日本ダービー回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■スローからの→完全な上がり勝負 ■切れ(&地脚の強さ)が問われた 日本ダービー結果 1レイデオロ2.26.9 33.8 13-14-02-02 2スワーヴリチャード2.27.0 33.5 07-07-07-05 3アドミラブル2.27.2 33.3 15-17-13-12 4マイスタイル2.27.2 34.1 01-01-01-01 5アルアイン2.27.2 33.7 03-03-05-05 天候:晴 芝:良 上り4F:46.5 3F:33.8 前半1000m:63.2 13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半がかなりスローに流れて、向こう正面では一旦 ペースアップしたものの、コーナーでは再度落ち着く展開で、そこから大きく 加速する形の上がり勝負。 今回の場合、スローからの→決め手勝負、ルメールJを筆頭に各ジョッキーの 仕掛けのタイ…

この記事を読む

目黒記念展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 7.3-11.2-11.2-12.8-12.6-12.2-12.3-12.4-12.0-11.7-11.5-11.5-11.9 2015 7.1-11.5-11.7-12.3-11.9-11.8-12.0-12.5-12.2-11.7-11.6-11.4-12.0 2014 7.1-11.6-11.2-12.6-12.5-12.4-12.4-12.3-11.8-11.9-11.8-11.4-12.0 2013 7.6-10.9-11.0-12.2-12.3-12.2-12.1-12.0-12.0-12.1-11.8-11.5-11.9 2012 7.2-11.1-11.1-12.0-12.0-12.1-12.7-13.2-12.6-11.8-11.1-11.6-12.1 2011 7.0-10.9-11.0-12.4-12.7-12.4-12.1-12.3-12.4-12.6-11.4-12.1-13.2 2010 7.2-11.5-11.9-13.0-13.2-13.1-12.8-12.8-12.9-12.4-11.4-10.8-11…

この記事を読む

日本ダービー展望(予想)2017

予想 低レベルと言われ続けた世代のダービー。 それでも水準の高いレースというのはしっかりと存在していて、この段階に 至れば、どのレースを重視or軽視すればいいのか?というのも、ある程度は 見えてくる。あとは単純に、適性や枠などでの上げ下げ…という感覚。 その細かい序列の並べ替えに対して、有無をも言わせず突き抜ける可能性が あるのはアドミラブルだが、同馬が大外枠に入ったことで、やはり他の馬と 同列の扱いに今回はしておきたい。 馬場に関しては、日曜は雨の影響も考えなくていいだろうし、単純にコース 替わりで内外フラットの想定。 また今週は芝丈が伸びているので、ある程度パワー寄りの考え方をしたい。 最終的に今回は、2014年の再現というようなイメージの予想にしたのだが、 あの年も芝が深く見えてパワー系の馬場だった。 (個人的にはその後の目黒記念の方が強烈な思い出になっているのだが…) 結論としては当然、ワンアンドオンリー2世と皐月賞馬の組み合わせ。 ◎スワーヴリチャード 共同通信杯の内容だけだと正直微妙だったのだが、皐月賞でパフォーマン…

この記事を読む

日本ダービー展望(ラップ傾向)2017

ダービー過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2016(マカヒキ:2.24.0) 12.6-11.1-11.9-12.1-12.3-12.9-13.1-11.8-12.0-11.6-11.0-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:46.2 3F:34.2 前半1000m:60.0 勝ち馬コーナー通過:07-08-08-08 勝ち馬上り3F:33.3 2015(ドゥラメンテ:2.23.2) 12.7-10.9-11.8-11.7-11.7-12.5-12.5-12.4-12.4-11.9-11.0-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:47.0 3F:34.6 前半1000m:58.8 勝ち馬コーナー通過:08-08-08-07 勝ち馬上り3F:33.9 2014(ワンアンドオンリー:2.24.6) 12.5-10.6-11.8-12.2-12.5-12.1-12.7-13.6-12.2-11.6-11.1-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:34.…

この記事を読む

オークス回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■ゆったり入って、道中高い水準から→早仕掛けの展開 ■一定の持久力&末の持続力が問われた オークス結果 1ソウルスターリング2.24.1 34.1 03-04-02-02 2モズカッチャン2.24.4 34.1 06-06-06-05 3アドマイヤミヤビ2.24.8 33.9 13-13-13-12 4ディアドラ2.24.8 33.9 15-15-15-12 5リスグラシュー2.24.9 34.2 10-09-09-11 天候:晴 芝:良 上り4F:45.7 3F:34.1 前半1000m:61.7 12.7-11.6-12.8-12.6-12.0-12.3-12.3-12.1-11.6-11.3-11.2-11.6 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、スタート直後はゆったりと入って、その分道中が速く 流れる展開で、上がりは早い仕掛けから→最後まであまり落ちない形。 今回まず目に留まるのは"前半の遅さ"だが、その後の道中は例年と比較しても かなり高い水準…

