開催中の競馬場のコース特徴:  中山競馬場  阪神競馬場  中京競馬場

 義援金受付ページ:  ジャパンネット銀行(熊本)  ジャパンネット銀行(東北)  楽天銀行

2016年12月08日

阪神JFの傾向

阪神JF過去10年のラップタイム
過去のラップタイムから傾向を探ってみる。

2015(メジャーエンブレム:1.34.5)
12.5-10.9-11.4-12.1-11.8-11.7-11.5-12.6

天候:晴 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.8
前半4F:46.9
勝ち馬コーナー通過:02-01
勝ち馬上り3F:35.8


2014(ショウナンアデラ:1.34.4)
12.5-11.0-11.5-12.2-12.0-11.4-11.5-12.3

天候:晴 芝:良
上り4F:47.2 3F:35.2
前半4F:47.2
勝ち馬コーナー通過:13-12
勝ち馬上り3F:34.0


2013(レッドリヴェール:1.33.9)
12.2-10.6-11.4-12.1-12.1-11.7-11.6-12.2

天候:曇 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.5
前半4F:46.3
勝ち馬コーナー通過:08-08
勝ち馬上り3F:34.1


2012(ローブティサージュ:1.34.2)
12.4-10.5-11.2-11.8-11.9-12.2-11.5-12.7

天候:晴 芝:良
上り4F:48.3 3F:36.4
前半4F:45.9
勝ち馬コーナー通過:10-08
勝ち馬上り3F:35.9


2011(ジョワドヴィーヴル:1.34.9)
12.6-11.1-12.1-12.2-12.2-11.7-11.0-12.0

天候:晴 芝:良
上り4F:46.9 3F:34.7
前半4F:48.0
勝ち馬コーナー通過:09-10
勝ち馬上り3F:34.1


2010(レーヴディソール:1.35.7)
12.5-11.2-12.1-12.7-12.7-11.7-11.2-11.6

天候:晴 芝:良
上り4F:47.2 3F:34.5
前半4F:48.5
勝ち馬コーナー通過:10-11
勝ち馬上り3F:33.9


2009(アパパネ:1.34.9)
12.2-11.0-11.9-12.2-12.3-11.8-11.1-12.4

天候:曇 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.3
前半4F:47.3
勝ち馬コーナー通過:10-10
勝ち馬上り3F:34.3


2008(ブエナビスタ:1.35.2)
12.4-11.0-11.8-12.1-12.3-11.9-11.3-12.4

天候:晴 芝:良
上り4F:47.9 3F:35.6
前半4F:47.3
勝ち馬コーナー通過:16-16
勝ち馬上り3F:34.8


2007(トールポピー:1.33.8)
12.5-10.6-11.3-11.8-11.9-11.5-11.5-12.7

天候:晴 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.7
前半4F:46.2
勝ち馬コーナー通過:11-08
勝ち馬上り3F:35.2


2006(ウオッカ:1.33.1)
12.2-10.7-11.5-11.9-12.0-11.7-11.2-11.9

天候:晴 芝:良
上り4F:46.8 3F:34.8
前半4F:46.3
勝ち馬コーナー通過:06-06
勝ち馬上り3F:34.2


過去10年の平均ラップタイム
12.40-10.86-11.62-12.11-12.12-11.73-11.34-12.28
1.34.46

阪神JF平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
過去のラップタイムを見てみると、前半やや速く、道中は一旦落ち着く展開で、
ラスト3F〜2Fでかなり加速して、最後は一応しっかりと落ちる形。

(この時期の馬のレースということもあり)本来マイルには適さないスピード&
気性を兼ね備えたタイプが紛れ込み、基本的には流れは速くなることが多いが、
一方でペースが落ち着いたケースも見られ、結局のところメンバー次第で展開は
大きく左右される。

したがって事前の想定は少し難しいのだが、そんなレースだからこそ、コースの
基本にここは立ち戻って、勝負所での加速にしっかり対応出来るだけの切れと、
長い直線を最後まで伸び切るための(トップスピードの)持続力…という部分を
まずは重視したいイメージ。

そして上がりの部分でしっかりとした決め手を発揮するためには、結局のところ
(道中で無駄脚を使わないための)持久力を備えていなければ厳しく、(古馬で
言えば2000m〜2400mのような)総合力勝負…という扱いになりそう。
実際にも、そのイメージ通り、純粋にスケール感のあるタイプがここでは強い。


