ヴィクトリアマイル回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■スローからの→上がり勝負 ■切れが問われた ヴィクトリアマイル結果 1アドマイヤリード1.33.9 33.4 12-07 2デンコウアンジュ1.34.1 33.2 09-11 3ジュールポレール1.34.1 33.6 06-07 4スマートレイアー1.34.1 34.0 02-02 5ソルヴェイグ1.34.2 34.1 01-01 天候:曇 芝:稍重 上り4F:46.0 3F:33.8 前半4F:47.9 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半ゆったりと入って、道中もしっかりと緩む展開、 その後ラスト3Fで一気に加速して上がりが速くなった。 今回の特徴は、やはり(馬場を考えても)スローに流れたことで、過去最速に 近いレベルの上がりタイムを記録した。 当然適性的には切れが問われた格好で、脚質的にも前が優勢になった。 また今回の場合、前日の雨で渋った馬場からの回復途上…

この記事を読む