大阪杯展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017(キタサンブラック:1.58.9) 12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:35.3 前半1000m:59.6 勝ち馬コーナー通過:04-03-03-02 勝ち馬上り3F:34.3 2017年⇔G2時代の平均ラップタイム ラップ傾向 ~まずはG2時代の復習から(過去記事の転載)~ ラップタイムを見ると、前半はミドルペースで、道中は一旦は落ち着くものの 極端には緩まない展開から、やや仕掛けの早い上がり勝負という形。 このレースは、道中がそれ程楽をしていられない水準で流れて、一定の持久力は やはり問われるのだが、だからと言って極端に締まる…という訳でもないために 一流馬の脚は十分に残り、上がりはある程度速くなる。 したがって、仕掛け自体が早く長い脚は当然必要だが、それに加えて勝負所で 動いて行ける機動力を備えていることが重要で、適性的には、切れと持続力を バランス良く持っているタイプ…

この記事を読む