高松宮記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■やや速い前半から、後半も止まり過ぎない展開 ■一定の持久力&持続力が問われた 高松宮記念結果 1セイウンコウセイ1.08.7 34.5 04-04 2レッツゴードンキ1.08.9 33.9 13-12 3レッドファルクス1.09.0 34.6 08-06 4ティーハーフ1.09.3 34.6 11-09 5フィエロ1.09.3 34.1 15-15 天候:小雨 芝:稍重 上り4F:46.1 3F:34.9 前半3F:33.8 12.3-10.3-11.2-11.4-11.3-12.2 レースラップ分析 ラップタイムを見ると、前半が少し速くなり、道中~勝負所はほとんど一定の スピードを保って流れつつ→ラスト1Fだけ落ちるという形。 今回の場合、スタートしてしばらくはある程度流れた格好で、前後半で言えば しっかり前傾になっているので、一定の持久力が問われたことは確か。 ただしその"度合い"は、過去のレースと比べてそれ程高い訳ではなく、ラップ 自体もこのコー…

この記事を読む