのラップがガクっと落ちやすい。 それだけに特に先行力と持久力が高い馬でなければ厳しい。
ダ:1400m ◆逃げ、先行、中枠有利。
◆基本は持久力。

ダートコースは下り坂の部分がちょうどラスト4Fのところとなっていて、 1200mと同様に各馬が早めに脚を使わされ、ラストのラップがガクっと落ちる。 そうなると当然ラストを粘り切れる持久力を持った馬でなければ厳しくなる。
また2歳戦などのレベルの低いレースでは各騎手がかなり抑えるためか、 それほど道中のスピードが上がることなく、レース全体を通しての持続力が 問われる展開も多い。
ダ:1800m ◆逃げ、先行有利。
外枠は不利。
◆基本は持続力が問われる。

3コーナーの下り坂の影響で長く持続する末脚を使えることが必要。
そしてレベルが高いレースとなってくると道中もあまり緩まないような 展開となるために、持続力に加えてラストを粘れる持久力が問われることになる。
また逆に低いクラスのレースでは道中が緩んで勝負所では切れ味が問われることも多い。 ただその場合でもその後の持続力は当然必要となる。
補足 京都のラップ傾向を決めているのは何と言っても3コーナーの坂ということになる。
特に下り坂の影響で各馬のスピードアップが他の競馬場に比べて早くなり、 そこからゴールまでが長いために、相当な持続力が問われるような展開を 作り出している。
したがって一瞬の切れ味で勝負するタイプの馬が末脚を維持できずに 直線不発に終わることも多く、そのあたりに馬券的な妙味が生まれる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20296708

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック