フローラS展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017 13.0-12.1-12.0-11.8-12.6-12.8-12.3-11.5-11.2-12.0 2016 12.8-11.6-11.6-11.7-12.0-12.0-11.9-11.4-12.4-12.3 2015 13.1-12.0-12.2-12.5-12.8-12.6-12.2-11.5-11.2-11.7 2014 12.9-11.8-11.7-12.0-12.3-12.0-11.8-11.5-11.5-12.5 2013 12.8-12.0-12.4-12.5-13.4-13.3-13.3-11.6-11.2-11.4 2012 12.9-11.8-12.0-12.5-12.9-13.1-12.7-11.4-11.2-11.5 2011 12.5-11.3-11.9-12.0-12.7-12.7-12.4-12.0-12.8-13.0 2010 13.0-11.6-11.9-11.6-12.5-12.5-12.3-11.6-11.4-11.8 2009 12.6-11.6-11.8-12.1-12.5-12.6-12.…

この記事を読む

マイラーズC展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017 12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3 2016 12.3-10.7-11.1-12.1-11.7-11.7-11.3-11.7 2015 12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3 2014 12.5-11.0-11.4-11.7-11.2-11.4-10.9-11.3 2013 12.3-10.8-11.0-11.7-11.5-12.1-11.5-11.7 2012 12.1-10.8-11.4-11.9-11.3-11.2-11.8-12.7 過去6年の平均ラップタイム 12.32-10.92-11.43-11.98-11.47-11.47-11.18-11.67 1.32.43 ラップ傾向(過去記事の一部修正) ラップタイムを見ると、前半まずまずの流れから、上り坂で一旦は落ち着き つつ→仕掛けがかなり早くなる展開。 ここまで全体の流れとしては、スローペースorハイペースという極端な展開が 半々くらいで現れていて、各年…

この記事を読む

福島牝馬S展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017 12.4-11.1-11.4-12.0-12.0-11.8-11.8-12.1-12.2 2016 12.5-11.4-11.7-12.6-12.5-12.2-11.8-11.3-11.5 2015 12.3-10.8-11.5-12.2-12.0-11.8-11.7-11.7-12.0 2014 12.7-10.8-12.0-12.5-12.0-11.8-11.7-11.3-12.2 2013 12.7-10.7-10.7-11.7-12.1-12.2-12.3-12.1-11.9 2012 12.4-10.6-11.0-12.1-12.1-12.4-12.3-11.5-11.7 2011 12.2-10.9-11.8-12.4-12.3-11.8-11.4-10.7-11.9 新潟開催 2010 12.6-10.8-11.9-12.7-12.3-11.9-12.2-11.7-12.8 2009 12.9-12.1-13.0-13.6-12.6-12.3-12.1-12.1-13.0 2008 12.4-11.4-11.8-12…

この記事を読む

皐月賞回顧(ラップ分析)2018

レース総括 ■前にはハイペース戦、後続には一定水準からの→上がり勝負 ■一定の持久力&切れ(後続)が問われた 皐月賞結果 1エポカドーロ2.00.8 35.1 04-04-04-04 2サンリヴァル2.01.1 35.2 05-05-05-05 3ジェネラーレウーノ2.01.4 37.6 02-02-02-02 4ステルヴィオ2.01.4 34.8 14-14-14-13 5キタノコマンドール2.01.4 34.8 11-14-14-13 6グレイル2.01.4 34.8 16-14-14-13 天候:曇 芝:稍重 上り4F:49.7 3F:37.3 前半1000m:59.2 12.6-11.0-11.9-11.5-12.2-11.9-12.4-12.4-12.7-12.2 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、(馬場を考えれば)前半~道中がギザギザしながらも 高い水準で進んで→上がりが崩れた展開。 (ラスト1Fは、単に前が入れ替わった形での加速) もちろん…

この記事を読む

アンタレスS展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017 12.5-10.8-13.0-12.5-12.4-12.1-12.1-12.0-12.5 2016 12.4-10.7-13.1-12.1-12.1-12.1-12.2-12.3-12.9 2015 12.7-11.0-12.6-11.8-12.0-12.1-12.1-12.3-13.0 2014 12.7-11.0-13.1-12.5-12.7-12.5-12.1-11.9-13.0 2013 12.4-10.7-13.2-12.7-12.6-12.2-11.9-11.5-12.5 2012 12.5-10.4-12.4-12.6-12.6-12.1-12.2-12.1-13.0 過去6年の平均ラップタイム 12.53-10.77-12.90-12.37-12.40-12.18-12.10-12.02-12.82 1.50.08 ラップ傾向(過去記事の転載) 過去の平均ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいで、 道中はコーナーで一旦落ち着きつつも淀みなく流れて、上がりは早めの仕掛け か…

