2016年的中率&回収率

(多少のマイナーチェンジはありつつも)一応現在のツールが確立されてからの 8年目・2016年の成績を振り返ってみたい。 ※( )内は2009~2015年の平均との比較 印勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率 ◎22(±0)44(+8)54(+6)85(-15)91(-2) ○11(-4)21(-8)33(-6)62(-45)62(-25) ▲14(+3)29(+9)35(+4)125(+58)76(+4) 注12(+3)19(-3)29(-1)66(-12)56(-23) 券種的中率回収率 ◎○馬連4(-4)33(-113) ◎○ワイド15(-3)64(-47) ◎→○▲注馬連流し21(+4)80(-21) (期間:1/10~12/25、レース数:126、中央のみ) 上半期のみ 印勝率連率複率単回複回 ◎2144569897 ○1124308760 ▲13293813187 注1322277558 券種的中率回収率 ◎○馬連543 ◎○ワイド1453 ◎→○▲注馬連流し21…

この記事を読む

有馬記念回顧

レース総括 ■平均ペース(有馬記念水準)からの→ロングスパート戦 ■高い持久力&持続力が問われた 有馬記念結果 1サトノダイヤモンド2.32.6 35.5 04-03-03-03 2キタサンブラック2.32.6 35.8 02-02-02-02 3ゴールドアクター2.32.7 35.7 03-03-03-03 4ヤマカツエース2.32.9 35.1 09-10-13-12 5ミッキークイーン2.33.0 35.8 09-09-06-06 6シュヴァルグラン2.33.1 35.7 11-10-08-05 天候:晴 芝:良 上り4F:47.6 3F:35.9 6.8-11.3-12.0-11.9-12.1-13.4-12.8-12.9-11.8-11.7-12.1-11.7-12.1 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半はミドルペースで入って、道中は1~2コーナーで 一旦落ち着く形ではあるものの水準としては平均的な流れになり、その後向こう 正面で一気にペースアップして→(多少の緩…

この記事を読む

ホープフルS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.5-11.5-12.6-12.7-12.8-12.2-12.2-12.1-11.5-11.7 2014 12.8-10.9-12.5-12.8-12.5-11.8-12.7-12.5-11.6-11.8 ~OP時代~ 2013 12.7-11.3-12.1-12.3-12.2-11.9-12.1-12.3-12.4-12.7 2012 12.5-11.0-12.0-12.5-12.8-12.3-12.6-12.1-11.7-12.1 2011 12.2-10.8-12.2-12.9-13.1-12.4-12.8-12.0-11.1-11.9 2010 12.2-11.0-11.7-12.7-12.6-12.7-12.6-11.7-11.5-11.7 2009 12.2-11.7-12.0-12.2-12.4-13.3-13.0-12.2-11.4-11.8 2008 12.2-11.0-12.1-12.7-12.3-11.9-12.6-12.4-11.2-12.0 2007 12.7-11.8-13…

この記事を読む

有馬記念展望

予想 とにかく今年はキタサンブラック。 勝負に行った馬が潰れる事態まであるかも知れない…という雰囲気。 勝負に行かない、もしくは行けないタイプの馬が浮上する可能性まで考慮して おきたい。 (当然だが)モーリスがいないのであれば、もう祭りでいい。 ◎キタサンブラック まずは今年1年を振り返っておくと、天皇賞では、それまで(古馬レベルでの) 地力の裏付けを示していなかった中でしっかりと持久力を示し、宝塚記念では、 (マイル~中距離的な)負荷が掛かる展開への対応を示して好走。 そしてジャパンCでは、ついに東京の切れ勝負まで完勝して、"展開に依らず"に ここを勝ち切る準備は整った…という印象。 今回マルターズアポジーを行かせるにしても、自ら展開を引っ張るにしても、 勝負所では武豊Jも自信を持って押し上げて行けるだろうし、そうなれば他の 馬がつけ入るような隙はなかなか無さそうに思える。 さらには1番枠まで確保。こんなことがあっていいのか?完勝でもいい。 ○シュヴァルグラン 阪神大賞典や天皇賞で示した持久力と、オリオンSの超ロングスパート戦を完勝 した…

この記事を読む

阪神C展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.5-11.1-11.2-11.8-11.3-11.7-11.8 34.8-34.8 2014 12.0-11.4-10.9-11.2-11.2-11.6-12.4 34.3-35.2 2013 12.4-11.0-11.6-11.6-11.3-11.5-12.0 35.0-34.8 2012 12.3-10.8-11.2-11.2-11.5-11.6-12.4 34.3-35.5 2011 12.2-10.7-11.1-11.4-11.4-11.9-11.8 34.0-35.1 2010 12.4-11.1-11.1-11.2-11.3-11.4-11.8 34.6-34.5 2009 12.1-10.6-11.0-11.4-11.2-12.0-12.1 33.7-35.3 2008 12.3-10.9-11.0-11.6-11.5-11.8-12.5 34.2-35.8 2007 12.2-10.9-11.3-11.6-11.2-11.3-12.1 34.4-34.6 2006 12.3-10.6-1…

この記事を読む

有馬記念の傾向

有馬記念過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2015(ゴールドアクター:2.33.0) 7.0-11.7-12.2-12.5-12.7-12.8-12.6-12.6-12.0-11.9-11.5-11.3-12.2 天候:曇 芝:良 上り4F:46.9 3F:35.0 勝ち馬コーナー通過:03-03-05-03 勝ち馬上り3F:34.8 2014(ジェンティルドンナ:2.35.3) 7.0-11.8-12.3-12.6-12.5-13.6-13.2-13.0-12.3-12.4-11.5-11.2-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:47.0 3F:34.6 勝ち馬コーナー通過:03-03-03-02 勝ち馬上り3F:34.1 2013(オルフェーヴル:2.32.3) 6.9-11.1-12.3-11.6-12.4-12.8-12.4-12.0-11.8-12.3-12.6-11.8-12.3 天候:晴 芝:良 上り4F:49.0 3F:36.7 勝ち馬コーナー通過:13-13-12…

この記事を読む

朝日杯FS回顧

レース総括 ■落ち着いた流れからの→上がり勝負 ■切れが問われた 朝日杯FS結果 1サトノアレス1.35.4 34.1 13-12 2モンドキャンノ1.35.5 34 14-14 3ボンセルヴィーソ1.35.8 35.2 01-01 4ミスエルテ1.35.8 34.7 06-08 5トラスト1.36.1 35.4 02-02 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:34.8 前半4F:48.3 12.8-11.2-11.6-12.7-12.3-11.5-11.2-12.1 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~ややゆったりした流れになって、 道中は一旦しっかりと緩む展開、その後勝負所で大きく加速しつつ→ラスト1F だけ落ちる形。 今回の特徴は、やはり(少し掛かる馬場だったことを考えても)前半~道中が 落ち着いたという点で、適性的には当然切れが問われた格好。 この展開では、さすがにこの先に向けての地力面の大きな裏付けということには ならないため(…

この記事を読む

朝日杯FS展望

予想 土曜の競馬からは、(楽ではない展開も含めて)とにかく逃げ切りが目立って いたし、道中で内を通った馬が浮上する(粘り込む)という部分も相変わらず。 先週程ではないにしても、その傾向は続いている。 その中で、有力な馬たちが結構外枠を引き、(ぼんやりとではあるが)本命に 考えていた馬もそこに含まれる…という部分が、引き続いての悩みどころ。 ⇒結果的に、先週とは逆の選択をしたが、裏目に出そうな気がしてならない…。 (袋小路に迷い込んだ感が半端ではない) ◎ダンビュライト 前走では、開幕週ながらの差し馬場で、位置関係的には後ろにいた相手に一瞬の 切れで屈した格好だが、パフォーマンス自体はまずまずのものを示しているし、 新馬戦でも、道中を高い水準で進めて勝ち上がっていて、地力の面でも適性の面 でも、一定の信頼はできる馬。 今回は、枠的にも他の有力馬と比べればマシなところに入ったし、(少し難しい かも知れないが)ルメールJが先週と同じようなイメージでロスのない競馬を 選択すれば、勝ち切る可能性は普通にあって良さそう。期待しておきたい。 ○アメリ…

この記事を読む

ターコイズS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.6-11.2-12.1-12.5-12.7-12.0-11.1-11.5 ~OP時代~ 2014 12.6-11.3-11.5-11.6-11.7-11.8-11.2-12.0 2013 12.5-10.8-11.2-11.5-11.6-12.0-11.9-12.1 2012 12.2-11.2-11.7-11.7-11.7-11.6-11.5-11.8 2011 11.9-11.3-11.5-11.8-11.6-11.6-11.5-12.4 2010 12.6-11.5-11.8-12.3-12.1-11.3-10.8-11.3 2009 12.3-11.2-11.4-11.4-11.4-11.5-11.5-12.3 2008 12.4-11.4-11.8-12.0-12.3-12.2-10.9-11.7 2007 12.4-11.1-11.6-11.8-11.7-11.7-11.2-11.9 2006 12.6-11.4-11.7-11.8-11.9-11.8-11.2-11.6 過去1…

この記事を読む

朝日杯FSの傾向

朝日杯FS過去2年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2015(リオンディーズ:1.34.4) 12.5-10.8-11.4-12.6-12.7-11.9-10.8-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:34.4 前半4F:47.3 勝ち馬コーナー通過:15-15 勝ち馬上り3F:33.3 2014(ダノンプラチナ:1.35.9) 11.9-11.0-12.0-12.4-12.5-12.2-11.3-12.6 天候:晴 芝:稍重 上り4F:48.6 3F:36.1 前半4F:47.3 勝ち馬コーナー通過:14-12 勝ち馬上り3F:35.4 過去2年⇔阪神JF(平均)のラップタイム 傾向 阪神に舞台を移してからまだ2回しか開催されていないので、やはり同舞台の 阪神JFの平均ラップと比較して考えてみたいが、2014年は、一見すると緩んだ 流れのようではあるものの、実際のところはなかなかの道悪だったので、それを 考えると、前半はかなり速く流れた扱い。 それに対…

この記事を読む

阪神JF回顧

レース総括 ■前半ある程度速い流れから→しっかりと加速する展開 ■一定の持久力&切れが問われた 阪神JF結果 1ソウルスターリング1.34.0 34.8 03-04 2リスグラシュー1.34.2 34.5 15-13 3レーヌミノル1.34.5 35.2 05-05 4ディーパワンサ1.34.8 35.3 06-09 5ヴゼットジョリー1.34.9 35.2 13-13 天候:晴 芝:良 上り4F:47.3 3F:35.2 前半4F:46.7 12.4-11.0-11.3-12.0-12.1-11.5-11.5-12.2 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半ある程度速くなって、道中は平均的ながらもそれ程 緩まない展開で、勝負所でしっかり加速しつつ→ラスト1Fは落ちる形。 今回の特徴は、まずは前半~道中がそれなりにしっかりと流れたことで、そこで 引っ張られる形から、レース後半では当然一定の持久力が問われたはず。 また展開としては、このコースのデフォルトに近いイメージで…

この記事を読む

香港カップ回顧

2016香港カップラップタイム 26.79-23.31-23.24-23.46-24.15 2.00.95 1着モーリス 27.63-24.07-23.60-22.86-22.79 3着ステファノス 27.19-23.71-23.56-23.26-23.77 2.01.49 4着ラブリーデイ 27.03-23.87-23.64-23.38-23.58 2.01.50 9着クイーンズリング 27.51-23.99-23.64-23.18-23.76 2.02.08 10着エイシンヒカリ 26.79-23.31-23.24-23.46-25.38 2.02.18 レース詳細&雑感 ラップタイムを見ると、スタート直後は少しゆったりと入った格好だが、道中は 極端に締まった展開になって、レース後半は徐々に減速していく形。 もちろんこれはエイシンヒカリが飛ばして作ったラップだが、離れたところから 進めた後続に関しても、それぞれが刻んだラップを見れば、道中を2F:23秒台 半ば~後半(つまり普通に考えれば1F:11秒台後半)で走っているし、尚且つ …

この記事を読む

香港ヴァーズ回顧

2016香港ヴァーズラップタイム 25.29-24.48-24.55-24.35-23.42-24.13 2.26.22 1着サトノクラウン 25.93-24.60-24.71-23.83-23.70-23.45 2着ハイランドリール 25.29-24.48-24.55-24.35-23.42-24.21 2.26.30 4着ヌーボレコルト 25.97-24.72-24.91-24.03-23.62-24.24 2.27.49 5着スマートレイアー 25.69-24.68-24.63-23.91-23.86-24.79 2.27.56 レース詳細&雑感 ラップタイムを見ると、前半からある程度速い入り方をして、道中は全く淀みの ない締まった展開、その後ラスト4Fからの区間でしっかりペースアップしつつ →最後だけ少し落ちる形。 今回の特徴は、言うまでもなく道中の厳しさで、(徐々にペースアップして行く 振るい落としはありつつも)基本は直線勝負という例年とは一線を画した内容。 当然、かなりの持久力が問われたはず。 この展開を自ら作って、直…

この記事を読む

カペラS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 11.6-10.0-10.9-11.8-12.3-13.1 32.5-37.2 2014 11.8-10.4-11.1-11.6-11.9-12.7 33.3-36.2 2013 12.1-11.0-11.2-12.1-11.9-12.4 34.3-36.4 2012 11.9-10.6-11.7-12.4-12.1-12.1 34.2-36.6 2011 11.8-10.5-11.4-12.0-11.6-11.8 33.7-35.4 2010 11.7-10.3-11.0-11.9-12.1-12.7 33.0-36.7 2009 12.1-10.4-11.1-12.0-11.8-12.2 33.6-36.0 2008 12.1-10.0-10.6-11.5-12.0-12.5 32.7-36.0 過去8年の平均ラップタイム 11.89-10.40-11.13-11.91-11.96-12.44 1.09.73 33.41-36.31 傾向(過去記事の転載) 過去のラップタイムを見…

この記事を読む

阪神JF展望

予想 土曜の競馬を見ると、スピード馬場という訳でもないのにハッキリと内先行に 有利な印象で、外差しはかなり難しい雰囲気。 その状況で狙いの2頭が大外に入る…という悩ましさ。 能力差の大きい2歳戦なので、全く関係なく…という可能性もあるし、結局は (枠発表後も)あまり序列は変えていないのだが、大きな流れに逆らって→玉砕 するパターンかも…。 ◎リスグラシュー 前々走の、厳しい展開を好位から突き抜けてのレコード勝ちはやはり強くて、 持久力という点での(データ的な)裏付けでは1枚上くらいの扱いになるし、 それと前走で示した決め手を合わせて考えれば、やはりここでは周ってくれば 普通に勝ち負け…という感覚になる。 タイプ的に戸崎Jへの乗り替わりも悪くない印象だし、当然当初から何の迷いも なく本命にする予定だったのだが、今の状況での大外は、さすがに揺れる…。 結果的に、初志貫徹で本命にするが、とりあえず積極的な競馬であれば…という 条件は付けておきたい。その部分、強く期待したい。 ○ソウルスターリング ロングスパートの形になった新馬戦で高い持続力…

この記事を読む

チャレンジC展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.5-11.4-12.0-11.8-11.7-11.6-11.6-11.5-12.0 2014 12.6-11.2-11.5-11.8-11.7-11.6-11.0-11.6-12.9 ~朝日CC時代~ 2013 12.6-11.6-11.9-12.1-12.2-11.9-11.2-11.1-11.9 2012 12.3-10.9-11.2-11.7-12.4-12.1-12.0-11.3-12.7 ~鳴尾記念時代~ 2011 12.6-11.1-11.4-12.1-12.0-11.7-11.5-11.0-12.2 2010 12.5-11.0-11.6-11.7-11.7-11.6-11.4-11.3-12.1 2009 12.8-11.5-12.3-12.4-12.2-11.7-11.1-11.0-11.5 2008 12.5-10.4-11.3-11.9-12.0-11.9-12.2-11.3-12.5 2007 12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.…

