阪急杯展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.1-10.5-11.2-11.4-11.2-11.4-12.1 33.8-34.7 2015 12.2-11.1-11.6-12.1-11.7-12.1-13.0 34.9-36.8 2014 12.2-10.7-10.9-11.1-11.2-11.8-12.8 33.8-35.8 2013 12.4-10.9-11.1-11.2-11.6-11.6-12.2 34.4-35.4 2012 12.1-10.3-11.3-12.1-11.9-11.8-12.5 33.7-36.2 2011 12.0-10.2-11.0-11.6-11.7-11.5-12.1 33.2-35.3 2010 12.3-11.2-11.5-11.2-11.3-11.5-12.4 35.0-35.2 2009 12.2-10.6-11.3-11.6-11.7-11.6-12.1 34.1-35.4 2008 12.4-11.1-11.2-11.4-11.2-11.4-12.0 34.7-34.6 2007 12.2-10.8-1…

この記事を読む

中山記念展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.6-12.0-11.9-11.6-11.3-11.6-12.0-11.1-11.8 2015 13.1-12.2-12.2-12.3-12.1-12.3-12.2-11.7-12.2 2014 13.0-12.2-12.1-12.2-11.6-11.8-12.3-12.1-12.5 2013 12.9-11.8-11.5-11.3-11.1-11.4-12.0-12.0-13.3 2012 12.8-11.8-11.4-11.4-11.3-11.6-11.8-12.0-13.2 2011 12.8-11.5-12.0-12.2-11.6-11.4-11.7-11.1-11.7 2010 12.6-11.7-12.3-12.2-12.1-12.6-12.6-12.8-12.8 2009 13.1-12.1-12.5-12.1-12.1-12.2-12.0-11.3-11.8 2008 12.6-11.5-12.0-11.8-11.8-12.3-12.2-11.5-11.6 2007 12.9-11.7-1…

この記事を読む

アーリントンC展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.4-10.6-11.4-12.3-12.4-11.4-11.3-12.3 2015 12.7-11.2-11.7-12.5-12.7-11.9-11.1-12.1 2014 12.6-11.1-11.5-11.5-12.1-11.6-11.1-12.5 2013 12.6-11.3-12.0-12.4-12.4-11.4-10.9-11.8 2012 12.9-11.5-12.1-12.2-12.4-11.7-11.2-12.3 2011 12.6-10.8-12.0-11.9-11.8-11.5-11.2-12.4 2010 12.6-11.3-12.4-12.1-11.2-11.1-11.4-12.7 2009 12.7-10.8-11.3-12.0-12.4-12.1-11.8-12.5 2008 12.8-11.0-11.4-11.5-11.7-11.7-11.3-13.2 2007 12.6-11.4-11.5-11.5-11.9-11.3-11.5-12.2 過去10年の平均ラップタイ…

この記事を読む

フェブラリーS回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半かなり速く→道中で一旦溜めて→しっかりと加速する展開 ■持久力&切れが問われた フェブラリーS結果 1ゴールドドリーム1.35.1 35.6 09-08 2ベストウォーリア1.35.1 35.7 08-06 3カフジテイク1.35.2 34.9 14-16 4エイシンバッケン1.35.4 35.4 13-15 5ニシケンモノノフ1.35.6 36.4 02-02 天候:晴 ダート:良 上り4F:48.9 3F:36.1 前半4F:46.2 12.1-10.5-11.4-12.2-12.8-11.8-12.0-12.3 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半かなり速い流れになり、4コーナー手前で一旦 しっかりと落ち着く展開。その後一気に加速しつつ→直線は右肩下がりの形。 今回の特徴は、まずは前半の速さで、単純にそのスピードへの対応が問われる とともに、後半部分ではしっかりと持久力が試される形になった。 また前半で少し縦長になった分、コーナー部分でしっか…

この記事を読む

小倉大賞典展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.4-11.2-11.9-12.0-11.9-12.0-11.5-11.7-12.1 2015 12.3-11.2-12.4-12.1-11.7-11.7-12.0-12.2-12.7 2014 12.5-11.2-12.2-12.2-11.3-11.3-11.4-11.4-11.8 2013 12.6-11.3-12.4-12.0-11.7-11.2-11.5-11.8-11.9 2012 12.3-11.6-12.0-11.5-11.4-11.6-11.7-11.9-12.3 2011 12.2-10.9-11.9-11.7-11.7-11.7-11.6-11.8-11.8 2010 12.1-10.7-12.0-11.8-11.7-11.8-12.3-12.3-12.5(中京開催) 2009 12.4-10.5-12.1-11.7-11.7-11.6-11.7-11.4-11.8 2008 12.2-11.4-12.2-11.9-12.1-12.0-11.8-11.9-12.2 2007 12.4-…

この記事を読む

フェブラリーS展望(予想)2017

予想 どの馬も何かしら目をつぶらなければならないところがあるし、(状態などを 含めて考えると)あまり差のないメンバー構成。 ただし勝ち切るのに必要な"勝負所での反応"…という点で考えると、意外と 候補は多くない印象。 ◎ゴールドドリーム 前走は、スタートで立ち遅れて、すぐに脚を使ってポジションを取りに行った 形で、そこからさらに向こう正面でジワジワ押し上げていく…という競馬。 ただでさえ超高速の道中でその内容なので、最後苦しくなって当然で、これは 普通に度外視していいはず。 それを除けば、ユニコーンS(こちらは成長分込みの評価だが)&武蔵野Sの パフォーマンスは、それぞれ切れor持続力という点での十分な裏付けになって いて、ここを勝ち切る資格はしっかり備えていそう。 ○ベストウォーリア 前走は、中団辺りにいた馬には溜めづらい展開で、位置取り的には一応逆境の 立場だったが、それでも直線でしっかりとした脚を使って浮上して、改めて その地力の高さを示した格好。 基本的には持続力の方に寄ったタイプで、"切れ"という部分で勝ち切れるか どうかは微妙だ…

この記事を読む

ダイヤモンドS展望(ラップ傾向&予想)2017

過去の(長いので変則)ラップタイムを調べると以下の通り。 2016 38.2-37.9-40.4-38.6-13.0-12.6-11.7-12.6-12.8 2015 37.5-37.0-40.6-37.4-12.2-12.0-11.4-11.8-12.0 2014 38.7-37.1-36.7-36.8-12.6-12.3-11.6-11.9-12.5 2013 35.1-37.4-39.2-39.6-12.3-12.0-11.8-12.0-12.5 2012 37.6-39.1-40.8-40.5-12.2-11.4-11.2-11.5-12.5 2011 38.1-37.2-37.9-38.6-12.6-12.2-11.3-11.9-12.1 2010 37.8-38.0-39.1-37.2-12.5-12.1-11.2-12.1-12.6 2009 36.2-36.1-37.4-38.4-12.2-12.0-11.9-11.9-13.3 2008 38.1-37.0-40.3-37.9-12.4-12.0-11.6-11.5-12.8 2007 36.…

この記事を読む

京都牝馬S展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.4-11.3-11.5-11.7-11.5-12.1-12.4 過去のラップタイム 傾向(過去記事の一部修正) 条件が変更されてまだ1回の開催で、その昨年が道悪のレースだったため、 さすがにはっきりしたことは言えない。 それでも、その昨年ですら道中のラップがあまり落ちない形にはなっていて、 このコースらしく、基本はスピード持続力…という点に変わりはなさそう。 したがって、まずはそこに重点を置きつつ、今の荒れ馬場をこなせるような パワー(地脚の強さ)も兼ね備えているタイプを中心に考えたい。 好走の条件 ・スピード持続力があること 予想 ◎レッツゴードンキ 元々地力は当然高いものを示していた馬だし、問題になっていた抑え切れない スピードも、距離短縮&脚質転換によって見事に活かせるようになった。 それ以降は(9着のスプリンターズSも含め)安定して高いパフォーマンスを 発揮していて、持続力もしっかりとしたものを示しているし、パワーという 点でも、今の条…

