ダイヤモンドS展望(ラップ傾向&予想)2017

過去の(長いので変則)ラップタイムを調べると以下の通り。 2016 38.2-37.9-40.4-38.6-13.0-12.6-11.7-12.6-12.8 2015 37.5-37.0-40.6-37.4-12.2-12.0-11.4-11.8-12.0 2014 38.7-37.1-36.7-36.8-12.6-12.3-11.6-11.9-12.5 2013 35.1-37.4-39.2-39.6-12.3-12.0-11.8-12.0-12.5 2012 37.6-39.1-40.8-40.5-12.2-11.4-11.2-11.5-12.5 2011 38.1-37.2-37.9-38.6-12.6-12.2-11.3-11.9-12.1 2010 37.8-38.0-39.1-37.2-12.5-12.1-11.2-12.1-12.6 2009 36.2-36.1-37.4-38.4-12.2-12.0-11.9-11.9-13.3 2008 38.1-37.0-40.3-37.9-12.4-12.0-11.6-11.5-12.8 2007 36.…

この記事を読む

京都牝馬S展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.4-11.3-11.5-11.7-11.5-12.1-12.4 過去のラップタイム 傾向(過去記事の一部修正) 条件が変更されてまだ1回の開催で、その昨年が道悪のレースだったため、 さすがにはっきりしたことは言えない。 それでも、その昨年ですら道中のラップがあまり落ちない形にはなっていて、 このコースらしく、基本はスピード持続力…という点に変わりはなさそう。 したがって、まずはそこに重点を置きつつ、今の荒れ馬場をこなせるような パワー(地脚の強さ)も兼ね備えているタイプを中心に考えたい。 好走の条件 ・スピード持続力があること 予想 ◎レッツゴードンキ 元々地力は当然高いものを示していた馬だし、問題になっていた抑え切れない スピードも、距離短縮&脚質転換によって見事に活かせるようになった。 それ以降は(9着のスプリンターズSも含め)安定して高いパフォーマンスを 発揮していて、持続力もしっかりとしたものを示しているし、パワーという 点でも、今の条…

この記事を読む