この記事を読む

阪神JFの傾向

阪神JF過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2015(メジャーエンブレム:1.34.5) 12.5-10.9-11.4-12.1-11.8-11.7-11.5-12.6 天候:晴 芝:良 上り4F:47.6 3F:35.8 前半4F:46.9 勝ち馬コーナー通過:02-01 勝ち馬上り3F:35.8 2014(ショウナンアデラ:1.34.4) 12.5-11.0-11.5-12.2-12.0-11.4-11.5-12.3 天候:晴 芝:良 上り4F:47.2 3F:35.2 前半4F:47.2 勝ち馬コーナー通過:13-12 勝ち馬上り3F:34.0 2013(レッドリヴェール:1.33.9) 12.2-10.6-11.4-12.1-12.1-11.7-11.6-12.2 天候:曇 芝:良 上り4F:47.6 3F:35.5 前半4F:46.3 勝ち馬コーナー通過:08-08 勝ち馬上り3F:34.1 2012(ローブティサージュ:1.34.2) 12.4-10.5…

この記事を読む

チャンピオンズC回顧

レース総括 ■前半からある程度流れて、道中極端に締まる形から→上がりが掛かる展開 ■高い持久力が問われた チャンピオンズC結果 1サウンドトゥルー1.50.1 35.8 14-14-14-13 2アウォーディー1.50.1 37.0 06-06-06-05 3アスカノロマン1.50.2 37.4 02-02-03-02 4カフジテイク1.50.3 36.0 15-15-14-15 5アポロケンタッキー1.50.5 36.9 10-10-10-11 6ノンコノユメ1.50.5 36.6 10-11-13-13 天候:曇 ダート:良 上り4F:49.5 3F:37.7 前半1000m:60.6 12.7-10.7-12.9-12.5-11.8-11.8-12.4-12.3-13.0 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半は(極端ではないが)ある程度速い流れになって、 道中は向こう正面~3コーナーが極端に締まった展開、そこから勝負所では一応 加速は示すが、基本的には最後しっかり落ち…

この記事を読む

チャンピオンズC展望

予想 ルメールJが跨るコパノリッキーが、そこまで無理をして行くとも思えないし、 先行争いしそうなアスカノロマン&モンドクラッセは、今年の東海Sである程度 ゆったりした流れから→行った行ったを演じた2頭。 道中の水準はやはり高くなるものとして考えたいが、前半に関しては今年は少し 落ち着いた展開(ミドルペースくらい?)になるのかも知れない。 当然考え方としては、前寄りの馬を中心に置きたいところ。 ◎コパノリッキー このレースでは結果を残せていないが、一昨年はスタートで躓いて(?)後ろ からの競馬になっての負けだし、昨年は激しい先行争いから厳しい流れになって →前が崩れた展開なので、7着でもむしろ粘った方。ともに度外視できる。 それを除けば、同舞台の東海Sでは相当に強い競馬を見せている馬。 前走にしても、川崎ダ2100mは明らかにアウォーディー&ホッコータルマエ向き という舞台なので、それらに対して勝負に行っての負けは(最後他の2頭に交わ されたことも含めて)全く問題ないし、距離短縮して、スピード持続要素が強く 問われるここでの巻き返しは必至に思える。…

この記事を読む

金鯱賞展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.4-10.6-12.4-12.0-12.2-12.3-12.0-11.8-11.1-12.0 2014 12.6-11.1-12.0-12.0-12.1-11.6-12.0-11.9-11.6-11.9 2013 12.8-11.0-12.1-11.7-11.7-12.0-12.2-12.2-11.5-12.4 2012 12.9-11.1-13.0-12.7-11.9-11.8-11.8-11.7-11.5-12.0 過去4年の平均ラップタイム 12.68-10.95-12.38-12.10-11.98-11.93-12.00-11.90-11.43-12.08 1.59.40 傾向 ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は 完全にフラットな淀みのない展開、4コーナー~直線で一応の加速を示しつつ →最後もそれ程落ちない形。 ここの特徴は、やはり(前半~)道中の速さで、当然のようにまずは持久力& 高い持続力がしっかり問われることになる。 …

この記事を読む