好走の条件
・切れ&トップスピードの持続力があること
・一定の持久力は必要






 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ







posted by 山宗 at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

チャンピオンズC回顧

レース総括
■前半からある程度流れて、道中極端に締まる形から→上がりが掛かる展開
■高い持久力が問われた


チャンピオンズC結果
サウンドトゥルー1.50.1 35.8 14-14-14-13
アウォーディー1.50.1 37.0 06-06-06-05
アスカノロマン1.50.2 37.4 02-02-03-02
カフジテイク1.50.3 36.0 15-15-14-15
アポロケンタッキー1.50.5 36.9 10-10-10-11
ノンコノユメ1.50.5 36.6 10-11-13-13

天候:曇 ダート:良
上り4F:49.5 3F:37.7
前半1000m:60.6
12.7-10.7-12.9-12.5-11.8-11.8-12.4-12.3-13.0

チャンピオンズCラップタイム


レース詳細
ラップタイムを見ると、前半は(極端ではないが)ある程度速い流れになって、
道中は向こう正面〜3コーナーが極端に締まった展開、そこから勝負所では一応
加速は示すが、基本的には最後しっかり落ちる形。

今回の場合、前半もある程度流れているのだが、それ以上に特徴的なのはやはり
道中の厳しさという部分で、前の馬も後ろの馬もそこで脚を使う形から→終いの
粘り勝負になり、適性的には持久力の高さが物を言った印象。

脚質的には、この展開なので当然差し有利だと言えて、勝ち馬をはじめとして、
2桁のポジションから進めた馬がラスト1Fで一気に浮上して来た訳だが、その
中にあって、ある程度好位から残った馬(特に3着馬)の強さは光るし、巻き
返しは必至だと思える。

それにしても今回気になったのは、やはりブライトラインの挙動。

ノースヒルズ軍団のラビットとしての役割があったのかどうかは分からないが、
元々楽ではないペースの中で、(無謀とも言える)向こう正面からの動き出しで
コパノリッキーなど前の馬をスウィープ(&自身がaway)して、アウォーディー
兄弟のお膳立てをしたイメージ。

そのアウォーディー自身、(正攻法と言えば正攻法だが)ダートトップクラスの
内容としてはそこまで強気な競馬だったとは言えないし、1テンポ遅らせた格好
から→最後はしっかり浮上して来て、9割方は上手くいっていた。

ただ、その恩恵を最も受けたのがサウンドトゥルーだった…という皮肉。
その観点からはなかなか面白いレースではあった。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

サウンドトゥルー
今回は、終いの粘り勝負という、この馬の大得意な展開がライバル陣営によって
もたらされて、恵まれた部分はやはり大きいのだが、それでも4角〜直線での
大野Jの無駄のないコース取りは光っているし、そもそもこの展開を浮上できる
こと自体、地力がなければ出来ないこと。その点は素直に称賛したい。
ただこの先に関しては、このような展開の再現…というのは、さすがに難しい
部分はあるので、どうしても善戦まで…のイメージにはなってしまう。

アウォーディー
展開自体が崩れる形で、自身が良い脚を使ったというよりも、相対的な余力の
差で浮上した格好のため、最後ソラを使った…という噂は眉唾物だし、そもそも
しっかりとしたアシストがあった中での負けなので、言い訳はできないはず。
それでも、中団前目のそれなりに高いポジションから、しっかりと勝ち負けを
演じた地力は信頼できるし、この先の活躍は当然期待できる。
東京大賞典、川崎記念と、距離延長しての前進も必至。注目しておきたい。

アスカノロマン
一応は内でじっくりという競馬ではあったが、この展開で好位からしっかり粘り
込んだこと自体、相当強いし、その地力は当然認められる。
前走もそうだし、元々レパードSで切れ負けした経歴から考えると、東京大賞典
というのは微妙…に思える部分もあるが、スタミナ条件になれば可能性としては
好走もあって良さそう。当然、再度東海Sへの出走があれば期待大。




 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

チャンピオンズC展望

予想
ルメールJが跨るコパノリッキーが、そこまで無理をして行くとも思えないし、
先行争いしそうなアスカノロマン&モンドクラッセは、今年の東海Sである程度
ゆったりした流れから→行った行ったを演じた2頭。

道中の水準はやはり高くなるものとして考えたいが、前半に関しては今年は少し
落ち着いた展開(ミドルペースくらい?)になるのかも知れない。
当然考え方としては、前寄りの馬を中心に置きたいところ。

◎コパノリッキー
このレースでは結果を残せていないが、一昨年はスタートで躓いて(?)後ろ
からの競馬になっての負けだし、昨年は激しい先行争いから厳しい流れになって
→前が崩れた展開なので、7着でもむしろ粘った方。ともに度外視できる。
それを除けば、同舞台の東海Sでは相当に強い競馬を見せている馬。
前走にしても、川崎ダ2100mは明らかにアウォーディー&ホッコータルマエ向き
という舞台なので、それらに対して勝負に行っての負けは(最後他の2頭に交わ
されたことも含めて)全く問題ないし、距離短縮して、スピード持続要素が強く
問われるここでの巻き返しは必至に思える。期待しておきたい。

○アウォーディー
基本的には(純粋な)持久力&パワーというタイプで、川崎ダ2100mは最も得意
かも知れない…と思えるような舞台なので、そこでのG1制覇は納得。
むしろ、持続的な要素が問われた日本テレビ盃で、モーニンより斤量が2kg軽い
条件での辛勝…というのは、それでいいのか?と思う。
もちろん、道中でかなり脚を使う格好から→しっかり勝ち切ったアンタレスSの
内容を持ち出せば、とりあえず文句はないが、全幅の信頼までは置きづらい。
芝時代、個人的に追い掛けていた時にはあと1つ結果を残せず、現在、ダートで
大人気の中で推すというのも何だか癪。もう1つここを見てから。

▲モーニン
前走は、レコード決着で、後半に11秒台を刻み続けるようなスピードに寄った
展開になり、その中で直線かなりゴチャついて、スピードに乗りたいところで
乗れなかった格好なので、59kgを背負ってそこからの巻き返しは難しくて当然。
とりあえずは度外視できるはず。
タイプ的にも、もう少しラストの粘りを活かしたい馬には思えるし、その点、
アウォーディーを相手にして、2kgの斤量差がありつつ競り合いまで持ち込んだ
日本テレビ盃はしっかり評価しておきたいところ。
(1800mでの)道中の裏付けの部分で評価はここまでだが、可能性は考えたい。

注ノンコノユメ
昨年の2着は、相当に前掛かりな展開の中で、位置取り的に恵まれた部分も当然
あるが、元々道中〜上がりで高い持続力を発揮出来るタイプではあるため、この
舞台自体には基本的にはまる。
その適性から言えば、前走のようなスタミナ条件で負けたことは、全く問題には
ならないし、むしろそこで1度叩いて、ここでしっかりした前進を示す可能性の
方が高そう。
結果的に評価はこの位置だが、可能性としては頭まで考えたい存在。

△アスカノロマン
前走は、さすがに物足りなさはあるものの、水準があまり高くない流れを、中団
から上がりでしっかりした脚を使った3頭が上位を占めたレース。
その中で自身は、スタート直後に脚を使って&終始外を回しつつ、4角で早めに
捲られ→(その影響で)直線少し狭くなった格好なので、仕方ない部分はある。
元々アンタレスS&平安Sでは、道中で相当に脚を使う格好からしっかりとした
粘りを見せて、高い地力を示しているし、このコース自体も2戦2勝。
前走の敗因が単純に状態…とかでなければ、やはり注意はしておきたい存在。

☆ロワジャルダン
昨年の4着は、ハイペースを後ろから浮上した格好なので、さすがに恵まれた
部分は大きい。
もちろん自身も道中でかなり高いラップを踏んでいるため、一定の地力は当然
認められるし、今回もある程度浮上する可能性はあるが、本質的にこの舞台に
対しては、ややスピードの方に寄り過ぎている印象で、ここで勝ち負けを争う
ところまではさすがに考えづらい。あくまで圏内候補。

☆ラニ
前走&前々走はともに、ベルモントS3着の実績から考えると、少し物足りない
ような結果だが、パフォーマンス的には、どちらも道中〜上がりで高い内容を
示していて、単純に出番が回ってくればいつでも好走はあり得る。
その点、ここは普段間に合わない馬が間に合う…という舞台ではあるので、条件
的には前進する可能性もあるのだが、このレベルではある程度好位から押し通す
馬は確実にいるはずなので、結局は微妙…。川崎記念まで待ちたい。

☆サウンドトゥルー
タイプ的に、上がりがしっかり掛かる粘り勝負でこそ…という馬で、昨年3着は
厳し過ぎる展開で前が崩れたレースなので、その適性にピッタリはまった結果。
今回は、ある程度は流れたとしても、そこまでの展開になるとはさすがに思え
ないし、その時の再現は少し難しそう。
地力はあるので、浮上の可能性は一応考えたいものの、上手くいっても掲示板
前後…くらいの感覚。



 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

金鯱賞展望

過去のラップタイムを調べると以下の通り。

2015 12.4-10.6-12.4-12.0-12.2-12.3-12.0-11.8-11.1-12.0
2014 12.6-11.1-12.0-12.0-12.1-11.6-12.0-11.9-11.6-11.9
2013 12.8-11.0-12.1-11.7-11.7-12.0-12.2-12.2-11.5-12.4
2012 12.9-11.1-13.0-12.7-11.9-11.8-11.8-11.7-11.5-12.0

過去4年の平均ラップタイム
12.68-10.95-12.38-12.10-11.98-11.93-12.00-11.90-11.43-12.08
1.59.40

金鯱賞平均ラップタイム


傾向
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース〜やや速いくらいの流れで、道中は
完全にフラットな淀みのない展開、4コーナー〜直線で一応の加速を示しつつ
→最後もそれ程落ちない形。

ここの特徴は、やはり(前半〜)道中の速さで、当然のようにまずは持久力&
高い持続力がしっかり問われることになる。

また勝負所では、一応しっかり加速することもあるが、それは4角のコーナーの
キツさによる部分も大きいため、(過去の好走馬から考えても)"切れる"という
よりも、"長い脚を使える"ことの方がやはり重要。
イメージ的には、加速にも対応できる持続タイプ…という方が合いそう。


好走の条件
・持久力&持続力(&切れ)があること


予想

◎パドルウィール
シンガポールTC賞では、道中が完全に締まった展開から→直線でしっかり加速
する形で完勝していて、その内容は、前日のヴォルシェーブが2着した準OP
よりも(額面上では)数段上の扱い。計算上は重賞でも問題ない。
前走&前々走は、ともに自身よりも前から進めた馬を残す形での切れ負けなので
それほど気にする必要はないだろうし、今回舞台が替わっての前進は見込める。
大昔、毎日杯で本命にしてから随分と時間が経って、久々に表舞台に登場した
感慨深さもあるし、今回もしっかり注目&期待しておきたい。

○サトノノブレス
このレースでは一昨年に2着、昨年は3着していて、同舞台の中日新聞杯でも
(流れは緩いが)しっかり勝ち切っているように、適性は当然合っている。
近走で言っても、鳴尾記念では高い持続力を発揮しているし、オールカマーでも
水準の高い展開を浮上出来ていて、状態面も問題ないはず。
ただ、これ程チャンスの大きいタイミングで、全く経験のないジョッキーが跨る
という点だけは微妙…。何故だ?感が強い。

▲トーホウジャッカル
基本的に結果を出しているのは長いところだし、タイプ的にも最後までしっかり
伸び切るというよりも、減速していく展開の中での粘り、要は持久力という方向
ではあるので、ここがピッタリか?と言われれば微妙。
それでも、元々玄海特別で(勝ち切れてはいないが)フラットな展開はこなして
いるし、中京は坂を上り切ってからが一応(得意な)惰性勝負になるので、最後
浮上する可能性はあって良さそう。やはり注目はしておきたい。

注ヤマカツエース
札幌記念では、締まった展開の中で、自身も前半〜道中でしっかり脚を使う形で
5着して、負けた相手はG1で結果を出しているメンバーばかりだし、内容的に
昨年の4着よりも高い評価ができる。
タイプ的に、前走のような性能勝負というレースでの負けは全く度外視していい
だろうし、とりあえずここは巻き返しが期待できる場面。
大外は微妙だが、好走は普通にして来るものとして扱いたい。

△ヴォルシェーブ
長い休みを挟んでからも、常に結果は残しているし、地力では確かに上位。
ただし、少しゆったりとしたタイプで、方向性としては純粋な持久力&切れを
活かしたい馬だとは思うので、この舞台にはまるかどうかは微妙。
実際に、同舞台マレーシアCの水準は、準OPとしては締まった方の展開だが、
G2レベルの裏付けとしては薄い。
それでいてこれだけの大人気というのなら、感覚的には少し静観したくなる。



