有馬記念展望

予想 馬場が改修されて2回目の開催になるが、土曜の競馬を見れば、道中でインを 通っていた馬の脚がなかなか鈍らない…というのは確認できて、昨年と同様に スピード方向の考え方をしておきたいところ。 ◎ラブリーデイ タイプ的にはやはり持続力という方向の馬だし、JCの条件からすれば、ここは とりあえず巻き返えしが期待できる場面。 JCの展望で「最後まで逆らいたい」と書いた手前もあるし、イメージとしては 機動力よりも惰性という雰囲気ではあるので、中山がピッタリな訳ではないはず だが、内先行馬場でしっかり内枠を確保したこの馬を選ばなかった場合、昨年の (推し切れなかった)ジェンティルドンナの時と同じ失敗になる可能性が…。 個人的にはその方が後悔しそう。 ○ゴールドアクター 持久力&持続力は十分に示しているし、タイプ的にも有馬記念のイメージには ピッタリ嵌りそう。 前走の、この馬の良さを消すような"溜める"騎乗を見てしまうと少しだけ不安も 感じてしまうが、ただそれでも勝ち切ったというのは実力(適性の幅)の証明と 言えるし、今回は(少なくとも後半は)何もしな…

この記事を読む