高松宮記念@阪神競馬場展望

予想
単純に厳しい流れを粘れることや、決め手を発揮できることよりも、ここでは
ある程度引っ張られつつも、しっかり上がりをまとめられるという、高い水準の
持続力を備えたタイプを選びたいイメージ。

◎ジョーカプチーノ
ハイペースからの持久力勝負でも、スピードの持続力勝負でも全く問題なくて、
適性云々を言わせない、スプリント王者に相応しいと思える強さを備えた馬。
文句なくここでは本命に推せるし、今の時点でキンシャサノキセキをしっかり
破ってG1を制することに意味がある…という場面。
個人的にも注目し続けてきた馬でもあり、単純に頂点に立って欲しい気持ち。

○キンシャサノキセキ
元々高い持続力が売りというタイプで、地力という点でも当然最上位争いの馬。
ここでは前半程々に引っ張られて、程々に上がりをまとめることを求められる
…と思われて、前半or後半に偏ったタイプとの差をつけやすいという意味で、
この馬にはベストに近いパフォーマンスを発揮できる舞台かも知れない。
当然好走を期待したいところだし、願望としても、この先を担う馬を決める
意味合いが強い場面なだけに、中途半端に崩れて欲しくはない。

▲サンカルロ
持続力が売りで、タイプ的に1400mベストなのは間違いないとは思うが、単純に
前半33.2秒の阪急杯を押し切った内容を考えれば問題はないはず。
勝ち切るところまではともかく、どうやっても浮上はしてきそうなイメージ。

注ダッシャーゴーゴー
持続力も十分示している馬だが、現状では実質的にそこまで速くないペースから
決め手を発揮しているイメージの方がどうしても強く、今回は馬場の違いで、
セントウルSやスプリンターズSの時とは状況が違うのではないか…と疑える、
もしかしたら最後の場面。
この馬くらいが上の世代を駆逐する存在であって欲しいという気持ちもあるが、
今回はこの程度の評価に止めておきたい。

△ワンカラット
持続力は十分高いものを持っている馬だが、スプリントG1の水準だとさすがに
勝ち負けからは1枚落ちるというイメージ。
もちろん好走は期待できるが評価としてはここまで。

△スプリングソング
前走の内容は1400mとしてはかなり厳しい流れを、好位から良く粘ったという
扱いにはなるので、タイミングとしてはここは狙ってもいい場面。
実力的にG1で何とかなるとは思わないが、好走はあってもいいはず。

△エーシンフォワード
持続力は高いものを持っているが、スプリントG1のスピード領域で戦う馬とは
少しイメージが異なる。
休み明けも気になるし、展開的に嵌まっても掲示板くらいが妥当では。

☆レッドスパーダ
前走では一応スプリントのスピードに対応は出来ているが、その時の内容では
さすがにここへ向けての裏付けとしては薄い。
距離延長を待ちつつ、ここは静観したい。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック