目黒記念展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 7.1-11.5-11.7-12.3-11.9-11.8-12.0-12.5-12.2-11.7-11.6-11.4-12.0 2014 7.1-11.6-11.2-12.6-12.5-12.4-12.4-12.3-11.8-11.9-11.8-11.4-12.0 2013 7.6-10.9-11.0-12.2-12.3-12.2-12.1-12.0-12.0-12.1-11.8-11.5-11.9 2012 7.2-11.1-11.1-12.0-12.0-12.1-12.7-13.2-12.6-11.8-11.1-11.6-12.1 2011 7.0-10.9-11.0-12.4-12.7-12.4-12.1-12.3-12.4-12.6-11.4-12.1-13.2 2010 7.2-11.5-11.9-13.0-13.2-13.1-12.8-12.8-12.9-12.4-11.4-10.8-11.8 2009 7.2-11.5-11.2-13.0-13.1-12.8-13.3-13.5-12.5-12.5-1…

この記事を読む

日本ダービー展望

予想 色々考えてはみたものの、結局1ヶ月くらい前に書いてもほとんど変わることは なかっただろうな…という序列。 ◎リオンディーズ 皐月賞は、前半&向こう正面でかなり脚を使いながら、コーナー~直線で溜め →切れを発揮して粘り込んだ内容で、その持久力は当然認められる。 この馬には、走法的に、直線の長いコースで真っ直ぐに力を使ってこそ…という イメージがあるため、東京に舞台が替わっての前進度はかなり大きいはずだし、 ここでは普通に巻き返しが期待できそう。 今回は他の有力馬が有利な内枠を引いたが、ゆったりとしたリズムを崩さない …という意味で、この馬に限ってはこのくらいの枠で良かったのでは?という 気はするし、鞍上のコメントからも、その点(リズム)での馬の個性をしっかり 把握している雰囲気が十分に感じられることは心強い。 (個人的に)お兄さんの時も本命に推して2着に敗れたが、その時とは違って、 今回はダービーを勝つために生まれてきたような相手もいない。今度こそ。 ○サトノダイヤモンド 皐月賞は、3~4コーナーで外から捲った馬への対応のために、斜めに力を…

この記事を読む

日本ダービーの傾向

ダービー過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2015(ドゥラメンテ:2.23.2) 12.7-10.9-11.8-11.7-11.7-12.5-12.5-12.4-12.4-11.9-11.0-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:47.0 3F:34.6 前半1000m:58.8 勝ち馬コーナー通過:08-08-08-07 勝ち馬上り3F:33.9 2014(ワンアンドオンリー:2.24.6) 12.5-10.6-11.8-12.2-12.5-12.1-12.7-13.6-12.2-11.6-11.1-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:34.4 前半1000m:59.6 勝ち馬コーナー通過:05-05-06-05 勝ち馬上り3F:34.0 2013(キズナ:2.24.3) 12.3-10.5-12.2-12.5-12.8-11.9-12.7-12.3-11.9-11.6-11.7-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:35.2 …

この記事を読む

イスパーン賞回顧

シャンティイ競馬場 1800m 馬場:不良以上(らしい) 直線:600m(高低差10mの上り) イスパーン賞ラップタイム(映像から) 49.79-26.40-12.35-12.97-11.78 (上がり3F:37.10) (12.45/F)-(13.20/F)-12.35-12.97-11.78 1着 エイシンヒカリ 番手から→ラスト2Fで先頭に立って→そこから突き放した内容(10馬身差) 雑感 ラップ的には、前半ミドルペースから→コーナーで落ち着いて→4角~直線で (おそらく)しっかり加速する形の、やや後傾の展開。 とりあえず目に留まるのは、余程の大逃げにでもならない限りなかなか見慣れ ないラスト3Fのラップ。 (ラスト2Fで先頭に立っているので、一見すると、止まった馬が→ラスト1Fで 急に息を吹き返したような…) 当然そこは、直線の高低差10mという上り坂の影響が大きく、勝負所で加速して から→直線で良い脚を持続させた…という解釈が正しいはず。 ただ、どちらにしても最後の11.78秒というのはたぶん凄い。 (後続に…

この記事を読む

オークス回顧

レース総括 ■まずまずの流れから、しっかり加速して→最後まで止まらない展開 ■一定の持久力&切れ&トップスピードの持続力が問われた オークス結果 1シンハライト2.25.0 33.5 15-14-13-14 2チェッキーノ2.25.0 33.5 12-13-13-14 3ビッシュ2.25.1 34.1 07-08-08-05 4ジェラシー2.25.3 33.6 17-18-17-17 5ペプチドサプル2.25.3 34.1 09-09-09-09 天候:晴 芝:良 上り4F:47.2 3F:34.5 前半1000m:59.8 12.3-10.7-12.1-12.3-12.4-12.5-12.9-12.6-12.7-11.4-11.5-11.6 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半やや速いくらいの流れで、道中は極めて平均的な 水準で進み、ラスト3Fで一気に加速しつつ→上がりは(一応右肩下がりではある ものの)最後まで速いスピードを維持する展開。 今回は、展開としては平均的な…

この記事を読む

オークス展望

予想 感覚的に、上げたい馬より下げたい馬が多くて、今回は意外な程にあっさりと 絞れた。(正解はどうであれ) その点、レベルがどうなのか?という雰囲気にもなりそうなのだが、何だかんだ メジャーエンブレム中心に(厳しい展開で)淘汰されてきた世代。 上位に関しては、ある程度しっかりと裏付けが取れている。 ここにはいないがその功績は大きい…と、しみじみ思う。 ◎シンハライト 桜花賞は、前半である程度脚を使いつつ→しっかりと決め手を発揮した格好で、 歴代の(春2冠の)好走馬が示していたような、この舞台には十分につながり そうなパフォーマンスだった。 欲を言えば道中の水準がもう少し高ければ…というのはあるのだが、この馬には (ちょうど先週差し返す競馬で勝利していたが)姉と同様にラスト1Fの強さが あって、額面以上の強さをかなり感じさせる。 その点、最後に地の強さが問われるここでは、どう考えても浮上はするはず。 当然の人気だが、素直に期待しておきたい。 ○フロンテアクイーン 前走は、道中が極端に締まった展開になったが、ある程度好位からその流れに …

この記事を読む

平安S展望

過去のラップタイムは以下の通り。(東海S時代込み) 2015 7.0-11.1-11.3-12.8-12.6-11.9-11.7-12.0-12.2-12.5 2014 6.8-11.0-11.7-12.8-12.7-12.7-12.4-12.0-11.8-12.7 2013 7.0-10.7-11.0-12.6-12.9-13.2-12.9-12.1-12.0-12.5 ~東海S~ 2012 7.0-10.9-11.4-12.7-12.7-12.9-12.3-12.0-11.9-12.6 2011 6.7-11.7-11.6-12.4-12.1-12.1-11.8-11.7-11.4-12.2 2010 7.0-10.8-11.5-12.8-12.5-12.5-12.3-11.9-12.0-12.1 過去6年の平均ラップタイム 6.92-11.03-11.42-12.68-12.58-12.55-12.23-11.95-11.88-12.43 1.55.68 傾向(過去記事の転載) 1900mは1800mと比べて最初の直線が長いた…

この記事を読む

オークスの傾向

オークス過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2015(ミッキークイーン:2.25.0) 12.5-10.6-12.5-13.0-12.7-12.6-12.5-11.9-11.9-11.3-11.6-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:46.7 3F:34.8 前半1000m:61.3 勝ち馬コーナー通過:12-12-09-09 勝ち馬上り3F:34.0 2014(ヌーヴォレコルト:2.25.8) 12.4-10.6-12.2-12.8-12.7-12.7-12.8-12.5-12.0-12.0-11.3-11.8 天候:晴 芝:良 上り4F:47.1 3F:35.1 前半1000m:60.7 勝ち馬コーナー通過:07-09-09-08 勝ち馬上り3F:34.2 2013(メイショウマンボ:2.25.2) 12.5-11.1-12.1-12.0-11.9-11.8-12.4-12.9-12.8-12.0-11.8-11.9 天候:晴 芝:良 上り4F:48.5 3F:…

この記事を読む

ヴィクトリアマイル回顧

レース総括 ■前半から速く流れ、仕掛けもかなり早い展開 ■持久力&高い持続力が問われた ヴィクトリアマイル結果 1ストレイトガール1.31.5 33.4 11-10 2ミッキークイーン1.31.9 33.6 13-12 3ショウナンパンドラ1.31.9 33.5 13-14 4スマートレイアー1.32.1 34.5 02-03 5ルージュバック1.32.1 34.1 07-08 6マジックタイム1.32.1 34.3 07-04 天候:晴 芝:良 上り4F:45.8 3F:34.3 前半4F:45.7 12.3-10.4-11.1-11.9-11.5-11.4-11.3-11.6 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半から速い流れになって、道中は一旦落ち着きかけた ものの→すぐさまペースアップして→勝負所に突入、そのまま最後まである程度 速いスピードを維持する形。 今回の特徴は、まずは前半の速さだと言えて、後方の馬も含めてそこでしっかり 引っ張られたことで、一定以上の…

この記事を読む

ヴィクトリアマイル展望

予想 マイルまでを主に使っている馬と、中距離で格上とも言えるパフォーマンスを 示している実績馬のどちらを選ぶのか?毎年のように悩まされるレースだが、 結局のところ、後者を選んで良かった!と思えたことはほとんどない。 もちろん後者を選ぶ場合でも、データをしっかり精査した上で(特にスピード 面で)対応できると思って推している訳だが、それでも間に合わないのは、結局 (見る側の勝手な)思い通りの位置取りにいてくれない…ことが大きい。 数段上の究極的な決め手を発揮して、たまには来る馬もいるのかも知れないが、 やはりマイラー中心に選びたい。 ◎ストレイトガール 昨年&一昨年のパフォーマンスから考えれば、実力&適性ともにここでは当然 上位に扱える存在。 前走は、メリハリのついた展開の中で、道中ジワジワと外を動いていた格好で、 溜めを効かせられず→直線完全に切れ負けした内容。 ここのスピードに寄った条件になって、巻き返す可能性は十分あっていいはず。 そもそも元々リピーターの多いレースで、前走少し負けたくらいで人気を落とす というのであれば、感覚的にも普通に…

この記事を読む

京王杯SC展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.9-11.5-11.6-11.9-11.3-10.8-11.6 36.0-33.3 2014 12.6-10.5-10.6-11.0-11.3-11.4-12.3 33.7-35.0 2013 12.2-10.5-11.2-11.8-11.4-11.4-12.1 33.9-34.9 2012 12.2-10.6-11.4-11.7-11.3-11.3-11.6 34.2-34.2 2011 12.4-11.0-11.6-11.4-11.0-11.2-11.6 35.0-33.8 2010 12.6-10.9-11.1-11.3-11.1-10.9-11.9 34.6-33.9 2009 12.8-11.2-11.1-11.3-11.0-11.3-11.9 35.1-34.2 2008 12.4-11.2-11.1-11.5-11.2-11.9-11.5 34.7-34.6 2007 12.3-10.9-10.9-11.2-10.6-11.6-12.5 34.1-34.7 2006 12.5-11.1-1…

この記事を読む

ヴィクトリアマイルの傾向

ヴィクトリアマイル過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2015(ストレイトガール:1.31.9) 12.1-11.0-11.2-11.2-11.4-11.2-11.6-12.2 天候:晴 芝:良 上り4F:46.4 3F:35.0 前半4F:45.5 勝ち馬コーナー通過:05-05 勝ち馬上り3F:33.0 2014(ヴィルシーナ:1.32.3) 12.4-10.7-11.6-11.5-11.8-11.4-11.2-11.7 天候:晴 芝:良 上り4F:46.1 3F:34.3 前半4F:46.2 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:34.3 2013(ヴィルシーナ:1.32.4) 12.4-10.8-11.4-11.7-11.9-11.4-11.2-11.6 天候:晴 芝:良 上り4F:46.1 3F:34.2 前半4F:46.3 勝ち馬コーナー通過:02-02 勝ち馬上り3F:34.0 2012(ホエールキャプチャ:1.32.4) 1…

この記事を読む

NHKマイルC回顧

レース総括 ■前半~道中の水準が高く、最後は落ち込む展開 ■持久力&持続力が問われた NHKマイルC結果 1メジャーエンブレム1.32.8 35.1 01-01 2ロードクエスト1.32.9 33.8 16-16 3レインボーライン1.32.9 34.4 09-09 4ダンツプリウス1.33.1 34.9 06-06 5トウショウドラフタ1.33.1 34.2 14-13 天候:晴 芝:良 上り4F:46.8 3F:35.1 前半4F:46.0 12.3-10.7-11.3-11.7-11.7-11.3-11.5-12.3 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半からある程度速くなり、道中もしっかりとは緩まず 淀みなく流れて、勝負所で少し加速しつつ→上がりは右肩下がりの形。 今回は、特徴も何も、強い馬が特に邪魔されることもなく、自分の競馬をして 他を完封した…というだけのレースだが、その水準はやはり高くなっていて、 持久力&持続力(スピード耐性)がしっかり問われる内容だった…

この記事を読む

新潟大賞典展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 13.1-12.1-12.0-11.9-12.4-12.4-11.8-11.5-10.9-11.5 2014 12.9-11.6-11.9-12.2-12.5-12.2-11.8-11.5-10.8-11.8 2013 12.4-10.7-11.3-11.7-11.9-11.9-11.9-11.9-11.1-12.1 2012 12.6-11.2-11.5-11.5-12.2-12.2-11.9-11.7-11.5-12.7 2011 12.6-11.2-11.8-11.6-12.1-12.1-11.9-11.7-11.2-12.2 2010 12.3-10.9-11.3-11.3-12.4-12.4-12.1-12.3-11.0-11.7 2009 12.9-11.0-11.0-11.3-12.0-12.3-12.1-11.8-11.0-11.5 2008 12.6-11.4-11.5-12.3-12.9-12.9-12.0-11.1-10.7-11.1 2007 12.5-11.3-11.5-11.6-12…

この記事を読む

NHKマイルC展望

予想 まずはメジャーエンブレム&ルメールJがどうするのか?といったところだが、 陣営はやはり今回こそ積極的な競馬を考えているようだし、前の馬が止まらない 印象が強かった土曜の競馬を見れば、尚更強気に攻める選択をしてきそう。 それなれば当然、今回はクイーンCのような締まった展開になるだろうし、その 淀みのない流れを追走しつつ→しっかりとした決め手を発揮出来るような馬も、 ある程度限られることになりそう。 ◎ロードクエスト 皐月賞では、坂辺りで止まる結果にはなったものの、道中を高い水準で進めつつ →直線に入った所でかなり鋭い脚を見せて、地力&切れを示しているし、道中~ 上がりでやはり高いパフォーマンスを示しているスプリングSの内容も含めて、 実力はここでは普通に上の存在。 走法的にも、前走の2000m戦では周りと比べて細かく刻むようには映ったので、 まずは距離短縮はプラスに働くだろうし、本来の加速性能を活かす…という意味 でも、東京へのコース替わりはやはり魅力的。 さらに今回は相手が人気を被る分妙味もある。当然強く推したい。 ○メジャーエンブレ…

この記事を読む

京都新聞杯展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。 2015 12.3-10.7-12.2-12.1-12.1-12.6-12.5-11.9-11.4-11.9-11.6 2014 12.2-10.3-11.6-11.6-12.0-12.5-12.5-12.1-12.8-11.6-11.8 2013 12.2-10.4-12.3-12.0-12.3-12.3-12.6-12.3-12.1-11.8-12.0 2012 12.2-10.6-11.4-11.7-12.1-12.8-12.5-11.9-11.3-11.5-12.0 2011 12.5-11.0-12.3-12.4-12.4-13.2-13.1-12.3-11.2-11.3-11.8 2010 12.4-11.1-12.4-11.6-12.4-13.3-12.8-12.1-11.7-11.5-11.5 2009 12.6-11.2-12.3-12.5-12.4-13.0-12.6-11.8-11.3-11.5-11.8 2008 12.9-11.4-13.0-13.2-13.2-13.7-12.8-12.1-11.…

この記事を読む

NHKマイルCの傾向

NHKマイルC過去10年のラップタイム 過去のラップタイムを見てこのレースの傾向を探ってみたい。 2015(クラリティスカイ:1.33.5) 12.4-11.1-11.8-11.9-12.1-11.1-11.3-11.8 天候:晴 芝:良 上り4F:46.3 3F:34.2 前半4F:47.2 勝ち馬コーナー通過:05-05 勝ち馬上り3F:33.9 2014(ミッキーアイル:1.33.2) 12.0-11.0-11.6-12.0-11.8-11.3-11.5-12.0 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:34.8 前半4F:46.6 勝ち馬コーナー通過:01-01 勝ち馬上り3F:34.8 2013(マイネルホウオウ:1.32.7) 12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.3-11.6-12.0 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:34.9 前半4F:46.1 勝ち馬コーナー通過:16-14 勝ち馬上り3F:33.7 2012(カレンブラックヒル:1.34.5) …

この記事を読む

青葉賞回顧

レース総括 ■平均的な入り方から、道中が極端に締まり→最後は落ちる展開 ■高い持久力&持続力が問われた 青葉賞結果 1ヴァンキッシュラン2.24.2 34.5 04-05-05-05 2レッドエルディスト2.24.4 33.9 09-09-09-10 3レーヴァテイン2.24.9 34.7 07-07-08-08 4プロディガルサン2.25.1 35.8 04-03-03-04 5メートルダール2.25.3 35.1 11-10-11-08 天候:晴 芝:良 上り4F:47.7 3F:35.8 前半1000m:61.3 12.7-10.9-12.3-13.0-12.4-11.6-11.9-11.7-11.9-11.6-11.9-12.3 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらいの平均的な流れ だったが、向こう正面で一気にペースアップして、道中は極端に締まった展開、 そのまま勝負所に突入して、ラスト3Fは右肩下がりの形。 …言うまでもなく、今回の特…

この記事を読む

天皇賞春回顧

レース総括 ■平均ペースから、勝負所で一気に脚を使い切って→直線は減速する展開 ■一定の持久力&持続力(惰性力)が問われた 天皇賞春結果 1キタサンブラック3.15.3 35.0 01-01-01-01 2カレンミロティック3.15.3 34.8 03-03-03-03 3シュヴァルグラン3.15.5 34.5 09-09-11-09 4タンタアレグリア3.15.6 34.3 14-14-14-13 5トーホウジャッカル3.15.6 34.9 09-09-07-03 天候:晴 芝:良 上り4F:46.6 3F:35.0 4F毎ラップ:49.7-48.6-50.4-46.6 13.0-12.1-12.4-12.2-12.1-12.0-11.6-12.9-12.6-12.6-12.7-12.5-11.6-11.4-11.7-11.9 レース詳細 ラップタイムを見ると、スタートはゆったりとした入り方をして、その後徐々に 加速しつつスタンド前が一瞬速くなり、道中は結果的に平均~平均強くらい…

この記事を読む

天皇賞春展望

予想 どのような条件であっても、個人的にここで上位評価にする顔ぶれはほとんど 変わらないが、枠の部分でこれだけハッキリと明暗が分かれたとなると、やはり その中での上げ下げだけはしっかり考えておきたい。 ◎フェイムゲーム 純粋な持久力の高さと、脚元の柔軟性に由来する持続力…という部分でこの舞台 にはピッタリはまるイメージ。 昨年ここでは、内枠の馬が上位を占めた中で、唯一7枠からしっかりと伸びて、 ゴールドシップとクビ差の接戦を演じた相当強い2着。 前走も、結果的に斤量の軽い相手に離されたものの、自身は道中をかなり高い 水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめた内容で、パフォーマンスとしては 十分なものを示している。 このタイミングで外国人Jへの乗り替わりは確かに微妙だし、そのリスクは引き 受ける覚悟が必要だが、前走&昨年と比べて条件面での前進がある中で、オッズ 的には思いの他の低評価。ならば推さない手はない。 ○ゴールドアクター 5連勝は全てスローな流れで、データ的にはなかなかはっきりした裏付けが取れ ないのだが、元々持続力はしっかり示している…

この記事を読む