チューリップ賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半かなり速く、道中一旦落ち着いて→しっかりと加速する展開 ■一定の持久力&切れが問われた チューリップ賞結果 1ソウルスターリング1.33.2 33.8 05-05 2ミスパンテール1.33.5 33.7 10-09 3リスグラシュー1.33.6 33.9 08-07 4ミリッサ1.33.7 34.1 07-07 5カワキタエンカ1.33.8 34.7 04-03 天候:晴 芝:良 上り4F:46.8 3F:34.6 前半4F:46.4 12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、道中は一旦落ち着く展開で、 その後ラスト3Fで一気に加速して→最後までそれ程落ちない形。 今回の特徴は、まずはやはり前半の速さで、そこでしっかりと引っ張られた ことで、当然一定以上の持久力が問われたはず。 道中に関しては、この週は全体的に時計が出ていたことを考えれば、少し緩め くらい…

この記事を読む