この記事を読む

オークス展望(予想)2017

予想 桜花賞は、全馬が道中で脚を使い過ぎる特殊な展開になり、本来そこで強い はずのスケールの大きな馬たちが不発に終わったレース。 したがって今回の考え方としては、結果自体はスルーして、上位に評価した 馬たちを引き続き信頼する…というのがまずは基本。 そして、それらの馬を中心視しつつ、何だかんだの体力勝負…という部分で、 地の強さを備えた馬&距離延長して得をしそうな馬を、相手に加えた予想に してみたい。 ◎ソウルスターリング 桜花賞は、結果的に細かい脚が使える1400mで強いような馬が上位に入った 中で、フットワークの良いこの馬には少し忙しかったイメージ。 それでも崩れずに3着に粘ったことはむしろ強い…と思えるくらいで、そこで 負けたことで1.4倍→2倍台半ばのオッズになる今回は、妙味すら感じる。 ここの勝ち馬像からすると、位置取りが積極的になり過ぎる…というリスクは 一応あるが、今の馬場は内先行向きだし、そこまで気にする必要もなさそう。 もちろん中団の前辺りで、先行集団をじっくりと眺めるような競馬であれば、 おのずと結果はついてきそう。 …

この記事を読む

平安S展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 7.0-11.3-12.0-12.8-12.2-12.0-11.7-11.9-12.4-12.9 2015 7.0-11.1-11.3-12.8-12.6-11.9-11.7-12.0-12.2-12.5 2014 6.8-11.0-11.7-12.8-12.7-12.7-12.4-12.0-11.8-12.7 2013 7.0-10.7-11.0-12.6-12.9-13.2-12.9-12.1-12.0-12.5 ~東海S時代~ 2012 7.0-10.9-11.4-12.7-12.7-12.9-12.3-12.0-11.9-12.6 2011 6.7-11.7-11.6-12.4-12.1-12.1-11.8-11.7-11.4-12.2 2010 7.0-10.8-11.5-12.8-12.5-12.5-12.3-11.9-12.0-12.1 過去7年の平均ラップタイム 6.93-11.07-11.50-12.70-12.53-12.47-12.16-11.94-11.96-12.50 1.55.76 …

この記事を読む

オークス展望(ラップ傾向)2017

オークス過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2016(シンハライト:2.25.0) 12.3-10.7-12.1-12.3-12.4-12.5-12.9-12.6-12.7-11.4-11.5-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:47.2 3F:34.5 前半1000m:59.8 勝ち馬コーナー通過:15-14-13-14 勝ち馬上り3F:33.5 2015(ミッキークイーン:2.25.0) 12.5-10.6-12.5-13.0-12.7-12.6-12.5-11.9-11.9-11.3-11.6-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:46.7 3F:34.8 前半1000m:61.3 勝ち馬コーナー通過:12-12-09-09 勝ち馬上り3F:34.0 2014(ヌーヴォレコルト:2.25.8) 12.4-10.6-12.2-12.8-12.7-12.7-12.8-12.5-12.0-12.0-11.3-11.8 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:…

この記事を読む

ヴィクトリアマイル回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■スローからの→上がり勝負 ■切れが問われた ヴィクトリアマイル結果 1アドマイヤリード1.33.9 33.4 12-07 2デンコウアンジュ1.34.1 33.2 09-11 3ジュールポレール1.34.1 33.6 06-07 4スマートレイアー1.34.1 34.0 02-02 5ソルヴェイグ1.34.2 34.1 01-01 天候:曇 芝:稍重 上り4F:46.0 3F:33.8 前半4F:47.9 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半ゆったりと入って、道中もしっかりと緩む展開、 その後ラスト3Fで一気に加速して上がりが速くなった。 今回の特徴は、やはり(馬場を考えても)スローに流れたことで、過去最速に 近いレベルの上がりタイムを記録した。 当然適性的には切れが問われた格好で、脚質的にも前が優勢になった。 また今回の場合、前日の雨で渋った馬場からの回復途上…

この記事を読む

ヴィクトリアマイル展望(予想)2017

予想 土曜の競馬を見ると、コース替わりしても外が伸びるという印象だったが、 馬場が内から徐々に悪くなっていった…という部分もあるはずだし、日曜は 逆に、馬場が内から回復していき、傾向がガラリと変わる可能性もある。 正直これはもう当日の経緯を見守るしかない…。 外差し想定ならば、決め手のある中距離タイプを狙ってみるという手もあった のかも知れないが、その限りではない…と思える以上、決め打ちするのは危険 極まりない。 ⇒ここはやはり原点に立ち返って、中距離馬を疑いつつ、前半からしっかりと スピードに乗れるタイプを中心に考えたい。 ※今回の予想はとにかく時間が掛かった…。本命にしても、レッツゴードンキ →ミッキークイーン→ジュールポレール→スマートレイアーと4転する始末。 これで1分半であっさり不正解…とか言われるのだから残酷。 ◎スマートレイアー 昨年は、前半がかなり速くなって、展開としても仕掛けが早く溜めを効かせ られない中で、2(→3)番手からの厳しい競馬。 4着とは言え、(周りにいた馬はきっちり沈んでいるような)逆境の立場での …

この記事を読む

京王杯SC展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.4-11.1-11.1-11.5-10.9-11.2-11.4 34.6-33.5 2015 12.9-11.5-11.6-11.9-11.3-10.8-11.6 36.0-33.3 2014 12.6-10.5-10.6-11.0-11.3-11.4-12.3 33.7-35.0 2013 12.2-10.5-11.2-11.8-11.4-11.4-12.1 33.9-34.9 2012 12.2-10.6-11.4-11.7-11.3-11.3-11.6 34.2-34.2 2011 12.4-11.0-11.6-11.4-11.0-11.2-11.6 35.0-33.8 2010 12.6-10.9-11.1-11.3-11.1-10.9-11.9 34.6-33.9 2009 12.8-11.2-11.1-11.3-11.0-11.3-11.9 35.1-34.2 2008 12.4-11.2-11.1-11.5-11.2-11.9-11.5 34.7-34.6 2007 12.3-10.9-10.9-11.2-10…

この記事を読む

ヴィクトリアマイル展望(ラップ傾向)2017

ヴィクトリアマイル過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2016(ストレイトガール:1.31.5) 12.3-10.4-11.1-11.9-11.5-11.4-11.3-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:45.8 3F:34.3 前半4F:45.7 勝ち馬コーナー通過:11-10 勝ち馬上り3F:33.4 2015(ストレイトガール:1.31.9) 12.1-11.0-11.2-11.2-11.4-11.2-11.6-12.2 天候:晴 芝:良 上り4F:46.4 3F:35.0 前半4F:45.5 勝ち馬コーナー通過:05-05 勝ち馬上り3F:33.0 2014(ヴィルシーナ:1.32.3) 12.4-10.7-11.6-11.5-11.8-11.4-11.2-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:46.1 3F:34.3 前半4F:46.2 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:34.3 2013(ヴィルシーナ:1.32.4) 12…

この記事を読む

NHKマイルC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中の水準が高く→そこからしっかり加速する展開 ■総合力が問われた NHKマイルC結果 1アエロリット1.32.3 34.3 02-02 2リエノテソーロ1.32.5 34.0 09-09 3ボンセルヴィーソ1.32.9 35.0 01-01 4レッドアンシェル1.32.9 34.2 10-10 5オールザゴー1.33.0 34.4 10-10 6タイムトリップ1.33.0 34.6 07-07 天候:曇 芝:良 上り4F:46.2 3F:34.4 前半4F:46.1 12.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.8 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、スタート直後はそれほどでもなかったが、その後が なかなかスピードの落ちない展開になり、結果的に前半~道中は水準が高い。 そこから勝負所でしっかり加速しつつ→上がりもあまり止まらない形。 今回の場合、馬場が速く、レース全体としても前後半のラップがほぼイーブン にな…

この記事を読む

新潟大賞典展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.6-11.3-11.5-11.9-12.2-11.9-11.6-11.5-10.8-12.5 2015 13.1-12.1-12.0-11.9-12.4-12.4-11.8-11.5-10.9-11.5 2014 12.9-11.6-11.9-12.2-12.5-12.2-11.8-11.5-10.8-11.8 2013 12.4-10.7-11.3-11.7-11.9-11.9-11.9-11.9-11.1-12.1 2012 12.6-11.2-11.5-11.5-12.2-12.2-11.9-11.7-11.5-12.7 2011 12.6-11.2-11.8-11.6-12.1-12.1-11.9-11.7-11.2-12.2 2010 12.3-10.9-11.3-11.3-12.4-12.4-12.1-12.3-11.0-11.7 2009 12.9-11.0-11.0-11.3-12.0-12.3-12.1-11.8-11.0-11.5 2008 12.6-11.4-11.5-12.3-12.9-12.9-12.…

この記事を読む

NHKマイルC展望(予想)2017

予想 さすがにメンバーが薄く感じる部分はあって、だからこそのカラクレナイの 1番人気ということなのだろうが、持続型の展開しか経験しておらず、しかも 追い込み一手という馬が府中マイルで勝つものなのか…。 (個人的な考えでは)一応は1頭真っ当に強い馬がいて、いくら弱いと言われ 続けてきた牡馬でも、ここまで来ればそれなりの裏付けを持っている馬もいる 中で、とりあえずそのオッズには挑戦してみたい感覚になる。 ◎アエロリット 個人的な桜花賞の捉え方として、逃げ馬以外が道中で脚を使い過ぎたことに よる展開のアヤ(持続力に寄り過ぎた)…という前提がまずはある。 その時上位に評価した3頭は、負けを度外視して、オークスでも高い評価に するつもりだったので、その一角がここに出走となれば当然上に扱いたい。 元々フットワークのいい馬で、スピードに寄った決着になってもここでは問題 ないし、単純に前走のような位置取りにさえならなければ…というだけ。 2週連続で外枠の馬をゴリ押しして失敗となれば、相当残念な感じになるが、 現時点で本当に強いと思っているのはこの馬だけなのだ…

この記事を読む

京都新聞杯展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイム 2016 12.4-11.1-12.6-12.3-12.4-12.3-12.8-12.2-11.8-10.8-11.9 2015 12.3-10.7-12.2-12.1-12.1-12.6-12.5-11.9-11.4-11.9-11.6 2014 12.2-10.3-11.6-11.6-12.0-12.5-12.5-12.1-12.8-11.6-11.8 2013 12.2-10.4-12.3-12.0-12.3-12.3-12.6-12.3-12.1-11.8-12.0 2012 12.2-10.6-11.4-11.7-12.1-12.8-12.5-11.9-11.3-11.5-12.0 2011 12.5-11.0-12.3-12.4-12.4-13.2-13.1-12.3-11.2-11.3-11.8 2010 12.4-11.1-12.4-11.6-12.4-13.3-12.8-12.1-11.7-11.5-11.5 2009 12.6-11.2-12.3-12.5-12.4-13.0-12.6-11.8-11.3-11.5-11.8…

この記事を読む

NHKマイルC展望(ラップ傾向)2017

NHKマイルC過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2016(メジャーエンブレム:1.32.8) 12.3-10.7-11.3-11.7-11.7-11.3-11.5-12.3 天候:晴 芝:良 上り4F:46.8 3F:35.1 前半4F:46.0 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:35.1 2015(クラリティスカイ:1.33.5) 12.4-11.1-11.8-11.9-12.1-11.1-11.3-11.8 天候:晴 芝:良 上り4F:46.3 3F:34.2 前半4F:47.2 勝ち馬コーナー通過:05-05 勝ち馬上り3F:33.9 2014(ミッキーアイル:1.33.2) 12.0-11.0-11.6-12.0-11.8-11.3-11.5-12.0 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:34.8 前半4F:46.6 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:34.8 2013(マイネルホウオウ:1.32.7) …

この記事を読む

天皇賞春回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的に)道中高い水準で進み→上がりは早仕掛けの展開 ■相当に高い持久力&持続力が問われた 天皇賞春結果 1キタサンブラック3.12.5 35.3 02-02-02-01 2シュヴァルグラン3.12.7 35.2 05-05-04-03 3サトノダイヤモンド3.12.7 35.0 07-07-07-05 4アドマイヤデウス3.12.8 35.2 03-03-04-03 5アルバート3.13.3 35.3 09-09-10-08 天候:晴 芝:良 上り4F:47.7 3F:35.5 4F毎ラップ:46.9-47.6-50.3-47.7 12.9-11.5-11.2-11.3-11.4-11.6-11.6-13.0-12.5-12.7-12.6-12.5-12.2-11.6-11.7-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、スタート~1コーナーまでが極端に速い流れになり、 その後の道中は展開としては一旦落ち着いて、勝負所でしっかりと加速しつつ →最後は右…

この記事を読む