きさらぎ賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半&道中が平均~平均強の流れから→直線でしっかり加速する展開 ■一定の持久力&切れが問われた きさらぎ賞結果 1アメリカズカップ1.50.1 35.9 03-03 2サトノアーサー1.50.4 36.0 05-06 3ダンビュライト1.50.4 36.1 05-04 4プラチナヴォイス1.50.6 36.6 02-01 5エスピリトゥオーゾ1.50.9 36.2 07-07 天候:曇 芝:重 上り4F:48.5 3F:36.1 前半1000m:61.6 12.9-11.6-12.0-12.5-12.6-12.4-12.2-11.7-12.2 レース詳細 ラップタイムを見ると、馬場を考えれば前半&道中ともに平均~平均強といった くらいの流れで、勝負所はじっくり→直線でしっかり加速する展開。 今回は少頭数ではあったが、重馬場ということを考慮すれば、平均的な水準では しっかり流れているので、とりあえず一定の持久力が問われたことは確か。 当然、実力馬が自然と浮上す…

この記事を読む