クイーンS回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中速く、コーナーで一旦落ち着いて→再度加速する展開 ■一定の持久力と、切れ(1頭)or持続力(他)が問われた クイーンS結果 1アエロリット1.45.7 35.5 01-01-01-01 2トーセンビクトリー1.46.1 34.4 06-07-06-05 3クインズミラーグロ1.46.3 34.4 08-10-10-07 4クロコスミア1.46.5 35.1 03-03-03-04 5エテルナミノル1.46.6 34.9 08-08-06-07 天候:晴 芝:良 上り4F:47.4 3F:35.5 前半1000m:58.3 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半からある程度速くなって、道中はかなり締まった 展開、その後3コーナー辺りから一旦落ち着きつつ→4コーナー~直線でもう 1度しっかり加速…という形。 とにかく今回の特徴は、前半~道中の速さで、そこで…

この記事を読む