根岸S展望

過去のラップタイムは以下の通り。

2010 12.4-11.5-11.7-11.8-11.8-12.0-12.5(35.6-36.3)
2009 12.2-10.6-11.3-12.1-12.1-11.6-12.2(34.1-35.9)
2008 12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5(34.3-36.4)
2007 12.5-10.8-10.9-11.7-12.0-12.7-12.9(34.2-37.6)
2006 12.2-10.8-11.6-12.1-12.3-12.2-12.5(34.6-37.0)
2005 12.5-10.9-11.6-12.3-11.9-11.7-12.1(35.0-35.7)
2004 12.3-10.9-11.6-12.1-12.3-12.1-12.7(34.8-37.1)

過去7年のラップタイム
12.33-10.89-11.44-12.01-12.04-12.04-12.49
1.23.24(34.66-36.57)

根岸Sラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、4F目からほぼ一定のスピードを
刻むような展開で、最後が少し落ちる形。

この展開だと、まずはどの馬もある程度前半で引っ張られるので、当然持久力が
問われて、尚且つレース後半では長い脚が必要となるために、末脚の持続力を
持っていることも重要になる。

脚質的には、ちょっとした展開の違いで先行も差しも決まる舞台だと言えるが、
それよりもこれだけの厳しい流れなので、地の強い馬が順当に勝ち負けする
可能性の方が大きいように思える。


好走する条件
・持久力&持続力があること


予想

◎ケイアイガーベラ
1400mでの単純なパフォーマンスの比較ではやはり1つ抜けていて、ここでの
問題は武蔵野Sで不可解な負け方をした、東京というコースだけ。
その原因を、一本調子なタイプで切れが問われる展開が合わなかった…とする
考え方は、エニフSの内容によって確実に否定されるし、やはり当日の状態面と
考えておくのが妥当に思える。
とすれば、ここはやはり突き抜ける可能性が高いように感じる。

○セイクリムズン
とにかく霜月Sのパフォーマンスは圧巻の内容で、持続力という点でも、持久力
という点でも、当然ここでは有力な1頭ということになる。
この馬目線で見ると、今回は単純にケイアイガーベラが本来のパフォーマンスを
発揮できるかどうか…というだけで、相手次第で2着or1着という扱いが妥当。

▲ダノンカモン
持続力は高いものを持っていて、タイプ的にこの舞台にも合っているが、単純に
地力の面で上の2頭を上回れるか…というのは疑問。
ここでは結構確率の高い3着候補という印象。

注エーシンクールディ
地力ではさすがに上の3頭に届かないと思うが、ハイペースを好位から粘る形は
河原町Sなどでもしっかり示していて、4着候補ということならその可能性は
十分ありそう。

△ワールドワイド
持続力はある程度示しているが、ケイアイガーベラのペースにある程度好位で
付き合うことを考えると、ここでは少し不安な印象。
前半を受け流す選択が出来れば浮上もあり得るが…。

△ワンダーポデリオ
持続力は高く、同舞台でも高いパフォーマンスを示した履歴を持っているが、
その頃とはやはり状態が違う…という印象。
掲示板圏内に突っ込んでくる可能性はもちろんあるが…。

☆ティアップワイルド
距離短縮してここ2戦は高いパフォーマンスを示しているが、本来得意なはずの
1400mにいざ戻ってみると(このメンバー相手では)裏付けが足りない…という
事態に陥っている…。
もちろんパフォーマンスの更新前提なら上位浮上もあり得るが…。

☆サクセスブロッケン
休み明けはやはり気になるが、フェブラリーS勝利時のスピードを考えたら、
1400mでもある程度出来ていいはず。状態次第では。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック