桜花賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中がかなり厳しくなり→上がりは完全に右肩下がりの展開 ■持久力&持続力(&コーナリングの効率)が問われた 桜花賞結果 1レーヌミノル1.34.5 35.4 04-04 2リスグラシュー1.34.6 35.3 09-08 3ソウルスターリング1.34.6 35.4 06-05 4カラクレナイ1.34.7 35.0 15-14 5アエロリット1.34.7 35.0 14-14 天候:曇 芝:稍重 上り4F:48.0 3F:36.2 前半4F:46.5 12.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.8 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、(馬場を考えると)前半相当に速く、道中も締まった 展開になり、勝負所で少しだけ加速しつつ→直線は完全に右肩下がりの形。 とにかく今回は(自分の中で)腑に落ちるまで時間が掛かったが、「ラップ ⇔各馬の位置取り&動き」をしっかりチェックしてやっと見えてきた。 そして結論から言うと、今回の場…

この記事を読む