安田記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半速く、道中形としては一旦落ち着いて→しっかりと加速する展開 ■持久力&切れが問われた 安田記念結果 1サトノアラジン1.31.5 33.5 14-15 2ロゴタイプ1.31.5 34.4 01-01 3レッドファルクス1.31.6 33.7 14-13 4グレーターロンドン1.31.6 33.9 11-11 5エアスピネル1.31.7 33.6 16-16 天候:晴 芝:良 上り4F:46.0 3F:34.4 前半4F:45.5 12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半がある程度速くなって、道中は絶対的な水準は 高いものの一旦は落ち着く展開、その後勝負所で一気に加速して→ラスト3Fが 右肩下がりの形。 今回の展開的な1つの特徴として、勝負所での一気のペースアップというのが 挙げられて、これだけ大きく加速するパターンは、安田記念では最早少数派。 当然、相対的に道中…

この記事を読む