キーンランドC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■厳しい流れから→上がりがかなり掛かる展開 ■高い持久力が問われた キーンランドC結果 1エポワス1.09.0 34.4 12-08 2ソルヴェイグ1.09.0 35.5 02-02 3ナックビーナス1.09.1 35.6 01-01 4フミノムーン1.09.2 34.9 09-08 5ライトフェアリー1.09.3 35.6 04-03 天候:晴 芝:良 上り4F:46.5 3F:35.5 前半3F:33.5 12.0-10.5-11.0-11.6-11.7-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半が速くなって、上がりは最後しっかりと落ち込む ような、完全に前傾の展開。 今回の特徴は、(馬場が少し掛かる状態だったことを考えれば特に)前半の 速さだと言えて、厳しい流れに引っ張られ、当然高い持久力が問われたはず。 とにかくこのレースで、今回のように前後半3Fの差が2秒も開いたのは2011年 以来の出来事。(それ程長くはないがレースの歴史上で…

この記事を読む