この記事を読む

皐月賞展望(予想)2018

予想 ダノンプレミアムは回避となったが、一定の裏付けを示している馬がかなり 多くて、レベルは十分に高そう。(評価はいつもの☆が×くらいのイメージ) さて問題は馬場。予報では、そこまで強くはならないようだが、夜~昼に 掛けてシトシトと降り続きそうな雨。 どこまで悪化するかは分からないものの、近年のスピードレースとは異なった 状況になることは確実。 土曜の競馬を見ても、やはり直線外の方が伸びる印象だし、それで尚且つ道悪 となれば、前半からスピードに乗って→押し通す内容よりも、道中~上がりで 高い水準を示す内容の方が、イメージははまりそう。 ◎タイムフライヤー 前走は、スピード馬場での淀みのない展開で、後方から外を回した格好。 内容的にほぼ度外視可能だし、パフォーマンス的にも全く悪くなく…と言うか むしろ、ゴールドシップのラジオNIKKEI杯2歳Sとピッタリ同じ水準。高い。 少しチョコチョコと見える走法で、例年のスピードレースなら切ってもいい くらいだが、馬場が渋るようなら話は別。間違いなく恵みの雨。 内枠だが、みんなが外を目指すようなら、(…

この記事を読む

アーリントンC展望(ラップ傾向&予想)2018

開催時期の移行で、出走メンバーのタイプは多少変わってくるだろうが、 とりあえず展開面では、過去の傾向を踏襲して考えたい。 過去のラップタイム 2017 12.3-11.0-12.0-11.9-11.9-11.4-11.3-12.3 2016 12.4-10.6-11.4-12.3-12.4-11.4-11.3-12.3 2015 12.7-11.2-11.7-12.5-12.7-11.9-11.1-12.1 2014 12.6-11.1-11.5-11.5-12.1-11.6-11.1-12.5 2013 12.6-11.3-12.0-12.4-12.4-11.4-10.9-11.8 2012 12.9-11.5-12.1-12.2-12.4-11.7-11.2-12.3 2011 12.6-10.8-12.0-11.9-11.8-11.5-11.2-12.4 2010 12.6-11.3-12.4-12.1-11.2-11.1-11.4-12.7 2009 12.7-10.8-11.3-12.0-12.4-12.1-11.8-12.5 2008 12…

この記事を読む

皐月賞展望(ラップ傾向)2018

皐月賞過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2017(アルアイン:1.57.8) 12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:46.4 3F:34.5 前半1000m:59.0 勝ち馬コーナー通過:03-04-05-05 勝ち馬上り3F:34.2 2016(ディーマジェスティ:1.57.9) 12.0-10.7-11.5-11.7-12.5-11.5-12.4-12.2-11.6-11.8 天候:晴 芝:良 上り4F:48.0 3F:35.6 前半1000m:58.4 勝ち馬コーナー通過:14-14-12-10 勝ち馬上り3F:34.0 2015(ドゥラメンテ:1.58.2) 12.5-10.7-12.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.7-11.4-11.6 天候:曇 芝:良 上り4F:46.8 3F:34.7 前半1000m:59.2 勝ち馬コーナー通過:13-13-11-07…

この記事を読む

桜花賞回顧(ラップ分析)2018

レース総括 ■前半ある程度速く、そこからの溜め→切れという展開 ■一定の持久力&切れが問われた 桜花賞結果 1アーモンドアイ1.33.1 33.2 15-16 2ラッキーライラック1.33.4 34.5 03-03 3リリーノーブル1.33.5 34.3 06-06 4トーセンブレス1.33.8 34.2 13-13 5マウレア1.33.8 34.4 12-09 6リバティハイツ1.33.8 34.6 06-06 7レッドサクヤ1.33.8 34.8 05-03 8スカーレットカラー1.33.8 34.4 10-09 9ツヅミモン1.33.8 35.1 02-02 天候:晴 芝:良 上り4F:46.5 3F:34.4 前半4F:46.6 12.3-10.7-11.5-12.1-12.1-11.5-11.3-11.6 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、前半がある程度流れて、道中は一旦落ち着く格好に なり、上がりは(徐々にという形ではあるが)しっかり加速…

この記事を読む

桜花賞展望(予想)2018

予想 性能や地力を示している馬は結構多いが、阪神JF→チューリップ賞と王道を 歩んで来た馬が、パフォーマンスを更新しながら順調にここに駒を進めている 中で、はっきりと否定する要素もない。 昨年まではいかなくとも、前半(~道中)が極端に厳しくなった場合の波乱は 一応あり得るものの、上位馬に自在性があるため、結局こなす可能性が高い。 シンプルな評価にしたい。 ◎ラッキーライラック 前走では、ややゆったりとした入り方だが、道中はそれなりに高い水準で進め つつ→上がりでしっかりと決め手を発揮。 走る毎にパフォーマンスをしっかり更新しているし、チューリップ賞基準で 言えば、過去の名馬たちと全く遜色ないところまで普通に到達している。 馬体を見てもこれ!となるし、大人気でもそれに見合うだけの価値は十分に あり、ここは素直に推しておきたい。 あとは単純に捌き次第。そればっかりは鞍上に頑張ってもらうしかない。 ○リリーノーブル 単純に前走のパフォーマンスは高く、それだけでもここでは普通に上位。 その時は、上位3頭の中では道中1頭分外を回っていた形だし、…

