天皇賞春回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的に)道中高い水準で進み→上がりは早仕掛けの展開 ■相当に高い持久力&持続力が問われた 天皇賞春結果 1キタサンブラック3.12.5 35.3 02-02-02-01 2シュヴァルグラン3.12.7 35.2 05-05-04-03 3サトノダイヤモンド3.12.7 35.0 07-07-07-05 4アドマイヤデウス3.12.8 35.2 03-03-04-03 5アルバート3.13.3 35.3 09-09-10-08 天候:晴 芝:良 上り4F:47.7 3F:35.5 4F毎ラップ:46.9-47.6-50.3-47.7 12.9-11.5-11.2-11.3-11.4-11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、スタート~1コーナーまでが極端に速い流れになり、 その後の道中は展開としては一旦落ち着いて、勝負所でしっかりと加速しつつ →最後は右…

この記事を読む