 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステイヤーズS展望

過去の(長いので変則:3F毎+ラスト6F)ラップタイムは以下の通り。

2015 37.9-39.2-37.0-39.0-13.1-12.4-11.6-12.0-11.8-11.9
2014 39.1-37.4-39.1-40.0-12.8-12.1-11.6-11.7-11.6-12.4
2013 36.5-36.3-37.4-39.5-12.8-12.7-13.2-12.6-11.8-12.4
2012 38.1-36.7-39.1-38.2-13.0-12.5-12.0-12.2-12.1-12.6
2011 36.6-38.0-40.4-39.9-12.9-12.6-12.9-12.4-11.9-13.2
2010 36.6-37.0-38.6-39.3-12.8-11.1-11.5-12.0-11.9-12.6
2009 38.9-40.4-40.6-40.0-12.7-12.2-11.8-11.4-11.5-11.8
2008 38.2-38.5-38.1-41.3-12.4-11.9-12.1-11.9-11.4-12.3
2007 37.5-39.5-38.0-36.9-12.2-12.0-12.9-12.0-11.4-12.5
2006 36.7-37.5-37.9-38.3-12.4-12.3-12.5-12.1-11.3-12.4

過去10年の平均ラップタイム
37.61-38.05-38.62-39.24-12.71-12.18-12.21-12.03-11.67-12.41
3.46.73

ステイヤーズS平均ラップタイム


傾向(過去記事の転載)
ラップタイムを見れば、前半〜道中は(下り坂などで多少のアップダウンはある
ものの)さすがにこの距離なのでゆったりとした流れになり、レースが動くのは
2周目の向こう正面に入ってから。
そしてレース終盤は、ラスト5F〜6Fあたりから徐々にペースアップして、勝負所
ではさらにもう1段階ギアチェンジするという形。

データ的に見れば決して高い水準という訳ではないが、何はともあれ日本一長い
道中を進めることになるので、勝負所まで十分な余力を残すためにはやはり高い
持久力が必要になる。

それを前提として、勝負所では瞬間的に加速する場面が見られるので、ある程度
スムーズに動ける機動力が必要で、あとは向こう正面で勢いがつき過ぎた場合に
備えて、持続力を併せ持っていればより安心…といったところ。


好走の条件
・とにかく高い持久力が必要
・勝負所での切れ(&末の持続力)があること


予想

◎アルバート
昨年はここで圧勝している訳だし、天皇賞で示したパフォーマンスから考えても
持久力上位というのは疑いようのないところ。
今年もしっかりと内枠&鞍上を確保して、休み明けを1度叩いて、状態面での
上積みも期待できるだろうし、不安な点は特に見当たらない。
当然人気だろうが、素直に期待したい。

○ファタモルガーナ
持久力高く、このレースでは2着が2回あるように、適性は当然合っている馬。
しっかり負けた昨年に関しても、8つのコーナー全てで外を回して→そこからの
早仕掛けという競馬だったので、ほとんど度外視していいはず。
前走でも、着としては浮上し切れていないものの、パフォーマンス的には十分な
ものを示しているし、ここでの巻き返しは普通に期待できそう。

▲マドリードカフェ
大阪-ハンブルクCでのハイパフォーマンスを考えれば、持久力は上位。
明らかに前半をゆったりと進めたいタイプで、正直控える競馬をした方がいいの
では?…と思うのだが、それは陣営の方針なので仕方がない。
ならば、前半がゆったり流れる長距離というのは1つの解で、ダイヤモンドSは
極悪馬場で実質的なペースが速くなったが、良馬場が予想される今回は何とか
なってもいいのかも。

注モンドインテロ
この馬に関しては、持久力という点でそれ程高い裏付けがある訳ではないため、
(個人的に)どうしても人気先行には思えるのだが、それでも前々走の内容は、
同じ舞台の丹頂S組よりもパフォーマンス的には一応上になるので、やはり横の
比較ではこのくらいの評価にはなる。
馬体&走法から、東京よりも中山という可能性もあるし、当然注目はしたい。

△タマモベストプレイ
3000m級のレースでは阪神大賞典で(前とは差があるが)一応4着しているし、
丹頂Sでは、2年連続で厳しい立場から好走していて、持久力は上位の存在。
中山はあまり結果が出ていないが、有馬記念で(オルフェーヴルの随分後ろの)
5着という輝かしい経歴を持っていて、決して合わないということはないはず。
今回は内目の枠にも入ったし、残る可能性は考えておきたいところ。



 いつもありがとうございます!励みになります♪
競馬ブログ・ランキング にほんブログ村 競馬ブログへ




posted by 山宗 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | レース展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする