キーンランドC回顧

レース総括
■ミドルペースから、終いまで速いスピードを維持する展開
■持続力が問われた


キーンランドC結果
ワンカラット1.08.4 34.4 03-02
ジェイケイセラヴィ1.08.5 34.5 03-04
ベストロケーション1.08.6 34.4 07-07
ビービーガルダン1.08.8 34.7 06-04
モルトグランデ1.08.8 34.3 11-08

天候:晴 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.7
前半3F:33.7
12.0-10.6-11.1-11.4-11.6-11.7

キーンランドCラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、その後は緩やかに減速していく
展開で、終いまである程度速いスピードを維持する形。

今回は速い馬も揃っていて、かなり速い流れになるようにも思ったのだが、蓋を
開けてみれば、ローレルゲレイロの出負けに加えて控える選択をした馬もいて、
極めて平年並みのラップを刻み、スピード持続力が物を言うレースになった。

上位の顔ぶれを見ても、明らかに持久勝負よりも持続勝負の得意な馬が独占した
という印象で、適性(&スムーズなレース運び)が格を超えるレースだったと
言って良さそう。

したがって今回の上位馬に関しては、持続力勝負での強さは当然認めつつも、
この先ハイペースからの地力勝負でどこまで出来るかは、他のレースによる
裏付けが必要になりそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ワンカラット
道中で少し掛かったような形から早め先頭に立ち、それでも最後まで抜かせない
という、さすがの持続力を見せつけた内容だった。
今のところ前半で極端に脚を使う形での裏付けは取れておらず、ハイペースでも
好位の馬が地力で押し切るスプリンターズSでどこまで出来るかは未知数。
それでも今回のパフォーマンスを見れば、形としては適性が嵌まった内容だが、
印象としてはそれだけで勝ち切った訳ではないという雰囲気で、絶対的な信頼は
できないものの、今後の(スプリント路線での)活躍に大いに期待したい感覚。
(適性的には高松宮記念の方が合うだろうが…)

ビービーガルダン
スタートがイマイチでスムーズさを欠いたということもあるが、それでも最後も
止まってはいないものの、どうしても上がりが物足りない印象は受ける。
考えてみると、(状態面の問題もあったと思われるが)阪急杯では本来は得意な
はずの持続勝負で失速し、その直後の高松宮記念ではハナ差の2着でしっかり
地力を示して、休み明け59kgの前走はともかく、今回の速い上がりが問われる
形では(もちろん斤量の差も大きいが)決め手を欠く内容。
昨年のスプリンターズSにおいてそれまでのイメージを覆す地力を示したことは
いいのだが、それ以降、逆に持続力勝負の方で甘くなっている印象…。
この過程からはローレルゲレイロがそうであったように、純粋なスプリンターに
近づいてきた…と推測したい気持ちになってくる。
もしそれが正しいとすれば、スプリンターズSでは(元々応援しているという
こともあるが)当然期待したくはなる。

ローレルゲレイロ
今回に関しては出負けしたことが全てだろう。
ただ、もしそれがなくても近走は単純に先行力がなくなってきている…という
印象も受けて、地力ではまだ威張れても、自分の型に持ち込めない、もしくは
持ち込むのに時間が掛かるという可能性はありそう。
そうなると、連覇というのはなかなか難しく感じるが…。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック