プロキオンS回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■ハイペースから、後半は右肩下がりの展開 ■高い持久力&持続力が問われた プロキオンS結果 1キングズガード1.22.9 35.6 13-12 2カフジテイク1.23.2 36.0 12-09 3ブライトライン1.23.4 36.4 10-07 4ゴーインググレート1.23.6 37.2 04-03 5メイショウウタゲ1.24.0 37.1 09-09 天候:曇 ダート:良 上り4F:48.7 3F:36.9 前半3F:34.2 12.2-10.9-11.1-11.8-12.1-12.4-12.4 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半このレースらしくしっかり速くなって、その後は 完全に右肩下がりの展開で、ラスト1Fだけ踏み止まる…という形。 今回の特徴は、やはり前半の速さで、そこでしっかり引っ張られたことで、 レース後半では当然高い持久力が問われた。 また今回のような、ラップの最後の部分が平坦になるパターンは、前が崩れて →差し馬が完全に飲み…

この記事を読む