クイーンC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中がある程度流れて→そこからしっかりと加速する展開 ■持久力&切れが問われた クイーンC結果 1アドマイヤミヤビ1.33.2 33.6 08-06 2アエロリット1.33.3 33.9 06-03 3フローレスマジック1.33.6 34.1 08-06 4レーヌミノル1.33.7 34.6 01-01 5ハナレイムーン1.33.8 34.0 11-10 天候:晴 芝:良 上り4F:46.4 3F:34.1 前半4F:46.8 12.3-11.1-11.4-12.0-12.3-11.3-11.2-11.6 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半からある程度速く流れて、その後もなかなか スピードが落ちない展開。その後コーナーで一旦落ち着きつつ→ラスト3Fで しっかりと加速して、最後も速いスピードを保ったままゴールを迎えた形。 今回の特徴は、まずは前半~道中の水準の高さで、そこである程度しっかりと 引っ張られたことで、一定の持久力は当然問われ、脚質的にもや…

この記事を読む

京都記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的には)平均に近い流れからの→持続型上がり勝負 ■一定の持久力&末脚の持続力が問われた 京都記念結果 1サトノクラウン2.14.1 34.9 03-03-03-03 2スマートレイアー2.14.3 34.8 04-04-04-04 3マカヒキ2.14.3 34.9 05-05-05-04 4ミッキーロケット2.14.4 34.5 08-08-08-08 5アングライフェン2.14.4 34.7 07-07-07-06 天候:晴 芝:稍重 上り4F:48.4 3F:36.0 前半1000m:60.2 13.0-11.5-11.9-11.8-12.0-12.6-12.9-12.4-12.3-11.9-11.8 レース詳細 ラップタイムを見ると、スタート直後からある程度速く、しばらくは全く緩ま ない流れ。その後上り坂辺りで一旦落ち着いて→そこからゴールまでジワジワ 加速していく展開。 もちろんこれは1頭が飛ばして作った展開だが、後続に関しても前半~道中で そ…

この記事を読む