天皇賞(秋)展望

予想 一見すると物凄く豪華なメンバーという気もするが、G1馬は5頭で、国内の G1に限れば3頭だけ。 当然それらの地力は高い訳だが、ここへの適性まで考えると、(昨年と比べて) 絶対的な存在が1頭加わったというだけで、意外と勢力図は変わらないのかも 知れない…。 ⇒昨年の結果からちょっとした上げ下げをしただけ…という予想。 ◎モーリス 前走は、勝ち切れなかったものの自身のパフォーマンス自体は悪くなかったし、 3~4コーナーでしっかり溜めて→直線で加速…という展開に持ち込んだ相手の ルメールJの作戦勝ちというだけ。 それよりも、2000mという距離で外を回しながらもしっかり折り合えた…という ことがやはり重要で、それが出来るのであればここはもう疑わない。 それくらいに地力は1枚抜けているはず。 決め手という部分に関しても、覚醒後はしっかりとしたものを示していて、適性 面でも特に問題にはならないだろうし、今回は枠も良い所に入った印象。 現役最強馬として、普通に勝ち切って頂きたい。 ○ステファノス 昨年ここでは2着して、宝塚記念でもしっかり…

この記事を読む

アルテミスS展望

過去のラップタイムは以下の通り。 2015 12.5-11.3-11.1-12.4-12.6-11.9-11.1-11.2 2014 12.5-11.5-11.8-11.8-12.2-11.7-11.2-11.7 2013 12.3-11.1-11.8-12.5-12.8-11.9-11.2-11.6 2012 12.5-10.5-11.5-12.1-12.3-11.6-11.6-11.7 過去4年の平均ラップタイム 12.45-11.10-11.55-12.20-12.48-11.78-11.28-11.55 1.34.38 傾向(過去記事の一部修正) ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速い流れで、道中はしっかり 落ち着く展開、そこから勝負所で大きく加速して、上がりが速くなる。 まだ開催も浅くペースの誤差は大きいものの、それなりに引っ張られる形からの →切れ勝負…というのが基本。 したがって、一定の持久力を備えていることを前提にして、このコースらしく、 素直に「性能」を重視したいイメージ。 またここはやはり、…

この記事を読む

スワンS展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.1-11.0-11.5-11.5-11.4-11.3-11.4 2014 12.4-11.2-11.5-11.3-11.2-11.0-11.7 2013 12.3-11.3-11.7-11.5-11.2-11.1-11.7 2012 12.4-11.2-11.6-11.5-11.0-11.2-11.6 2011 12.3-10.8-11.3-10.9-10.4-11.9-11.8 2010 12.3-11.0-11.3-11.7-11.6-11.6-11.5 2009 12.4-10.8-11.5-11.4-11.1-11.4-11.7 2008 12.2-10.9-11.2-11.1-10.9-11.5-12.1 2007 12.0-10.6-11.1-11.5-11.6-11.4-12.5 2006 12.1-10.9-11.5-11.3-11.0-11.7-11.8 過去10年の平均ラップタイム 12.25-10.97-11.42-11.37-11.14-11.41-11.78 1.20…

この記事を読む

天皇賞(秋)の傾向

天皇賞(秋)過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2015(ラブリーデイ:1.58.4) 12.8-11.7-11.9-12.2-12.0-12.2-11.6-11.3-11.1-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:45.6 3F:34.0 前後半:60.6-57.8 勝ち馬コーナー通過:04-04-04 勝ち馬上り3F:33.7 2014(スピルバーグ:1.59.7) 12.9-11.7-11.8-12.2-12.1-12.1-12.3-11.4-11.3-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:46.9 3F:34.6 前後半:60.7-59.0 勝ち馬コーナー通過:13-14-12 勝ち馬上り3F:33.7 2013(ジャスタウェイ:1.57.5) 12.6-11.3-11.1-11.5-11.9-11.9-11.9-11.6-11.5-12.2 天候:晴 芝:良 上り4F:47.2 3F:35.3 前後半:58.4-59.1 勝ち馬コーナー通過:11-10-09 勝ち馬上…

この記事を読む

菊花賞回顧

レース総括 ■やや落ち着いた展開からの→ロングスパート戦 ■一定の持久力&末脚の持続力が問われた 菊花賞結果 1サトノダイヤモンド3.03.3 34.1 08-08-09-05 2レインボーライン3.03.7 34.2 14-14-16-12 3エアスピネル3.03.7 34.6 03-03-05-05 4ディーマジェスティ3.03.8 34.5 11-12-11-05 5ミッキーロケット3.04.0 34.6 09-10-14-10 6シュペルミエール3.04.0 34.7 11-12-07-10 天候:曇 芝:良 上り4F:46.7 3F:34.7 3F毎ラップ:35.3-37.3-39.1-36.9-34.7 13.0-11.3-11.0-12.4-12.2-12.7-13.6-13.2-12.3-12.7-12.2-12.0-11.6-11.5-11.6 レース詳細 ラップタイムを見ると、スタート直後はかなり速くなったが、その後は1周目の スタンド前~2コーナーまでしっ…

この記事を読む

菊花賞展望

予想 土曜の競馬を見れば、相変わらず速い馬場で、しっかりと時計も出ているし、 内枠有利なのもハッキリと感じる。 結論から言うと、人気的には2強対決という雰囲気だが、この舞台への適性まで 考えると、絶対的な1頭がいて、その下が混戦…というイメージ。 ⇒枠がより重要になりそう。 ◎サトノダイヤモンド 地力は当然高く、ゆったりとした走りをして、最後の部分の惰性もしっかり効く …というタイプ的にも、菊花賞にはピッタリはまる。 前走も、仕掛けの早い展開で、相手に一応迫られはしたものの抜かせる気配は 全くなくて、最後までキッチリ持続させての押し切り。 前哨戦としてはベストの内容だったように思える。 今回は内枠もしっかり確保したし、実力&適性&(運も含めた)環境の全てが 揃った印象で、1つ抜けている扱い。当然推したい。 ○カフジプリンス 前走では、前が壁になっていたためかor一瞬の脚がなかっただけなのかは微妙 だが、直線で何もしないような時間が少しあった中で、ワンテンポ遅れて最後に しっかり惰性を効かして浮上して来た。 その手のパフォーマンスを示した…

この記事を読む

富士S展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.7-11.0-11.4-11.9-12.0-11.2-11.1-11.4 2014 12.6-11.3-11.7-12.0-11.8-10.9-11.2-11.7 2013 12.6-11.4-11.8-12.0-11.9-11.0-10.9-11.9 2012 12.3-10.8-11.3-11.5-11.7-11.3-11.6-11.9 2011 12.2-11.0-12.1-12.2-12.1-11.5-11.2-12.7 2010 12.1-11.2-11.7-11.8-11.5-11.1-11.2-12.2 2009 11.9-10.8-11.7-12.0-11.9-11.5-11.6-11.9 2008 12.3-10.9-11.4-11.5-11.8-11.2-11.3-12.3 2007 12.5-10.8-11.6-11.5-11.8-11.2-11.9-12.0 2006 12.4-11.0-11.5-11.7-12.1-11.5-11.0-11.6 過去10年の平均ラップタイ…

この記事を読む

菊花賞の傾向

菊花賞過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2015(キタサンブラック:3.03.9) 12.7-11.1-11.6-12.3-12.5-13.1-13.7-13.7-11.8-12.1-12.0-11.9-11.6-12.2-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:47.3 3F:35.4 3F毎ラップ:35.4-37.9-39.2-36.0-35.4 勝ち馬コーナー通過:05-05-10-08 勝ち馬上り3F:35.0 2014(トーホウジャッカル:3.01.0) 13.0-12.0-12.0-12.0-11.9-11.7-12.4-12.5-12.3-12.4-12.2-11.7-11.7-11.6-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:34.9 3F毎ラップ:37.0-35.6-37.2-36.3-34.9 勝ち馬コーナー通過:05-05-05-02 勝ち馬上り3F:34.5 2013(エピファネイア:3.05.2) 13.0-12.5-11.7-12.3-11.7-12…

この記事を読む

秋華賞回顧

レース総括 ■ゆったりした前半から、仕掛け早の上がり勝負 ■決め手(&末脚の持続力)が問われた 秋華賞結果 1ヴィブロス1.58.6 33.4 09-09-08-08 2パールコード1.58.7 33.8 07-05-07-06 3カイザーバル1.58.8 34.1 07-05-05-05 4ジュエラー1.58.8 33.5 10-09-11-10 5レッドアヴァンセ1.59.1 33.7 12-11-11-10 天候:晴 芝:良 上り4F:46.1 3F:34.4 前後半1000m:59.9-58.7 12.4-10.5-12.9-12.2-11.9-12.6-11.7-11.4-11.3-11.7 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半はこのレースとしてはゆったりした流れになって、 向こう正面はほぼ平均的な水準から→(仕掛けは早いものの)上がりがかなり 速い展開になった。 今回の特徴は、とにかく前半が落ち着いた…という点で、それにともなって当然 レースの比重は後半の方…

この記事を読む

秋華賞展望

予想 先週に引き続き、先手を取った馬が有利な馬場になっていて、厳しい流れになる ことも十分にあり得るG1で、それをどこまで考慮すべきかが本当に難しい…。 …と、どれだけ悩んでも結論が出ないので、ここは素直に示している地力と適性 だけで判断することにしたい。 結論から言えば、ラップ的には断然紫苑S組となるのだが、何だかんだローズS 組中心のこのレースで、せっかく格上げされた意義を示せるのか?…その点でも 注目してみたい。 ◎ビッシュ 前走は、前半でしっかり引っ張られつつ→後半の仕掛けも早い展開で、その中で 3~4コーナーで積極的に進出して、尚且つ直線も突き抜ける…という相当に 強い競馬。ここに向けては、何1つ文句のつけようもない内容だった。 単純にそれだけを考えても、ここでは当然推せるし、ジュエラーの状態が何とも 言えない状況で、シンハライトもチェッキーノもいない…となれば、大人気でも さすがにこれは逆らえない。(2頭がいたとしても本命にしたかも知れない) 普通に勝ち切るものとして、大いに期待しておきたい。 ○フロンテアクイーン 前走で…

この記事を読む

府中牝馬S展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.5-11.4-11.4-12.0-11.9-12.0-11.5-11.6-12.0 2014 12.7-11.1-11.2-12.0-12.2-12.3-11.3-11.3-11.6 2013 13.1-12.0-12.8-13.1-12.8-12.2-10.8-10.7-11.3 2012 12.6-11.2-11.7-12.1-12.1-11.8-11.3-11.2-11.5 2011 12.6-11.2-11.6-12.3-12.4-12.1-11.3-11.5-11.8 2010 12.4-11.3-11.9-12.5-12.7-11.6-11.0-10.9-12.1 2009 12.6-10.8-11.2-11.6-11.9-11.9-11.2-11.5-11.9 2008 12.6-10.8-11.4-12.3-12.1-12.3-11.3-11.2-11.5 2007 12.8-10.9-11.4-12.2-12.0-11.8-11.2-11.2-11.9 2006 12.7-11.2-1…

この記事を読む

秋華賞の傾向

秋華賞過去10年のラップタイム 過去のラップタイムから傾向を探ってみる。 2015(ミッキークイーン:1.56.9) 12.0-10.5-11.3-11.6-12.0-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:47.2 3F:35.3 前後半:57.4-59.5 勝ち馬コーナー通過:08-08-08-06 勝ち馬上り3F:34.6 2014(ショウナンパンドラ:1.57.0) 12.0-10.7-11.8-11.8-11.7-12.2-11.5-11.7-11.8-11.8 天候:晴 芝:良 上り4F:46.8 3F:35.3 前後半:58.0-59.0 勝ち馬コーナー通過:09-09-09-05 勝ち馬上り3F:34.3 2013(メイショウマンボ:1.58.6) 12.1-10.4-11.9-12.2-12.3-12.3-11.9-11.8-11.8-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:47.4 3F:35.5 前後半:58.9-59.7 勝ち馬コーナー通過:11-11…

この記事を読む

京都大賞典展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.8-11.0-11.5-12.6-12.6-12.5-12.8-12.9-11.9-11.1-10.9-11.0 2014 12.6-12.2-11.5-12.0-12.4-11.9-12.0-12.5-12.0-11.7-11.6-11.8 2013 12.9-11.6-11.6-12.7-12.6-12.4-11.7-11.4-11.1-11.6-11.3-12.0 2012 12.6-11.0-11.2-12.5-12.2-11.7-12.3-12.5-12.1-11.4-11.6-12.3 2011 12.8-11.0-11.8-12.7-12.6-12.3-12.8-12.5-11.8-11.1-11.4-11.3 2010 12.6-10.5-11.0-11.6-12.0-12.0-12.7-13.2-12.6-11.9-12.9-12.0 2009 12.7-10.9-11.0-12.2-12.3-12.1-12.1-12.0-11.9-12.3-12.8-12.0 2008 12.9-10.…

この記事を読む

毎日王冠展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 13.0-11.2-11.7-12.0-12.0-11.7-11.0-11.3-11.7 2014 12.9-11.0-11.5-11.7-12.0-11.8-11.2-11.3-11.8 2013 13.0-11.0-11.5-12.7-12.6-12.6-11.1-10.9-11.3 2012 12.7-10.8-11.0-11.5-11.8-11.8-11.5-11.7-12.2 2011 12.8-11.5-11.8-12.6-12.4-12.0-10.9-11.1-11.6 2010 12.9-11.2-11.4-11.5-11.9-12.0-11.1-12.1-12.3 2009 13.0-11.3-11.5-12.2-12.0-11.7-10.9-11.1-11.6 2008 12.7-11.5-11.6-11.9-11.6-11.5-10.5-11.3-12.0 2007 12.9-10.6-10.9-11.5-11.6-11.9-11.4-11.6-11.8 2006 12.5-10.9-1…

この記事を読む

サウジアラビアRC展望

過去のラップタイムは以下の通り。 2015 12.2-10.8-11.7-12.3-12.3-11.4-11.4-12.1 ~いちょうS(重賞)~ 2014 12.4-10.6-11.4-11.9-12.3-11.5-11.5-11.9 ~いちょうS(OP時代)~ 2011 12.8-11.8-12.4-13.4-13.4-11.6-11.5-12.1 2010 12.7-11.5-12.8-12.9-12.6-11.2-11.1-11.5 2009 12.5-11.3-11.7-12.3-12.4-11.6-11.5-11.6 2008 12.5-11.3-11.7-12.2-12.5-11.6-11.3-11.9 2007 12.1-11.5-12.2-12.6-13.1-11.3-11.3-12.1 過去のラップタイム 傾向(過去記事の一部修正) 重賞に格上げされた(名前も変わったが…)昨年&一昨年のラップを、過去の ラップ(マイルで開催されていた近5年の平均)と比較すると、前半~道中が 明らかに厳しくなっていて、やはり重…

この記事を読む

スプリンターズS回顧

レース総括 ■比較的に早めにペースが落ち着いて→フラットに近い展開 ■持続力が問われた スプリンターズS結果 1レッドファルクス1.07.6 33.5 09-07 2ミッキーアイル1.07.6 34.2 01-01 3ソルヴェイグ1.07.6 34.0 02-04 4シュウジ1.07.7 34.1 02-02 5スノードラゴン1.07.7 33.4 10-10 6ネロ1.07.7 34.1 02-02 天候:晴 芝:良 上り4F:45.3 3F:34.2 前半3F:33.4 11.8-10.5-11.1-11.2-11.2-11.8 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半は遅い訳ではないものの、比較的早い段階で落ち 着いた展開になり、そのままラスト2Fまでほとんど一定のラップを刻みつつ→ ラスト1Fだけ落ちる形。 今回の特徴は、先行争いがあっさりと収まって、レース全体としての前傾度が 低くなったことで、途中のラップがフラットな形をしていることからも、中山 と言うより…

この記事を読む

凱旋門賞回顧

凱旋門賞・ラップタイム 82.57(11.80/F)-24.41(12.21/F)-12.39-12.35-11.89 2.23.61 レース詳細&雑感 今回の展開は、前半の細かい緩急は分からないものの、7F通過が1分22秒台、 1F平均11.8秒というラップで流れていて、これはもう「極端に厳しいペース」 ということが間違いなく言える。 (超スローのニエル賞と比べても仕方ないが、普通の1F分くらいは違う)  ニエル賞・ラップタイム  94.19(13.46/F)-27.67(13.84/F)-11.85-11.10-11.03 2.35.84 レース後半に関しては、コーナーのキツい区間も全く淀みなく流れたことで、 上り坂に影響される勝負所での加速はなく、むしろラップを落とした格好。 そこからラスト1Fだけは平坦な構造(&勝ち馬の強さ)によって時計が1つ 速くなっている訳だが、実質的には(坂を考慮すれば)加速したというよりも 持続させた…というイメージでいいはず。 この激し過ぎるレース展開の中で、マカヒキの挙動は果たしてどうだ…

この記事を読む

スプリンターズS展望

予想 今開催は雨もあったので、傾向としてそこまで強くは言えないかも知れないが、 現状、(JRA全体として)緩めに作って→徐々に踏み固められていく…という 馬場傾向が確実に存在する。 したがって、ハイペース戦への適性をまずは重視する部分は変わらないが、その 次に重要な要素として、開催が進んだこのタイミングこそ、内枠や先行…という 部分に注目したい感覚。 ◎ビッグアーサー 上がりよりも地の強さを活かしたいタイプ的に、本来は中京や阪神よりもこの 舞台の方が向いている馬。 ということで、前走でもう少し苦戦しつつ→ここで完勝…くらいの目論見だった のだが、前哨戦から自ら厳しい展開を演出して完勝してしまったことで、完全な 一本被りに…。これはもう仕方がない。 ラスト1Fが少し落ち過ぎな部分もあるが、休み明け&58kgということを考えれば 十分許容範囲だろうし、今回も最内枠を確保。大人気でも逆らえない。 ○ブランボヌール 前走は、ゆったりした流れの中で、自身としても後傾の内容を示しているため、 ここへ対する裏付けとしてはそこまでは評価できないのだが、一…

この記事を読む