高松宮記念展望(予想)2017

予想 昨年は超高速馬場が意識されてかなりのハイペースになったが、今年の馬場は そこまでではないし、メンバー的にもあまり速くなる要素はないので、以前の (持続力&決め手という)高松宮記念に戻りそう。⇒後半重視で。 ◎レッドファルクス スプリンターズSでは、前半でそれなりに脚を使う形から→しっかりとした 決め手を発揮して、その時のパフォーマンスはとりあえずここでは抜けている 扱いになるし、同舞台のCBC賞でも、究極的な決め手を使ったハイレベルな 裏付けがある馬なので、適性的にも当然はまる。 前走が(個人的に)この手のタイプこそ香港スプリントに合う…と思っていた 中で何も出来なかった内容なので、そこだけが少し引っ掛かるが、今回の薄い メンバー構成ならば…目を瞑りたい。 ○セイウンコウセイ この2戦は、一応フラットに近い展開にしっかりとつき合いつつ→まずまずの 上がりの脚を使って好走した格好で、とりあえずそれらの内容はこの舞台に 十分つながって良さそう。 決め手の部分で、あと1つ上の内容を示していたら本命まで考えたのだが…、 そこは断念。 それでも…

この記事を読む