この記事を読む

フェブラリーS展望(ラップ傾向)2017

フェブラリーS過去10年のラップタイム ラップタイムからこのレースの傾向を探ってみたい。 2016(モーニン:1.34.0) 12.2-10.8-11.1-12.0-12.3-11.9-11.6-12.1 天候:晴 ダート:重 上り4F:47.9 3F:35.6 前半4F:46.1 勝ち馬コーナー通過:04-04 勝ち馬上り3F:35.2 2015(コパノリッキー:1.36.3) 12.3-10.6-11.4-12.6-13.1-12.3-11.5-12.5 天候:曇 ダート:良 上り4F:49.4 3F:36.3 前半4F:46.9 勝ち馬コーナー通過:02-02 勝ち馬上り3F:36.2 2014(コパノリッキー:1.36.0) 12.4-11.3-11.8-12.5-12.6-12.0-11.5-11.9 天候:晴 ダート:良 上り4F:48.0 3F:35.4 前半4F:48.0 勝ち馬コーナー通過:02-02 勝ち馬上り3F:35.3 2013(グレープブランデー:1.35.1) 12.…

この記事を読む

クイーンC回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半~道中がある程度流れて→そこからしっかりと加速する展開 ■持久力&切れが問われた クイーンC結果 1アドマイヤミヤビ1.33.2 33.6 08-06 2アエロリット1.33.3 33.9 06-03 3フローレスマジック1.33.6 34.1 08-06 4レーヌミノル1.33.7 34.6 01-01 5ハナレイムーン1.33.8 34.0 11-10 天候:晴 芝:良 上り4F:46.4 3F:34.1 前半4F:46.8 12.3-11.1-11.4-12.0-12.3-11.3-11.2-11.6 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半からある程度速く流れて、その後もなかなか スピードが落ちない展開。その後コーナーで一旦落ち着きつつ→ラスト3Fで しっかりと加速して、最後も速いスピードを保ったままゴールを迎えた形。 今回の特徴は、まずは前半~道中の水準の高さで、そこである程度しっかりと 引っ張られたことで、一定の持久力は当然問われ、脚質的にもや…

この記事を読む

京都記念回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■(実質的には)平均に近い流れからの→持続型上がり勝負 ■一定の持久力&末脚の持続力が問われた 京都記念結果 1サトノクラウン2.14.1 34.9 03-03-03-03 2スマートレイアー2.14.3 34.8 04-04-04-04 3マカヒキ2.14.3 34.9 05-05-05-04 4ミッキーロケット2.14.4 34.5 08-08-08-08 5アングライフェン2.14.4 34.7 07-07-07-06 天候:晴 芝:稍重 上り4F:48.4 3F:36.0 前半1000m:60.2 13.0-11.5-11.9-11.8-12.0-12.6-12.9-12.4-12.3-11.9-11.8 レース詳細 ラップタイムを見ると、スタート直後からある程度速く、しばらくは全く緩ま ない流れ。その後上り坂辺りで一旦落ち着いて→そこからゴールまでジワジワ 加速していく展開。 もちろんこれは1頭が飛ばして作った展開だが、後続に関しても前半~道中で そ…

この記事を読む

京都記念展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 13.0-12.0-13.0-13.0-12.6-12.7-12.4-12.3-12.1-12.1-12.5 2015 12.8-11.4-12.6-12.3-12.1-12.2-12.4-11.7-11.4-11.0-11.6 2014 13.3-11.8-13.2-12.9-12.5-12.9-13.0-12.2-11.5-11.0-11.7 2013 12.6-11.4-12.6-12.8-12.4-11.9-12.2-12.0-11.8-11.3-11.5 2012 12.6-11.7-12.0-12.0-12.0-12.2-12.4-12.0-11.3-11.8-12.4 2011 12.6-11.3-13.2-12.5-12.2-12.9-12.4-12.0-12.0-11.2-11.6 2010 12.7-11.2-12.6-13.1-12.6-13.0-12.9-11.9-11.7-11.4-11.3 2009 12.4-11.3-12.4-12.1-12.5-12.9-12.8-12.2-11.…

この記事を読む

共同通信杯展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.7-11.3-11.8-12.1-12.1-11.8-11.5-11.8-12.3 2015 12.7-11.1-11.4-12.2-12.6-12.6-11.8-11.0-11.7 2014 13.0-11.6-12.1-12.6-12.9-12.5-10.9-10.9-11.6 2013 13.0-11.2-11.8-12.1-12.1-11.8-11.3-11.2-11.5 2012 12.9-11.9-12.5-12.8-12.5-12.1-10.9-11.0-11.7 2011 13.1-11.5-12.2-12.4-12.4-12.5-11.3-11.1-12.0 2010 12.8-11.1-12.3-12.8-12.6-12.4-11.7-11.2-11.3 2009 12.4-11.5-11.7-12.2-12.6-12.0-11.6-11.6-11.7 2008 12.5-10.6-10.8-11.9-12.7-13.0-12.2-11.5-12.4 2007 13.1-11.4-1…

この記事を読む

クイーンC展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.2-11.6-11.9 2015 12.4-11.2-11.5-11.8-12.0-11.4-11.5-12.2 2014 12.5-11.5-12.0-12.5-12.5-11.3-11.5-11.9 2013 12.6-11.4-12.0-12.3-12.0-11.2-11.1-12.0 2012 12.6-11.6-12.4-13.1-13.0-11.5-11.0-11.4 2011 12.3-11.1-11.7-12.3-12.8-11.7-11.2-12.3 2010 12.4-11.0-11.6-12.1-12.1-11.7-11.4-12.1 2009 12.6-11.1-12.2-12.5-12.4-11.4-11.5-12.0 2008 12.6-11.0-11.7-12.3-12.6-11.4-11.7-12.2 2007 12.5-11.0-11.6-12.0-12.3-11.4-12.0-11.7 過去10年の平均ラップタイ…

この記事を読む

きさらぎ賞回顧(ラップ分析)2017

レース総括 ■前半&道中が平均~平均強の流れから→直線でしっかり加速する展開 ■一定の持久力&切れが問われた きさらぎ賞結果 1アメリカズカップ1.50.1 35.9 03-03 2サトノアーサー1.50.4 36.0 05-06 3ダンビュライト1.50.4 36.1 05-04 4プラチナヴォイス1.50.6 36.6 02-01 5エスピリトゥオーゾ1.50.9 36.2 07-07 天候:曇 芝:重 上り4F:48.5 3F:36.1 前半1000m:61.6 12.9-11.6-12.0-12.5-12.6-12.4-12.2-11.7-12.2 レース詳細 ラップタイムを見ると、馬場を考えれば前半&道中ともに平均~平均強といった くらいの流れで、勝負所はじっくり→直線でしっかり加速する展開。 今回は少頭数ではあったが、重馬場ということを考慮すれば、平均的な水準では しっかり流れているので、とりあえず一定の持久力が問われたことは確か。 当然、実力馬が自然と浮上す…

この記事を読む

東京新聞杯展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.7-11.4-11.9-12.4-12.2-11.2-11.0-11.3 2015 12.7-11.7-11.9-12.0-12.2-11.8-11.3-12.1 2014 12.4-10.7-11.1-11.9-12.0-11.3-11.5-12.3 2013 12.4-11.1-12.0-12.1-11.8-11.2-11.0-11.3 2012 12.5-11.0-11.6-11.8-11.7-11.1-11.3-11.8 2011 12.3-10.5-11.3-11.5-11.9-11.4-11.7-11.9 2010 12.3-11.1-11.4-11.8-11.6-11.0-11.2-11.7 2009 12.5-11.0-11.5-12.2-12.2-12.2-12.4-12.9 2008 12.4-11.0-11.6-11.5-11.2-11.5-11.7-11.9 2007 12.5-10.8-11.5-11.7-11.8-11.3-11.1-12.0 過去10年の平均ラップタイ…

この記事を読む

きさらぎ賞展望(ラップ傾向&予想)2017

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2016 12.9-10.8-11.8-12.0-12.3-12.2-11.7-11.9-11.3 2015 13.0-11.6-11.7-12.6-12.7-12.1-11.7-11.6-11.6 2014 13.0-11.5-11.3-11.6-12.5-12.2-11.9-11.6-12.0 2013 12.8-11.6-12.2-13.0-12.6-12.2-11.7-10.9-11.9 2012 13.1-11.5-11.9-12.5-12.7-11.6-11.3-11.3-11.1 2011 12.4-11.3-11.6-12.4-12.5-12.0-11.3-11.8-12.3 2010 12.8-11.1-11.4-12.3-12.8-12.4-12.0-11.7-12.1 2009 13.0-11.5-11.9-12.7-12.6-12.2-11.8-11.1-12.1 2008 12.8-11.0-12.3-12.5-12.2-12.1-12.1-11.8-12.0 2007 12.8-11.3-1…

この記事を読む