大阪杯回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的に)前半ミドルペースで→道中~上がりがフラットな展開 ■持続力が問われた 大阪杯結果 1キタサンブラック1.58.9 34.3 04-03-03-02 2ステファノス1.59.0 34.2 05-05-04-04 3ヤマカツエース1.59.1 33.8 10-10-09-07 4マカヒキ1.59.3 33.9 11-12-13-10 5アンビシャス1.59.3 33.6 13-13-14-13 6サトノクラウン1.59.3 34.2 05-05-06-05 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:35.3 前半1000m:59.6 12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半まずまず速いペースで流れて、道中も淀みのない フラットな展開、その後ラスト4Fから加速して→最後もそれ程落ちない形。 もちろんこれは1頭が少し離した逃げで作ったラップで、2番手…

この記事を読む