高松宮記念回顧

レース総括 ■高速馬場で、フラットな展開のハイペースから→ラスト1Fだけ落ち込む形 ■スピード持続力&持久力が問われた 高松宮記念結果 1ビッグアーサー1.06.7 33.4 04-04 2ミッキーアイル1.06.8 33.8 03-03 3アルビアーノ1.07.1 33.4 08-10 4アクティブミノル1.07.1 33.6 05-07 5エイシンブルズアイ1.07.2 33.3 14-12 天候:曇 芝:良 上り4F:44.9 3F:34.0 前半3F:32.7 11.7-10.1-10.9-10.8-11.1-12.1 レース詳細 ラップタイムを見ると、前半から相当に速くなり、その後も高い水準を保って 流れて、上がりは早めの仕掛けから→ラスト1Fがしっかりと落ち込む形。 とにかく今回の特徴は、展開や各馬の挙動以前に、「最も時計の掛かる競馬場の 1つ」であるはずの中京らしからぬ、超のつく"高速馬場"だったこと。 当然各ジョッキーも速い馬場を念頭に置いたレース運びをし…

この記事を読む