ヴィクトリアマイル回顧(ラップ分析)2018

レース総括 ■落ち着いた入りから→道中淀みなく、仕掛けが早い形の上がり勝負 ■切れ&末脚の持続力が問われた ヴィクトリアマイル結果 1ジュールポレール1.32.3 33.3 08-08 2リスグラシュー1.32.3 32.9 13-13 3レッドアヴァンセ1.32.3 33.6 04-04 4アエロリット1.32.4 34.0 02-02 5ミスパンテール1.32.6 33.7 09-08 天候:雨 芝:稍重 上り4F:45.5 3F:34.0 前半4F:46.8 12.4-11.3-11.5-11.6-11.5-11.1-11.2-11.7 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、前半は落ち着いた入り方をしたが、道中はそれなりに 流れて、タイミングの早い仕掛けから→直線は右肩下がりという形。 (上がり自体は速い) まず馬場に関してだが、予報よりも雨の降り出しが早まり、レースの時間帯 までに2時間以上は降っていた訳なので、一応影響はあったはず。 それにも関わら…

この記事を読む