この記事を読む

阪神牝馬S展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017 12.5-11.5-11.6-11.9-11.8-11.2-11.8-12.0 2016 12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8 過去2年のラップタイム ラップ傾向(過去記事の一部修正) 条件が内回り1400m→外回り1600mに変更されたことで、全く別のレースに 生まれ変わってまだ2回の開催。 昨年が少し特殊な展開だったので、一昨年の展開の方が基本になりそうだが、 どちらにしても道中の水準がそれなりに高くなっているので、一定の持久力は 問われるものとして考えたい。 当然それを前提として、このコースなので、勝負所での加速に対応するための "切れ"を備えていることが重要になるはず。 好走の条件 ・切れ&(純粋な)持久力があること 予想 素晴らしく差し馬が多い。先行しそうな数頭も締め付けるタイプではないし、 やはり決め手勝負を想定したい。 ◎リスグラシュー どちらかと言うと、地力勝負でこそ…と思っていた馬が、前走では、緩い流れ から→…

この記事を読む

ニュージーランドT展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017 12.9-11.6-11.8-12.1-12.3-12.0-11.7-11.6 2016 12.2-11.0-11.7-11.7-12.1-11.8-11.7-11.7 2015 12.2-11.2-11.6-12.2-11.8-12.0-12.0-11.8 2014 12.2-10.8-11.0-11.7-11.9-11.8-11.8-12.1 2013 12.6-11.3-11.8-12.1-12.2-11.7-11.4-11.7 2012 12.1-10.6-11.3-11.6-12.0-11.7-12.0-11.9 2011 12.3-11.5-12.1-12.2-11.8-11.1-11.3-12.2 阪神開催 2010 12.4-11.0-11.5-11.8-11.3-11.7-11.5-11.7 2009 12.5-10.8-11.6-11.3-12.2-11.7-11.9-11.8 2008 12.5-11.0-11.0-11.4-11.8-12.0-12.4-12.9 過去10年の平均ラップタイム(2011…

この記事を読む

桜花賞展望(ラップ傾向)2018

桜花賞過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2017(レーヌミノル:1.34.5) 12.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.8 天候:曇 芝:稍重 上り4F:48.0 3F:36.2 前半4F:46.5 勝ち馬コーナー通過:04-04 勝ち馬上り3F:35.4 2016(ジュエラー:1.33.4) 12.4-10.7-11.7-12.3-12.0-11.4-11.3-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:46.3 3F:34.3 前半4F:47.1 勝ち馬コーナー通過:16-17 勝ち馬上り3F:33.0 2015(レッツゴードンキ:1.36.0) 12.7-11.7-12.7-12.9-12.5-11.3-10.7-11.5 天候:晴 芝:良 上り4F:46.0 3F:33.5 前半4F:50.0 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:33.5 2014(ハープスター:1.33.3) 11.9-10.5-11.4-11.…

この記事を読む

大阪杯回顧(ラップ分析)2018

レース総括 ■スローからの→ロングスパート戦(早い段階で脚を使い切る形) ■高い持続力が問われた 大阪杯結果 1スワーヴリチャード1.58.2 34.1 15-15-01-01 2ペルシアンナイト1.58.3 33.7 11-10-09-09 3アルアイン1.58.4 34.0 05-05-05-05 4ヤマカツエース1.58.6 33.7 09-08-13-14 5ミッキースワロー1.58.7 34.0 14-13-13-10 6ダンビュライト1.58.8 34.5 02-02-03-04 天候:晴 芝:良 上り4F:45.3 3F:34.1 前半1000m:61.1 12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6 レースラップ分析&雑感 ラップタイムを見ると、前半は少し速い馬場を考えればゆったりした流れで、 向こう正面もそれ程ペースは上がらず。その後、3コーナーからペースアップ して→3~4コーナーが極端に速くなり→…

この記事を読む

大阪杯展望(ラップ傾向&予想)2018

過去のラップタイム 2017(キタサンブラック:1.58.9) 12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:35.3 前半1000m:59.6 勝ち馬コーナー通過:04-03-03-02 勝ち馬上り3F:34.3 2017年⇔G2時代の平均ラップタイム ラップ傾向 ~まずはG2時代の復習から(過去記事の転載)~ ラップタイムを見ると、前半はミドルペースで、道中は一旦は落ち着くものの 極端には緩まない展開から、やや仕掛けの早い上がり勝負という形。 このレースは、道中がそれ程楽をしていられない水準で流れて、一定の持久力は やはり問われるのだが、だからと言って極端に締まる…という訳でもないために 一流馬の脚は十分に残り、上がりはある程度速くなる。 したがって、仕掛け自体が早く長い脚は当然必要だが、それに加えて勝負所で 動いて行ける機動力を備えていることが重要で、適性的には、切れと持続力を バランス良く持っているタイプ…

この記事を読む