桜花賞展望(予想)2018

予想 性能や地力を示している馬は結構多いが、阪神JF→チューリップ賞と王道を 歩んで来た馬が、パフォーマンスを更新しながら順調にここに駒を進めている 中で、はっきりと否定する要素もない。 昨年まではいかなくとも、前半(~道中)が極端に厳しくなった場合の波乱は 一応あり得るものの、上位馬に自在性があるため、結局こなす可能性が高い。 シンプルな評価にしたい。 ◎ラッキーライラック 前走では、ややゆったりとした入り方だが、道中はそれなりに高い水準で進め つつ→上がりでしっかりと決め手を発揮。 走る毎にパフォーマンスをしっかり更新しているし、チューリップ賞基準で 言えば、過去の名馬たちと全く遜色ないところまで普通に到達している。 馬体を見てもこれ!となるし、大人気でもそれに見合うだけの価値は十分に あり、ここは素直に推しておきたい。 あとは単純に捌き次第。そればっかりは鞍上に頑張ってもらうしかない。 ○リリーノーブル 単純に前走のパフォーマンスは高く、それだけでもここでは普通に上位。 その時は、上位3頭の中では道中1頭分外を回っていた形だし、…

この記事を読む